『“それ”がいる森』満員御礼舞台挨拶レポート! 相葉雅紀さん 松本穂香さん 上原剣心さん登壇! まさかの不思議体験も告白です!

『“それ”がいる森』満員御礼舞台挨拶レポート! 相葉雅紀さん 松本穂香さん 上原剣心さん登壇! まさかの不思議体験も告白です! イベントレポート

不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれる新時代のホラー エンターテインメント『“それ”がいる森』が、9月30日(金)に公開、

2022年公開のホラー映画NO.1のヒットスタート(初週末観客動員数/興行通信社調べ10/1~10/2)を切りました。

 
SNSなどの口コミでも、「今年見た映画の中で間違いなく一番面白かった」 「ジェットコースターのようなエンタメ性」 「ひとりじゃ観れないから友達誘いまくる」など、イベント的に楽しめるホラーエンターテインメントとして、『“それ”森』旋風が日本中を席巻中!


この度、本作の大ヒットをスタートを記念して、相葉雅紀さん、松本穂香さん、上原剣心さんが登壇する満員御礼舞台挨拶を実施されました!


公開後の反響のほか、今だから語れる撮影中㊙エピソードや、実際の“それ”を信じるキャスト陣が、遭遇時の対処法などを発表!さらに、リピーター続出中の本作を、繰り返し楽しむポイントも!

『“それ”がいる森』満員御礼舞台挨拶レポート! 相葉雅紀さん 松本穂香さん 上原剣心さん登壇! まさかの不思議体験も告白です!

満員の会場に登場した相葉さん、松本さん、上原さん。

まず、主演の相葉さんが「こうやって公開後に舞台挨拶ができるのは、みなさんが沢山劇場に足を運んでいただいてるからだと思っています!」と、公開後の舞台挨拶で感慨を語りました。

『“それ”がいる森』満員御礼舞台挨拶レポート! 相葉雅紀さん 松本穂香さん 上原剣心さん登壇! まさかの不思議体験も告白です!

公開を迎えてからの周囲からの反響を聞かれると、相葉さんは「弟が観たらしいんですけど、“それ”って“それ”なんだ!?大好きなやつだ!って言ってくれましたね(笑)」と、
まさかの“それ”の正体に身内も驚いた様子。

松本さんは「ビビりの母が観たらしいんですけど、所々びっくりして跳ねたって言ってました。飲み物とか食べ物を持っている方は注意ですね(笑)」と、これから本編鑑賞を控える観客に呼びかけました。

上原さんは「学校の友達から結構言われます!『“それ”がいる森』のクリアファイルを買っている人がいたりして、え!?それ買ってくれるの!?”って思いました」と話すと、

相葉さんが「剣心、今日は色々な大人も見てるから“それ買ってくれるの!?”はやめようね(笑)」とすかさずフォローし会場からは笑いが起こる場面も。

『“それ”がいる森』満員御礼舞台挨拶レポート! 相葉雅紀さん 松本穂香さん 上原剣心さん登壇! まさかの不思議体験も告白です!

本作は福島県の「千貫森」という実在の森がモデルになっていることにかけ、千貫森クイズを実施。スクリーンに表示された4つの森から千貫森を当てるという難易度の高いクイズでしたが、
見事上原さんが正解!

上原さんは相葉さんに「すごいじゃん!」と褒められ会場からは拍手が送られると照れるように笑みを浮かべていました。

本編では“それ”に遭遇したキャスト一同ですが、現実に“それ”は本当にいるのかという話題に。

相葉さんは「会いたくはないけどいて欲しい派ですね!(笑)大好きです!」と“それ”愛を告白。

松本さんも「私も関わりたくないけど好きで、いて欲しいです」と、相葉さんに同意していました。

上原さんは「僕はいて欲しいし、見てみたいし、関わってみたいです」と、意外にも“それ”との交流を希望。

「“それ”に会ってなにしてみたいの?」と相葉さんに聞かれた上原さんは、「背比べしてみたいです!」とまさかの回答。相葉さんも思わず「可愛いなあ~」と言葉を漏らしていました。

映画鑑賞者限定の特設サイトで公開されている“それ”に遭遇しやすい人のチェックリストにキャスト一同も試してみることに。

『“それ”がいる森』満員御礼舞台挨拶レポート! 相葉雅紀さん 松本穂香さん 上原剣心さん登壇! まさかの不思議体験も告白です!

“ある時間だけ記憶が欠落していたことがある“にチェックをつけた相葉さんは、「うちの親父が夜寝ていて気が付いたら小学校の前にいたっていうのを昔言っていて、僕も二十歳くらいの時に同じことが起きたんです。寝ていて気づいたら近所のラーメン屋の前に裸足で立っていて・・・」と驚きのエピソードを披露しました。

これには松本さんも驚きのリアクション。相葉さん同様、 “ある時間だけ記憶が欠落していたことがある“にチェックをつけていた松本さんは

「相葉さんみたいなエピソードはなくて、ただ忘れっぽいだけなんです(笑)そんなことあったけ、とか初めましてかと思ったら会ったことがあったとか…(笑)」と話しました。

“自分だけ周囲から浮いていると感じている”にチェックをつけた上原さんは、相葉さんに「えー!?なんで!?どういう時そう思うの?」と聞かれ、「ギャグとかモノマネをしても誰も笑ってくれないとか・・・」と話しました。

すると相葉さんはニヤっと笑みを浮かべながら「お!モノマネできるの?ちょっと見せてよ」と、
まさかのムチャブリへ。

上原さんが恥ずかしがりながらもアニメキャラクターのモノマネを披露すると、会場からは温かい大きな拍手が。

相葉さんは「ほら、全然浮いてないでしょ?その時周りが冷たかっただけだったんだよ!」とフォローしていました。

最後に相葉さんが「本当に楽しく観られるアクティブホラーですのでぜひこの大きなスクリーンで“発散”してください!」と本作をアピールし、イベント終了間際に行われたマスコミ向けのフォトセッションでは、キャスト一同が“それ”と書かれたパネルを持つ観客をバックに撮影を実施。

大盛況のままイベントは幕を閉じました。

【作品概要】

■出 演: 相葉雅紀 松本穂香 上原剣心 江口のりこ 眞島秀和 宇野祥平 松浦祐也 酒向芳 野間口徹 / 小日向文世
■監 督: 中田秀夫(『リング』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 恐い間取り』)
■脚 本: ブラジリィー・アン・山田 大石哲也
■クレジット :(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

イベントレポート
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene