CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ため息が出るような美しい映像。最新作『君の名は。』の公開が決定した映画監督・新海誠とは?

アイキャッチ

美しく精密な映像と、人々の心を揺さぶる繊細なストーリーから、国内外で熱い注目を集める新進気鋭のアニメーション映画監督・新海 誠。少年少女の恋愛模様や距離感を丁寧に描くことに長けた映画監督です。最新作『君の名は。』の公開も決まり今最も目が離せない新海誠監督について、代表作と共にご紹介していきます。

たった1台のパソコンから生まれた作品『ほしのこえ』

100719_002
出典:https://www.amazon.co.jp//

舞台は2046年。中学3年生の長峰 美加子は「タルシアン」と呼ばれる生命体に対抗する国連宇宙軍のロボット「トレーサー」オペレーターの選抜メンバーに選ばれました。そして美加子は生還できるかわからない遠征調査に旅立ちます。タルシアンの足跡を追い、家族やほのかな恋心を抱いていた友人・寺尾 昇の住む地球から光年単位で離れていく美加子。昇に向けて地球へ届くのに何年もかかるメールを送信したとき、美加子たちは突如タルシアンに襲われます。

新海監督は、この25分のフルデジタルアニメーション作品の監督・脚本・演出・作画・美術・編集のほとんどを自分で行いました。たった1台のパソコンから生まれたこの作品は数多くの賞を受賞し、DVDも発売され10万枚以上を売り上げるという、個人製作のインディーズ作品としては異例の大ヒットを記録しています。

初の劇場長編アニメーション作品『雲のむこう、約束の場所』

戦後、津軽海峡をはさんで南北に分割占領された日本。北海道は「ユニオン」に占領され「蝦夷」と呼ばれていました。蝦夷には「ユニオンの塔」と呼ばれる謎の塔が建設され、アメリカとユニオンの間に軍事的緊張をもたらしています。
青森に住む中学3年生の藤沢 浩紀と白川 拓也は、津軽海峡の向こうに見える塔に憧れ、いつか飛行機を組み立て塔まで飛ぶことを夢見ていました。

短編の個人製作をしてきた新海監督が初めて劇場長編作品に挑むことになった作品です。作画や演出、音楽が高い評価を受け、毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞しました。

リアルな心情描写が話題を呼んだ『秒速5センチメートル』

東京の小学校で出会った遠野 貴樹と篠原 明里は互いに特別な感情を抱いていましたが、明里は小学校卒業と同時に栃木へ引っ越してしまいます。文通を続けていた2人でしたが、今度は貴樹が鹿児島へ引っ越すことに。栃木と鹿児島は中学生にとって越えがたい距離だと考えた貴樹は明里に会いに行くことにします。

「桜花抄」、「コスモナウト」、「秒速5センチメートル」と3つの短編から構成されており、2人の少年少女の成長を追った連作です。これまでSF色の強い作品を世に送り出してきた新海監督が、リアルな情景や心情を描いた作品として話題になりました。表題の“秒速5センチメートル”は、桜の花びらが舞い落ちる速度だと言われています。

新緑と雨の描写が美しい『言の葉の庭』

高校生の秋月 孝雄は靴職人を目指していました。雨の日の1限目は学校をさぼり、庭園で靴のデザインを考えていた孝雄は、ある雨の日に、そこで謎めいた女性・雪野 百香里(ゆきの ひかり)と出会います。雨の日の午前の不思議な交流は、2人の心を癒していく時間となっていきました。

シーンの8割が雨のシーンで構成されている本作では、梅雨時の若々しい緑と雨の美しい情景を楽しむことができます。しっとりとした恋の物語を味わいたい時におすすめの作品です。

新海誠最新作のテーマは入れ替わり!『君の名は。』

山奥の田舎町。地元の名士である父親や家の慣習にうんざり気味の女子高生・三葉は、自分が東京でイケメン男子高校生として生活する夢を見ます。同じころ、東京で暮らす瀧もまた、自分が見ず知らずの山奥で女子高生になっている夢を見ます。繰り返される夢、抜け落ちる記憶。2人は夢で互いが入れ替わっていることに気が付きます。

東京で暮らす高校生・立花 瀧(たちばな たき)

東京で暮らす高校生・立花 瀧(たちばな たき)

本作で新海監督がテーマに選んだのは「入れ替わり」です。山奥の田舎町と東京のビル街という対照的な背景を行き来しながら描かれる少年少女の交流が見どころの作品です。
声優には神木 隆之介さんや上白石 萌音さん、長澤 まさみさんなど、話題の俳優・女優さんたちが起用されています。

8月26日公開『君の名は。』についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

田舎町に住む女子高校生・宮水 三葉(みやみず みつは)

田舎町に住む女子高校生・宮水 三葉(みやみず みつは)

美しい映像美が魅力の新海誠作品についてご紹介しました。大人のアニメーションと呼ばれる新海誠作品で、キラキラした青春に思いを馳せてみては?

『雲のむこう、約束の場所』
© Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films

『秒速5センチメートル』
© Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films

『言の葉の庭』
©Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

『君の名は。』
© 2016「君の名は。」製作委員会

【関連記事】
◆【プレゼント】監督・新海誠×神木隆之介『君の名は。』一般試写会に【15組30名様】をご招待!

Facebookコメント

Return Top