CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

櫻井翔×広瀬すず×三池崇史監督の壮大な合言葉とは!?映画『ラプラスの魔女』Blu-ray&DVD 豪華版特典ビジュアルコメンタリー収録レポート

東野圭吾さんが2015年にデビュー30周年記念作として発表し、「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」という自身の発言も話題となった異色のミステリーを原作とした映画『』のBlu-ray&DVDが11月14日(水)に発売!豪華版の特典であるビジュアルコメンタリーの収録レポートが到着しました!

櫻井翔×広瀬すず×三池崇史監督の壮大な合言葉とは!?映画『ラプラスの魔女』Blu-ray&DVD 豪華版特典ビジュアルコメンタリー収録レポート

謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となるさん。自然現象を予言するヒロイン・羽原円華にはさん。円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人に福士蒼汰さんと、人気絶頂の3人が本作で初共演を果たしました。

先日、本作のBlu-ray&DVD豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、櫻井翔さん、広瀬すずさん、三池崇史監督は本編を見ながら、撮影の裏側を明かしたり、お互いの疑問などを質問し合いました。ここでしか聞けない貴重な映像の収録模様をお届けします!

櫻井の意外な一面や、広瀬の“初”なことが明らかに!
スケールの大きい3人の合言葉も誕生!?

本編がはじまる前に、まずはご挨拶として自己紹介を促されると、櫻井さんは「来年で20周年を迎える“”をやっています、櫻井翔です。群馬県に生まれ落ち、東京で育ち、早36年となりました。血液型はA型、星座は水瓶座。趣味は、冬場限定でスキーをやっています。」と、ビジュアルコメンタリーとは思えない意表を突いた挨拶を披露。

三池監督からは「(挨拶って)そういう自己紹介なの?!」とツッコミが入りつつも、続く広瀬さんは「静岡県出身、今年二十歳になりました、広瀬すずです。好きな食べ物はニラ。最近いっぱい寝ています。」と、櫻井さんのトーンに合わせた自己紹介で、笑いを誘う場面も。

それに観念したのか、三池監督も「監督をやっています。大阪、八尾市出身、三池崇史です。」と2人に続き、さらに「八尾市の魅力大使をやっています。」と告白。これには、櫻井さんと広瀬さんも「えー!!知らなかった。」と驚き!和やかなムードで撮影はスタートしました。

物語は硫化水素中毒による死亡事件が発生し、櫻井さん演じる地球化学の専門家・青江修介教授が、事故現場の調査を行うところから始まります。集まった警察や取材陣に調査結果を説明するシーンで、「ここ、セリフが全然言えなかった。4、5テイク撮り直しましたよね。」と明かしたのは櫻井さん。「人がいっぱいいるから、なんか緊張しちゃって。」と話すと、大人数の前でコンサートを行っている櫻井さんに対し、三池監督と広瀬さんから「それはないでしょ。」とツッコミが(笑)

また、広瀬さん演じる羽原円華が、青江教授に向かって「見た目よりバカね」と言うシーンでは、「ここ、よく見た。テレビCMとかで使われてましたよね」と櫻井さん。「“見た目よりバカね”って言われているところを、全国のお茶の間に大量に放送されている気分は?」と三池監督に聞かれると、「そんなに見た目賢そうに見えてるんだ、と思って嬉しかったですよ、逆に。」とにっこり。

一方、化学的な専門用語のセリフが多かった広瀬さんに対し、櫻井さんが「スラスラ言えていてすごいと思った。」と伝えると、「いままでの作品で一番覚えられなかった。」と苦労を明かしました。広瀬さんにとって“初”だったことはいくつかあったようで、「はじめて1回も制服を着ていない」と意外な事実を語ったほか、“練習モノ”ではないこともはじめての経験だったといい、三池監督から「踊らないしね(笑)」と言われると、「“かるた”取ったりもしなかったので(笑)」と返しました。

Return Top