亀梨「この夏最後に想像を絶する恐怖体験を」映画『事故物件 恐い間取り』“事故物件NIGHT”イベントオフィシャルレポート!!

official1 イベントレポート

8月27日(木)東京・丸の内ピカデリー1にて、映画『事故物件 恐い間取り』の公開前夜祭舞台挨拶が行われ、亀梨和也さん、奈緒さん、瀬戸康史さん、中田秀夫監督、原作の松原タニシ氏が登壇しました!

official1 official3 official2

真っ暗な会場の舞台に設置された“事故物件”の扉を開け、登場した登壇者。本作ならではのスペシャルな演出に、イベント開始から会場は熱気に包まれました。

いよいよ明日に迫った公開に対し、亀梨さんが「いつも映画の公開を控えると非常にワクワクするのですが、いよいよ明日お客様に見ていただけるということで、ここから映画が出航して、皆さんに渡っていくんだなと非常に楽しみです。」と始めると、奈緒さんが「今日、明日、皆さんにやっと届くということで、パンドラの箱が開くような気持ちです。どういう風に劇場のお客様に恐怖が届くのか、どんなことが劇場で起こるのか、楽しみです。」とコメント。

瀬戸さんが「大変な状況の中、無事明日公開を迎えるということで嬉しく思います。僕が今まででいちばん怖いと思った『リング』の監督でもある中田さんが撮った“新感覚ホラー”を皆さんに楽しんでもらえることを嬉しく思います。」と、中田監督が「前夜祭、お祭りというのはおめでたいものだと思います。ところで我らがメンバーにもおめでたいメンバーがいます!」と振ると、「ありがとうございます!」と名乗り出た瀬戸さんに、サプライズで花束を渡しました。

松原氏が「初めてこういうところに立たせていただいていて、映画の公開に至るまで、たくさんの取材を受けさせていただき、確実に変なことが起きています。テレビだと画面がおかしくなったり、ラジオだとノイズが入ったりしているので、今日も何か起こると思います(笑)」とそれぞれの思いを明かしました。

 事故物件に住むことを“無茶ぶり”される主人公・ヤマメにちなみ、過去に“無茶ぶり”されてゾッとしたエピソードを発表することになると、亀梨さんが「ジャニーさんとのエピソードなんですが、とある生放送の歌番組に後輩が出演することになっていたんですが、電話がかかってきて“YOU何してんの?YOU来ちゃってよ!”と言われて、現場に向かったんですね。そうしたら、“出ちゃって!”と歌詞カードを渡され、その番組に出ちゃいました(笑)生放送の歌番組に歌詞カードを持って出るという、ジャニーさんの無茶振りでした。」と、驚きのエピソードを披露。

続けて、奈緒さんも「作品ご一緒させていただいた先輩がおっしゃっていたことなんですが、死体のまま埋められるシーンで、顔に土をかけられるんですが、目を開けたままにしててくださいって言われたらしく、役者の道って茨の道だなとゾッとしました。(笑)」と、瀬戸さんが「10代の頃、あるバラエティ番組に出させていただいて、何かのゲームをやって僕が負けたんですね。知らされてなくて、罰ゲームの品がいくらの軍艦巻きのいくらの部分が蜂の幼虫だったんです…。でも食べると美味しかったです。(笑)」とそれぞれのエピソードを披露しました。

最後には松原氏が「心霊スポットにロケに行ったときに、何かの焼き跡があって、そこが何かで閉じられてたんですね。突き飛ばされて、少し触ってしまった瞬間に山中の木がバキバキバキと割れて、突風も吹き抜けたんですよ。」というエピソードで会場を凍らせると、続けて「それよりも亀梨さんとグラビア撮影したときに、亀梨さんと同じポーズ撮ってくださいって言われたのがいちばんキツかったですね。(笑)」とオチをつけ、会場を盛り上げました。

 続いて、恐すぎて※閲覧注意※の本作にちなみ、各キャストが ※閲覧注意※の写真を発表することに。
「今年の始めにカンボジアにお仕事で行った時に、クロコダイルパークというところに連れて行かれたんですよ。触ってみる?って言われて、流石に怖かったです。」とワニが大量に写った写真を披露した瀬戸さん。チワワが鉛筆をくわえている写真を披露した奈緒さんが「うちのワンちゃんの魚谷燦です。私がお仕事で帰られなかった時に、ウオが荒れてますって言ってこの写真が母から送られてきました。」というと、亀梨さんも「可愛すぎて閲覧注意ですね」と、会場を和ませました。

 亀梨さんは美容パックをしている自身の姿の写真を披露。「この間、写真撮ろうと思って撮ったらなぜか白く写ったんですよ!」とボケる亀梨さんに、「いやいやいや!パックしてるじゃん!」と映画でもお笑いコンビの相方を演じる瀬戸さんからツッコミが入ると、「記憶注意!」と松原氏も重ねました。パックの気泡を指し、「あれオーブだと思う!」とボケ続ける亀梨さんに「オーブだったら事故物件フェイスですよ!」と今度は松原氏からのツッコミが入り、会場を沸かせました。

 最後に映し出されたのは謎の男性がインターホンに映る様子をとらえたもので、この写真のあまりにも不気味な様子は会場を凍らせました。この写真を披露したのは松原氏で、「知り合いのライブハウスの店長が借りた部屋で、その部屋だけインターホンがついていました。周りの人の話では、彼が住んでいる2つ下が事故物件という部屋だったんですが、正月休み明けにインターホンの履歴に誰かが来たというので写っていたのがこれです。もしかしたらその階から来たのかもしれないですね…。両目も見てください。真っ黒で白目がないんですね。」と松原氏らしい恐怖話を披露。

この写真がお気に入りという中田監督からは「これはこの男性がペンシルベニア州立大学という名門大学のトレーナーを着ているというところが興味を持ったんですよ。」と意外な着眼点に、会場からも笑いが起きました。

 最後には部屋の扉の前に張り巡らされた“事故物件”らしい「※いよいよ明日解禁※」と書かれたテープをカットし、明日に向けての封切りをお祝いすると、最後に中田監督が「今日初めて観ていただくので、僕も緊張しているのですが、“恐ポップ”な映画でもあるので、楽しんで、そして怖がっていただけると思います!」と話すと、亀梨さんが「いよいよ明日、想像を絶する恐怖が解禁になります。1人でも多くの方達と恐怖を共有していただけると、より一層この映画を楽しんでいただけると思っています。ぜひこの夏最後に、本作で恐怖体験をしてください!」と話し、大盛況のままイベントは幕を閉じました。

映画『事故物件 恐い間取り』は8月28日(金)より全国公開です!

記事の写真はCinemaGeneの公式InstagramにもUPしています!こちらもチェックしてみてくださいね!
亀梨「この夏最後に想像を絶する恐怖体験を」映画『事故物件 恐い間取り』“事故物件NIGHT”イベントオフィシャルレポート!!

『事故物件 恐い間取り』公式サイト
【STORY】
売れない芸人が、「事故物件」に住んでみた―
芸人の山野ヤマメ(亀梨)は、中井大佐(瀬戸)とお笑いコンビ<ジョナサンズ>を組んでいたが、全く売れず、結成から10年目となり、これ以上続けても無理だと感じた中井から、コンビを解散し放送作家になると告げられる。突然ピン芸人となり途方にくれるヤマメは、番組プロデューサーの松尾雄二(木下)からTV番組への出演を条件に「事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた物件で暮らすことに。そこは一見普通の部屋だったが、初日の夜、撮影した映像には白い“何か”が映っていたり、音声が乱れたり、様々な怪奇現象が。
OAした番組は盛り上がり、ネタ欲しさにさらなる怪奇現象を求めるヤマメは、不動産屋の横水純子(江口)に新たな事故物件の紹介を依頼。その後も様々な怪奇現象に遭遇し、ヤマメは“事故物件住みます芸人”としてブレイクしていく。一方、<ジョナサンズ>のファンで、メイクアシスタントの小坂梓(奈緒)は、人気が出るほど危険な状況に陥っていくヤマメを密かに心配する。だがレギュラー番組も決定したヤマメは、次なる事故物件を求めて再び不動産屋・横水の元を訪れる。そしてある事故物件で、ヤマメの想像を絶する恐怖が待っていた―

【作品概要】
■タイトル: 『事故物件 恐い間取り』
■原  作: 松原タニシ「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)
■出  演: 亀梨和也
       奈緒 瀬戸康史 
       江口のりこ MEGUMI 真魚 瀧川英次 木下ほうか
       加藤諒 坂口涼太郎 中田クルミ 団長安田 クロちゃん バービー
       宇野祥平 高田純次 小手伸也 / 有野晋哉・濱口優(友情出演)
■監  督: 中田秀夫
■脚  本: ブラジリィー・アン・山田
■音  楽: fox capture plan
■企画・配給: 松竹
■公式Twitter:@jikobukken2020 / 公式Instagram:@jikobukken2020
■クレジット:(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会