CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』樫野零役・藤ヶ谷太輔さんインタビュー

惣領冬実が描く累計発行部数500万部を超える、伝説の少女コミック「MARS」が、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)×窪田正孝のダブル主演でついに実写映画化されます。

title logo

今回は主人公・樫野零(かしのれい)役を演じる藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)さんにインタビューしてきました!

Q:本作は「甘い恋愛なんてくだらない」というキャッチーなキーワードの、究極のラブストーリーでしたが、役作りは大変でしたか?

藤ヶ谷さん:
ドラマから零役をやらせていただいたのですが、樫野零はストレートで、すごく純粋な人間なので、その部分を意識して役作りをしました。
零の残酷なところ、怖さや凶暴なところは、どう伝えたらいいのかすごく悩みましたね。
お話をいただいたとき、高校生の恋愛ものと聞いていたので、もう少し演じやすいポップな作品かな?と思っていたんですけど…。違いましたね(笑)
悩みましたし、気持ち的に落ちたりしながら演じていました。

Q:原作を読んでの感想は?

藤ヶ谷さん:
少女漫画を読むこともそんなにないので、最初ちょっと恥ずかしくて…。
ただ夢のような少女漫画の世界だけじゃなく、人間の真理的な面が深く描かれていたので、どんどん引き込まれました。

Q:窪田さんとの撮影中の思い出は?

藤ヶ谷さん:
役では対立していましたけど、現場では全く対立していないですよ(笑)。
撮影中は、学校の給食時間みたいに机をつけて、みんなでご飯を食べたり、すごく楽しかったです。
マサとは「対立する役だから、現場ではお話ししないようにしましょう。」っていうのもなかったです。撮影現場に入った瞬間から、零と牧生になったというか、キラとか晴美・達也もそうですけど、役との切り替えがうまいので、いい雰囲気で撮影できていたと思います。

Q:演技の面で、窪田さんからどんな刺激を受けましたか?

藤ヶ谷さん:
お芝居に関しての「俺、ここをこうするから」という話はあまりしませんでしたね。
それよりも、リハ前まで他愛もない話をして、お互いスイッチ入れて役に入り込むみたいな感じで進めていました。
マサの経験がにじみ出ている演技は、嫉妬しちゃいましたね。「うらやましいなぁ」みたいな(笑)。

Q:飯豊さんはじめ、共演者のみなさんの印象は?

藤ヶ谷さん:
飯豊さんは毎日のように涙流していたり、叫んだりするシーンがすごく多くて、僕もマサもそのパワフルさに「すごいね」って話していました。
今回、同世代のマサがいて本当に良かったです。
教室でのシーンも、僕が教室にいても浮かないかな?と思っていたんですけど、左後ろを見ると牧生役のマサが座っていたので、まぁマサもいるしいいか、みたいな(笑)。
マサも「おれもどうかと思ったけど、右前に太輔くんいるからいいかなと思った」って(笑)。
リアルな高校生を経験できたし、楽しかった想い出がいっぱいあって、撮影が終わるときすごく寂しいなって思いました。

Q:高校生役を演じてみて。

藤ヶ谷さん:
マサと、「この年で高校生役やるのってどうなの?」、「しんどいよね。」って話していたんです。でも、「まだ制服着なかっただけセーフだね。」って話していて。
もしも、自分自身が高校生の時にこの役をいただいたら、100%できなかったなと思うんです。リアルな年齢でやっていたら、滑りまくっていたかもって思いますね。

Q:シリアスなラブストーリーでしたが、ラブストーリーを演じるうえで、どうやって気持ちを作っていきましたか?

藤ヶ谷さん:
相手をより感じるようにというか…そういうのは意識しましたね。
ラブシーンだからこうした方がいいかな?とか作りこむのではなく、フラットな気持ちで演じていましたね。
冒頭のラブシーンも、どんな空気感なのかな?みんなテンション高いのかな?と思って現場に入ったんですけど、牧生とのラストシーンくらい緊張感があって、それが逆に演じやすかったです。

Q:撮影中にはどのくらい役に入り込んだりするものですか?

藤ヶ谷さん:
ラブシーンって、スイッチを入れちゃえばなんとかできそうというか(笑)、だけど、この作品に関しては、相手を思って涙が流れるっていうシーンも多かったので、こちらだけテンションが上がりすぎないように、常にフラットな気持ちで演じていましたね。

Q:涙を流すシーンは、どんなことを考えていましたか?

藤ヶ谷さん:
悲しくて泣いたというより、キラを思って涙したというイメージですね。
監督からは、「樫野零はあまり涙を流さない人だけど、気持ちのままでいいから。涙がでちゃったらそのままでいいし、我慢できないなら我慢しなくていい。樫野零の気持ちを好きに演じてほしい」と言われました。
あそこのシーンは、何回もいろんな角度から撮影しましたけど、ほとんど全部涙がでて…。自分でも驚きました。

Q:零の凶暴な面を演じて、難しかった点は?

藤ヶ谷さん:
押さえていたものが爆発するという演技は難しかったですね。
気持ちを表しているつもりでも、監督から「違う!」と言われて。
違うパターンでも演技してみて、それだとちょっと感情が出過ぎているとか、そこの調節は監督と何回も話し合いました。

Q:藤ヶ谷さんの“抑えられないくらい好きな物”は?

藤ヶ谷さん:
なんだろうなぁ、風呂に入る時間ですかね(笑)。
そういう自分の時間をすごく大事にしたいんです。
それこそ映画を観るとかなると、リモコンと飲み物などを全部そばに置いて、座ったら絶対動かないようにしたいんですよ。
映画を観始めたときに、電話がかかってきて映画を止めたりするじゃないですか。そうすると1回止めたことに対して「あー!」ってなっちゃいます(笑)。
仕事の電話だったら仕方ないんですけど、大学の友達とかだと、俺は映画観たかったモードだから、カチンときちゃうんです(笑)。
地元の男友達でいるんですよ…。次の日天気が崩れるとか、夏なのに涼しくなる、そういうときに電話してくるんです友達が。「お前元気か?」って言われて(笑)。なんの電話かわからないじゃないですか。要件を早く言ってほしいのに、「明日寒くなるらしいぞ」とか。だからなんだよって(笑)。
最近は彼から電話が来たら、切っています(笑)。

自分の時間を邪魔されちゃうのが、嫌なんですよね。
「じゃあここから40分海外ドラマ見ながら風呂に入って、出て、そこからセリフ覚えて、これぐらいで・・・何時に寝ようかな」と、段取り組むのが好きなんですよ。
時間で計算して、それがきっちりいくことがすごい楽しくて。
自分の考えた時間が、撮影みたいに「30分巻いて終わった」とか、好きなんですよ(笑)。

Q:本作は、運命の出会いを描いていますが、藤ヶ谷さんにとって運命の出会いとは?

藤ヶ谷さん:
やっぱりジャニーさんですね。
僕の履歴書、誰が事務所に出したのかわからないんですよ。20歳になったとき、もう知らない方が面白いかな?と思って探すのは辞めましたけど…。
オーディションに行った日、合格者はホワイトボードに番号が書かれるんですけど、僕は友達と遊ぶ約束していたので、「受かりたくないな。早く帰りたいな」と思って、祈っていました。
実は振付の先生がすごい怖くて…。
学校の先生や親とか、知っている人に怒られるのは慣れていたんですけど、知らない人に怒鳴られたことがなくて、踊ったことないのに「踊れ!」とか、「へたくそ!」って言われてすごく怖かったんです。
友達との約束もあるし、受からないでほしいと思っていて、そしたら番号書かれなかったので「よっしゃ!」と思って帰ろうとしたんです。
お借りしてた番号札を返さなきゃと思って「これはどこに返せばいいんですか?」って聞いたら、その人がジャニーさんで。「YOU、初日に僕に話しかけるなんてすごいね」って、ホワイトボードに僕の番号をプラスしたんです。
僕、半泣きになっちゃって(笑)。半泣きになりながら、携帯もないし、親にも連絡できないし、友達にも電話できないし、知らないところポンときて、「この怒られるのが続くのか・・・」思っていましたね。

キスマイの7人は、入った時期、年齢も違いますし、組んでいたグループも違うメンバーの集まりなんです(笑)。事務所から次々とユニットがデビューしていく中、下積み時代が長かったので。エリートコースじゃないんですよね。でもそこが良さなのかなって思います。
よく「デビューしてから順調ですね」って言われるんですけど、順調ではなかったので。反抗期みたいな時期もありましたけど、その下積み時代は今に活かされているじゃないかなと思います。

運命の出会いって、ジャニーさんやメンバー、ファンのみなさんとの小さな出会いの積み重ねだと思うんです。この作品では、いろいろ考えさせられましたね。

Q:藤ヶ谷さんの憧れの存在は?

藤ヶ谷さん:
ご一緒させていただくとより感じるのですが、ジャニーズの先輩のみなさんに憧れています。
滝沢くんと舞台をやらせていただいたとき、滝沢くんに「悩んだりしないんですか?」って質問したら、「するけど、俺らに悩んでいる時間はない。初日は決まっているし、悩む時間、何もしない時間よりは、何かやってみることが重要」って言われて、かっこいいなって思いました。
今までお世話になった先輩方とは、もう一度ご一緒したいと思っています。

Q:飯豊さんから、海のロケで上着を着なかったとの証言が。

藤ヶ谷さん:
え?着ていなかったかなぁ(笑)。
あんまり意識していないですけど、先輩が着ないと着れないという暗黙の空気感で育ったので(笑)、1番に着せてもらって「ありがとうございます」みたいなのに慣れていないんです。
あと零は結構厚着だったので、女性の方が体冷えると大変だから、キラとか晴美を優先していたというか…、そういう優しい一面もあるんですよ(笑)。

『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』
海で奇跡的に出会った零(藤ヶ谷太輔)とキラ(飯豊まりえ)。過去に心の傷を抱えな
がら孤独に生きてきた2人は惹かれあい、恋に落ちる。そこへ、零の死んだ弟・聖と親友
だった牧生(窪田正孝)が現れる。零とキラのよき理解者であるように見えた牧生は、零
が持つ秘めた一面「「怒りに火がつくと抑えられない激しい凶暴性」に強い憧れを抱いて
いた。牧生は、零とキラの忌まわしい過去を突き止め、2人を引き裂こうとするが……。
今年最高にキュンとして泣ける、ピュアで残酷なラブストーリー。

出演:藤ヶ谷太輔(Kis-My- Ft2)、窪田正孝、飯豊まりえ、山崎紘菜、稲葉友ほか

© 劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会
6月18日(土)全国ロードショー

【関連記事】:
【プレゼント】お出かけしマース!オリジナルグッズが当たる!キャンペーン実施中!7月11日まで
【窪田正孝さん】「どんな手を使ってでも…」やりたいことって…?
【飯豊まりえちゃん】撮影現場の藤ヶ谷くん&窪田くんのステキな素顔は…

Facebookコメント

Return Top