CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

今年最高の映画間違いなし!?新海誠監督『君の名は。』はなぜこんなに人気なのか

大ヒット上映中『君の名は。』

大ヒット上映中『君の名は。』

大ヒット上映中!どれくらい人気なの?

『君の名は。』が公開されて5週間が経ちましたが、全く衰えを見せないで5週連続1位を獲得。公開前の評判では興収見込みが約60億円と予想されていましたが、シルバーウィーク終盤に重なった土日2日間で観客数約63万7000人、興業収入約8億6000万円であり、累計動員は854万、興収111億となり、予想されていた興収を大きく上回り好成績を維持しています。
この数字から考えても、伝説的な映画になること間違いなしといっても過言ではない!?

なぜそんなに人気なのか?その理由を3つに分けて解説

1:写真よりリアル?新海誠ワールド
新海誠作品と言えば他を圧倒する画力が評価されています。
過去の作品として『言の葉の庭』や『秒速5センチメートル』などがありますが、その映像の繊細さ、そして色使いは他の人が真似できないものだと感じます。本作品では現実に存在する都市や村を描写していますが、その都市などを写真でみるよりも『君の名は。』で見たほうが美しい絵になっており、そこもこの作品の魅力です。

美しい“新海ワールド”

美しい“新海ワールド”

2:見たことある風景が使われている?
先ほども言ったとおり『君の名は。』のなかで描かれている都市や村は現実に存在するもので自分たちが普段何気なく使っている電車。何気なく歩いている交差点が映画の中で描かれており、作品に引き込まれるような感覚に!
特に、新宿駅、代々木駅、信濃町、千駄ヶ谷、四ツ谷駅、東京駅は、作品の中でたびたび登場します。この周辺の駅を普段利用している人であればなお新海誠ワールドに引き込まきこまれること間違いなし。
ぜひ作品を見たあとに聖地巡礼をして、余韻に浸ってみてはいかがでしょうか。

どこか懐かしさを感じる街並み

どこか懐かしさを感じる街並み

3:主題歌だけじゃない!劇中の曲も全てが人気に
映画の大ヒットと同じく主題歌と劇中に流れる曲が大人気をはくしていることを知っていますか?その全ての曲を手がけたのがRADWIMPS。ファンからはRADと呼ばれているバンドです。
本作品の主題歌「前前前世」はiTunesにて1位を獲得。更にそれだけではなく、劇中に出てくる他の3曲も人気でなんと1~4位全て独占するという結果に。
ここまで人気を集めた理由としては、『君の名は。』の描写とRADWIMPSが手がけた曲の全てが絶妙にマッチしていたから。ストーリーや登場人物の気持ちにピタリと寄り添うことで、より深く『君の名は。』の世界に入り込めるのではないでしょうか。

音楽の効果で、主人公2人の物語が鮮やかに

音楽の効果で、主人公2人の物語が鮮やかに

声優:神木隆之介のジンクス!?

『君の名は。』で主人公の声優を演じたのが俳優としても活躍している神木隆之介です。今回演じた立花 瀧役は、何度もヒロインと入れ替わるという難しい役を演じています。
声優としての出演作も多い神木隆之介くんですが、彼が出演した作品は大ヒットをするというジンクスがあるのを知っていますか?
実は、映画の興収ランキングTOP10に入っている作品の中で『君の名は。』含めて5つの作品に出演しています。このように彼は興収TOP10の作品の半数に出演していて、今回の『君の名は。』の大ヒットも神木隆之介の影響が大きかったのではと言われています。

神木くんが演じる立花 瀧

神木くんが演じる立花 瀧

映像、物語、音楽、キャストなど、様々な理由から伝説的な作品になること間違いなしの『君の名は。』。
アニメが苦手だから行きたくない人がいると思いますが、新海誠作品はアニメという枠を越えている気が。ぜひアニメ映画と決めつけず、アニメの枠を超えた伝説の作品を見に劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか!!

『君の名は。』大ヒット上映中!
©2016「君の名は。」製作委員会

【関連記事】:
◆『君の名は。』で声優を担当!歌手としての一面も持つ女優・上白石萌音ってどんな人?
◆この夏イチオシ!新海誠監督3年ぶりの最新作『君の名は。』作品詳細

Facebookコメント

Return Top