CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

47都道府県での公開を経て、北京国際映画祭出品へ!『映画 少年たち』初日舞台挨拶&“映画と実演”レポート

3月29日(金)東京・丸の内ピカデリーにて、『映画 少年たち』の初日舞台挨拶&“映画と実演”が行われ、初日舞台挨拶&“映画と実演”が行われ、SixTONESのジェシーさん、さん、さん、松村北斗さん、さん、さん、Snow Manの岩本照さん、さん、さん、さん、さん、佐久間大介さん、(Travis Japan)さん、(7 MEN 侍)さん、監督が登壇しました!

47都道府県での公開を経て、北京国際映画祭出品へ!『映画 少年たち』初日舞台挨拶&“映画と実演”レポート

会場が暗くなると、突然音楽が流れ始め、会場後方の扉からSixTONES、Snow Man、宮近さん、中村さんが客席内の通路を通って登場!「Fire Storm」を披露し、早速会場を盛り上げました!

深澤「みなさん、盛り上がってますか~?楽しんでくれていますか~?ここからが舞台挨拶ブロックということなんですが、進行MCをSnow Man深澤と」

田中「SixTONES田中の二人でお送りしたいと思います!よろしくお願いします!」\

深澤「田中さ~ん!ついにこの日がきましたね!」

田中「いやいや、そんなカンペ通り進めます?田中さんって呼ばれたことないですけど(笑)でも無事に初日を迎えられたということで、僕たちも嬉しく思っております。」

深澤「早速だけど一人ずつ自己紹介しましょうか!」

ジェシー「本日は『映画 少年たち』に来ていただきありがとうございます!ジョー役を演じさせていただきました、ジェシーです。短い時間ですけど楽しみましょう!」

京本「ジュン役を演じさせていただきました、京本大我です。もうみなさん観たんですよね?楽しんでいただけましたか?僕たちジャニーズJr.が魂を込めて作った作品ですので、これからもこの作品が育っていくように願っています。」

髙地「エガオ役の髙地優吾です。素晴らしい映画を観たと思うんですけど、エガオが良かったと、みなさんたくさん宣伝してください!僕たちと一緒に盛り上げていきましょう!」

松村「ダイケン役を演じさせていただきました、松村北斗です。今日来ていただいたみなさんを中心に、『少年たち』がどんどん広がって、良い評判を生んでいただければなと思います。」

森本「ヒロト役の森本慎太郎です。今日初日を迎えたということで、みなさんと僕たちで力を合わせて宣伝して、良い期間にしたいなと思っております。」

田中「情報屋役を演じました、田中樹です。この作品を通して、“ジャニーズJr.すげぇな…!”と世間に広められたらと思いますので、一緒に盛り上げていきましょう!」

岩本「コウタ役を演じました、岩本照です。短い時間ですけど、よろしくお願いします!」

渡辺「リョウ役を演じました、渡辺翔太です。みなさんで一緒に『少年たち』盛り上げていきましょう!」

阿部「ホスト役演をじました、阿部亮平です。ぜひみなさん今日の感動を友達に、そしてSNSとかでも広めていただければなと思います。」

宮舘「シュンソク役を演じました、宮舘涼太です。短い時間ですが、たくさん愛し合いましょう。」

佐久間「マル役を演じました、佐久間大介です。この映画を盛り上げて、ジャニーズも一緒に盛り上げていけたらなと思います。みなさん観たあとでちょっと硬いかなと思うので、一回声出ししたいと思います!僕が「最高でしたか?」って聞くんで、「最高~!」って答えてください!この映画最高でしたか~?」

(最高~!)

佐久間「ありがとうございます!」

深澤「タスク役を演じました、深澤辰哉です。この作品をたくさんの方々に観ていただきたいので、みなさんどんどん広めていってくださいね!協力のほど、よろしくお願いします!」

宮近「隼人役を演じさせていただきました、Travis Japanの宮近海斗です。こんにちは~!あ、みなさんも「こんにちは」って言ってください(笑)こんにちは~!」

(こんにちは~!)

宮近「ありがとうございます。」

松村&田中「今ので満足なんだ(笑)」

中村「クロ役を演じさせていただきました、中村嶺亜です。僕は今回初めての映画のお仕事で、すごく良い作品に出させていただきました。みなさん、何回も何回も観に来てください!」

深澤「そして今日は映画のメガホンを取った本木監督にも来ていただいています!」

田中「みなさん大きな拍手でお迎えください!」

本木監督「今日は春休みのいろんなお出かけ先がある中、来ていただいて本当にありがとうございます。昨年の非常に寒い冬の奈良と、ものすごい暑い東京・関西で撮影した作品が、ようやくみなさんにお披露目できることになって感無量です。今日は存分に楽しんでいってください。」

Return Top