映画『湯道』♨第4弾キャスト陣を解禁&生田斗真さんの超クールな”牛乳ビジュアル”が完成しました✨

映画『湯道』♨第4弾キャスト陣を解禁&生田斗真さんの超クールな”牛乳ビジュアル”が完成しました✨ ニュース

91e6e9451bb227cb7668853ab85083d3

第81回米アカデミー賞外国語映画賞をはじめ、国内外問わず数々の賞を総なめにした『おくりびと』(08)の脚本を手掛け、ご当地キャラクターブームを牽引した「くまモン」の生みの親でもある、まさに企画のプロフェッショナル・小山薫堂先生。

その小山先生が 2015年に提唱し、日本の文化「お風呂」について精神や様式を突き詰める新たな道・「湯道」が、構想約7年の歳月を経て、本人の完全オリジナル脚本で映画化!



メガホンを取ったのは『HERO』『マスカレード』シリーズを手掛け群像劇を得意とする鈴木雅之監督。


主演は生田斗真さんで、生田さんを彩るのは、濱田岳さん、橋本環奈さん、さらに超豪華キャスト陣が大集結!


心も身体もシットリ感動、ホッコリ幸せな気分に整う、“お湯”を愛する全ての人々に贈るお風呂エンタメが誕生します!!



映画化発表・キャスト解禁、さらに特報映像やティザービジュアルもお目見えし、SNS では、

「キャストが豪華すぎる」「めちゃ面白そう!」「楽しみ♨」

と話題沸騰!!


ハワイ国際映画祭での上映など、国内外から注目が集まっています!

また、宣伝隊長ならぬ“宣伝番台”にあの国民的キャラクターのガチャピン・ムックが決定!

さらに、映画『湯道』の小説化&スピンオフコミック化や、「銭湯図解」の著書:塩谷歩波が劇中に登場
する銭湯「まるきん温泉」の図解を描くなど、各界でのコラボレーションに今後も目が離せません!!


邦画史上NO.1!?な豪華キャスト陣にも注目です!


亡き父が残した実家の銭湯「まるきん温泉」を畳んでマンションに建て替えようと、実家に舞い戻った建
築家の三浦史朗を生田斗真さん。

そんな兄・史朗と犬猿の仲である銭湯を守る弟・三浦悟朗を濱田岳さん。

「まるきん温泉」で働く、常連客からも愛される看板娘・秋山いづみに、橋本環奈さん。

38dc8e43e97676a5b321571895a49eb4



銭湯「まるきん温泉」に通う常連客に、戸田恵子さん、寺島進さん、厚切りジェイソンさん、浅野和之さん、笹野高史さん、吉行和子さん、ウエンツ瑛士さん、朝日奈央さん、吉田鋼太郎さん、夏木マリさん、柄本明さん。

9a4fae32af47cac15d6e89476b7ff56b



そして、湯の道に魅せられたもう1つの舞台となる「湯道会館」の人々に、小日向文世さん、角野卓造さん、生見愛瑠さん、窪田正孝さんと、個性豊かなキャストが勢揃い致しました!

badce3313caecd2b9f28fd03a5c70487



そんな“邦画史上最高?!”との呼び声高い豪華キャスト陣に加え、この度、さらに個性豊かなキャスト陣の出演が解禁となりました!


史朗(生田)に、マンション建設の話を持ち掛ける不動産屋コンビに、梶原善さんと大水洋介さん。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13 人」にて、影で任務を追行する仕事人・善児を演じた梶原さんと、ドラマ・映画の出演が急増中のお笑いコンビ・ラバーガールの大水さんが、不穏な空気を纏い、怪しい不動産屋を演じました!


また、アドリアン(厚切りジェイソンさん)のフィアンセ・紗良には、ドラマ「ショムニ 2013」「ラジエーションハウス」など数々の鈴木雅之監督演出作品に出演する森カンナさん。


そして、その母・由希子を NHK 大河ドラマ「鎌倉殿の 13 人」で、比企能員の妻・道で話題となった堀内敬子さんが演じました。



さらに、小日向文世さん演じる横山の妻・雅代にはドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の藤田朋子さん。

史朗(生田)の元同僚・細井幸恵に、映画『カメラを止めるな!』でヒロインを演じた秋山ゆずきさん。


源泉掛け流し至上主義を公言する超辛口の温泉評論家・太田(吉田鋼太郎さん)が訪れるホテルの支配人におかやまはじめさん。

銭湯「まるきん温泉」の常連客で眼鏡の男を酒井敏也さんが演じています。

e39348f45c40783ff31fd03d50d08ecc 1

この超個性豊かなキャスト陣が、風呂の湯のように流れ流れていく様々な人間模様を描いた本作をよりかき回します!!それぞれの活躍に是非ご注目ください!



生田斗真さんの後ろ姿がクールな“牛乳ビジュアル”も完成

ace8cc0648c0a1897c1ed8f76407a676



今回は、湯上りの生田さんが、小指を立てながらぐびぐび牛乳を飲む、その名も“牛乳ビジュアル”が解禁!!

「いいお湯でした。」という言葉と共に、湯上りのスッキリ爽快な雰囲気を感じさせるビジュアルとなっています。



亡き父の遺した古びた銭湯「まるきん温泉」を巡って反発し合う兄弟、事情を抱えつつ明るく働くヒロイン、まるで湯気のように立ち上り、湯のように流れていく常連客たち、そして、湯を通して人生の豊かさを見出す「湯道会館」の人々。

様々な人間模様を描いた本作は、お風呂のように心温まる笑いと涙で、まるで湯上りのようにスッキリ爽快!心も体も温まる!!


“湯”一無二のお風呂エンタメに、あなたはドップリ浸かる!



日本の文化「お風呂」を舞台にした『湯道』は、来春2月23 日(木・祝)全国東宝系にて公開です!


映画『湯道』【 特報映像解禁!! 】|2023年2月23日(木・祝)公開!

STORY

亡き父が遺した実家の銭湯「まるきん温泉」に突然戻ってきた建築家の三浦史朗(生田さん)。

帰省の理由は店を切り盛りする弟の悟朗(濱田さん)に、古びた銭湯を畳んでマンションに建て替えることを伝えるためだった。

実家を飛び出し都会で自由気ままに生きる史朗に反発し、冷たい態度をとる悟朗。

一方、「入浴、お風呂について深く顧みる」という「湯道」に魅せられた定年間近の郵便局員・横山(小日向文世さん)は、日々、湯道会館で家元から湯を学び、定年後は退職金で「家のお風呂を檜風呂にする」という夢を抱いているが、家族には言い出せずにいた。

そんなある日、ボイラー室でボヤ騒ぎが起き、巻き込まれた悟朗が入院することに。

銭湯で働いているいづみ(橋本環奈さん)の助言もあり、史朗は弟の代わりに仕方なく「まるきん温泉」の店主として数日間を過ごす。

いつもと変わらず暖簾をくぐる常連客、夫婦や親子。分け隔てなく一人一人に訪れる笑いと幸せのドラマ。そこには自宅のお風呂が工事中の横山の姿も。

不慣れながらも湯を沸かし、そこで様々な人間模様を目の当たりにした史朗の中で徐々に凝り固まった何かが解されていくのであった・・・・・・。

クレジット
▪出演:生田斗真、濱田岳、橋本環奈 ほか
▪企画・脚本:小山薫堂(『おくりびと』)
▪監督:鈴木雅之(『HERO』シリーズ、『マスカレード』シリーズ)
▪音楽:佐藤直紀
▪配給:東宝
Ⓒ2023 映画「湯道」製作委員会

公式サイト 公式Twitter 公式Instagram