映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!

映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ! イベントレポート

大ヒット上映中の映画『すずめの戸締まり』。本作の舞台挨拶が昨日12月22日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催され、新海誠監督、野田洋次郎さんが登壇し、松村北斗さんがまさかの緊急参戦しました!

映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!

現在、新海監督を中心に鈴芽役の原菜乃華さん、草太役の松村さん、鈴芽の育ての親である叔母・環役の深津絵里さん、更には音楽を担当した野田さん、陣内一真さんと、今作に様々な形で命を吹き込んだメンバーが全国各地で舞台挨拶を行い、多くのファンの方々と交流を重ねている中、昨日12月22日(木)に新海監督、野田洋次郎がTOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に登壇! 会場のお客様からの質問、そして事前に全国の皆様から集まった様々な質問に答えるティーチインを行いました。

全国47都道府県107スクリーンにて生中継された舞台挨拶は、上映終了後であることと、全国のファンと繋がれる年内最後の機会とあり、場内は勿論のこと、新海監督と野田さんもテンションが上がった様子。

初めて新海監督が野田さんに脚本を送った際に受け取ったメールを読み上げたり、“Tamaki”という楽曲がどのように生まれていったのかなど、今までには明かされてこなかったエピソードを披露。

既に複数回観ているファンからの質問も多く寄せられる中、会場には“どうしても質問をしたい”と松村さんがまさかの緊急参戦! 登壇者も含め、完全にサプライズでの出演となり、場内が騒然とする中、「伝わる人だけに伝わればいいと思うシーンやセリフ、歌詞などありますか?」と質問。

それに対し新海監督は「ラストの方に出てくる黄色い二頭の蝶々に込めた想い」を披露、野田さんは「何も浮かばない!」と悩みながらも、主題歌の“カナタハルカ”の歌詞に出てくる“相対性理論”という言葉の意味を語りました。

映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!
映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!
映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!

映画公開から既に約1カ月半が過ぎ、間もなく興行収入100億円を突破するとみられている本作。本作で声優に初挑戦した松村さんは「僕はいつも仕事が早く終わる日は、必ず新海監督の舞台挨拶のスケジュールを調べています。今日は何とか間に合いそうだと思ったので来ちゃいました! もう少し監督や野田さんと一緒に宣伝活動がしたかった」と熱い気持ちをコメント。

長い年月をかけて『すずめの戸締まり』を生み出してきた新海監督は「作っている最中は自信があったけれど、公開後は不安もあった。でもこの1カ月強、全国で皆さんの顔を見て、この映画を作ることが出来て良かったんだと今でははっきりと思える」とコメント。

野田さんは「まさか今日、新海監督に加えて北斗君とも会えると思っていなかったから嬉しい。今日は最初に新海監督にメールを送った時の気持ちが蘇ってきた。あれから2年半ほど経ちましたが、当時と同じようにこの作品が大好きです」と語りました。

映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!
映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!

そして、いよいよ明日12月24日(土)からは入場者プレゼント第3弾「小説 すずめの戸締まり~環さんのものがたり~」の配布が全国150万名限定でスタート!

新海監督が映画完成後に新しく書き下ろした、すずめの叔母・環のスピンオフ掌編小説で、当時映画の脚本を読んだ野田さん自身が「第1稿を読んだ時に自然と生まれた曲で、彼女の叫びを感じた。この曲を通して環という人を知りたいと思った」と語り、“Tamaki”という楽曲を製作するほど思い入れがあるキャラクターという事もあり、環がどんな想いで鈴芽を育ててきたのか、椅子になってしまった草太を追いかけて家を飛び出してしまった鈴芽をどんな気持ちで迎えに行ったのかが垣間見れる一冊になっています。

情報が発表されるやいなや、「これは熱い!」「絶対読みたい!」という声が続出。熱い声にこたえ、この度冒頭2ページを公開!ぜひ、この続きは劇場でゲットしてお楽しみください!(「Tamaki」はサウンドトラックに収録されています)

劇場入場者プレゼント(全国合計150万名様限定)

映画『すずめの戸締まり』新海誠監督、野田洋次郎がティーチイン!サプライズで松村北斗も緊急参戦!!明日より配布の入場者プレゼント第3弾もチラ見せ!
入場者プレゼント第3弾「小説 すずめの戸締まり~環さんのものがたり~」冒頭2ページ

・小冊子名称:小説 すずめの戸締まり ~環さんのものがたり~
・部数:全国合計150万名様限定
・内容: 新海誠監督 新規書き下ろしアナザーストーリー小説

※12月24日(土)より『すずめの戸締まり』上映館で本作鑑賞お一人様につき1つプレゼントいたします。
※通常上映、IMAX上映、Dolby Cinema®版、共通のプレゼントになります。
※劇場によって数に限りがございます。配布終了の際はご了承ください。
※特典は非売品です。転売、内容の複写・複製・転用・SNSなどでの配信等の行為は一切禁止となります。
※詳細は映画公式HPをご覧ください

以下コメント全文

■新海誠監督コメント
映画を作っていた時は、作り終わった後のことをイメージが出来ていませんでした。
いつもは夏に公開していたので秋を経て年末にやっと整理できていたような状況でしたが、
気づけばもう年末で、正直まだ整理しきれていない部分もあります。
きっと年が明けて、春頃までにかけてどんどん自分の中にしみこんでくるのかなと思います。
僕はデビューした頃は1人で静かに観て、知っている人は知っている、
そんな作品を作りたいという想いがありましたが、
だんだんと誰と観ても何かがもらえるような、観終わった後に盛り上がれるきっかけを与えらえるような、
そんな映画を作りたいと思うようになりました。
『すずめの戸締まり』はそういう映画に仕上がっていると思います。
今まであまりアニメを観てこなかった方にも是非声をかけて頂いて、観てもらえたら嬉しいです。
■野田洋次郎さんコメント
やっと公開できた、それが何よりもうれしいです。
新海監督とご一緒する時は約2年半ほどで一周まわるという周期なのですが、
最初に脚本を頂いてから約2年半ほどが経って、やっと一周が終わった感覚があります。
常に自分の人生の傍らに『すずめの戸締まり』がいたので、
きっと来年から次のフェーズに変わっていけるのかなと、一区切りという想いもありますね。
この作品は必ず何か気づきや発見がある作品です。
是非大切な人と共有して欲しいし、きっと観た後に新しい絆が生まれる、そんな作品だと思うので、
沢山の方に観て頂きたいです。
■松村北斗さんコメント
僕は新海監督や野田さんに比べたら関わらせていただいた時間は短いですが、
オーディション、練習、アフレコ、公開と、2022年は常に『すずめの戸締まり』がありましたし、考えていました。
本当に得たものが多く、今の自分を支えてくれた作品でもあります。
最初にVコンを観た時から僕は泣いていたのですが、
その時から変わらずずっとこの作品の事が大好きです。
説得力があるし、しんどいなと思った時には何度も思い出しますし、助けてもらっています。
是非誰かにエールを伝えたい、そんな時には一緒に観てあげて欲しいですし、
自分に大丈夫だよって言ってもらいたい時にも是非観て欲しい作品です。
映画『すずめの戸締まり』予告②【11月11日(金)公開】
『すずめの戸締まり』公式サイト
<作品概要>
公開日:2022年11月11日(金)
作品タイトル:『すずめの戸締まり』
原作・脚本・監督:新海誠
声の出演:原菜乃華 松村北斗
       深津絵里 染谷将太 伊藤沙莉 花瀬琴音 花澤香菜 神木隆之介
      松本白鸚
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:土屋堅一
美術監督:丹治匠
音楽:RADWIMPS 陣内一真
主題歌:「すずめ feat.十明」 RADWIMPS
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
制作プロデュース:STORY inc.
クレジット表記:©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

◆公式Twitter:@suzume_tojimari
◆公式Instagram:@suzumenotojimari_official
◆公式TikTok:@suzumenotojimariofficial
イベントレポート
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene