CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

物語の鍵を握る少女に広瀬すず抜擢!福山雅治主演・是枝裕和監督作『三度目の殺人』タイトル&主要キャスト発表!

2017年9月、福山雅治主演・是枝裕和監督の最新作のタイトルが『三度目の殺人』に決定!
さらに主要キャストが一挙に発表!広瀬すずさんが『海街diary』以来の是枝監督作品に出演します!

今回発表となるキャストは、物語の鍵を握る少女で被害者の娘に広瀬すずさん。「第39回日本アカデミー賞新人俳優賞」や「第89回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞」など、数多くの賞を受賞し『海街diary』以来となる是枝作品2作品目の出演となります。また、現在放送中の「KDDI au森家シリーズ」といったテレビCMを始め、テレビドラマや映画、舞台など女優として幅広く活躍中の斉藤由貴さんが被害者の妻を演じます。そして、福山さん演じる重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎さん、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介さんと、福山さんとの初共演でこれまでにない弁護士像を演じきります。また、重盛の弁護士事務所の事務員に松岡依都美さん、本事件の担当検察官に市川実日子さん、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功さんと、日本映画界を代表する名優が本作を彩ります。
なお、1月17日(火)北海道にてクランクインした本作は現在絶賛撮影中、3月にクランクアップ予定となっております。

広瀬すずさんからコメントも到着!

広瀬すず/山中咲江(サキエ)役
是枝監督は穏やかな印象が強いのですが、台本を読ませて頂いて、こんな事を感じているんだ、考えているんだ、と自分の知らない監督の一面をみているような印象を受けました。
そして、また是枝さんの作品の中で生れる時間 が凄く幸せです。
どんなシーンでも咲江が見ているもの、感じている事を私と同じ感覚で感じてくださって、言葉をくれる監督はやっぱりとても心強く、凄く気持ちがいいです。
が、今回はちゃんと自分で台詞を覚えて台本を手に持って現場に入るのが恥ずかしいです。。。笑
少女だからこそ見える世界を大切に、強く立っていたいです。
監督、スタッフの皆さん、共演させて頂く先輩方に頼らせて頂いています。

映画『三度目の殺人』ストーリー

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

『三度目の殺人』
配給:東宝・ギャガ
2017年9月全国ロードショー

【関連記事】
◆【弁護士・福山雅治 VS 殺人犯・役所広司】是枝裕和最新作の法廷心理サスペンスで初共演!
◆生田斗真×広瀬すず『先生!』竜星涼ほか、第2弾キャスト発表&地方ロケ、無事に全編終了!

Facebookコメント

Return Top