主演:生田斗真 映画『渇水』先の見えない現代に“生の希望”を描いた珠玉のヒューマンドラマが遂に完成!特報&ティザービジュアル&新キャスト解禁

映画ニュース

6月2日(金)公開の映画『渇水』より、特報映像&ティザービジュアル&新キャスト情報が解禁となりました!

主演:生田斗真 映画『渇水』先の見えない現代に“生の希望”を描いた珠玉のヒューマンドラマが遂に完成!特報&ティザービジュアル&新キャスト解禁
ティザービジュアル

1990年、第70回文學界新人賞受賞、第103回芥川賞候補となり注目を浴びた河林満先生による「渇水」。〈生の哀しみ〉を鮮烈に描いた名篇が、『凶悪』(13)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』シリーズ(18、21)、『死刑にいたる病』(22)など、多くの重厚な作品を世に贈り出し続ける映画監督・白石和彌さんの初プロデュースにより刊行から30年の時を経て映画化。

監督は、相米慎二さん、市川準、阪本順治さん、森田芳光さん、宮藤官九郎さんら錚々たる監督作品で助監督としてキャリアを重ねた髙橋正弥監督。

主演には、『土竜の唄 シリーズ』(14、16、21)、『彼らが本気で編むときは、』(17)、『湯道』(23)など数々の映画作品、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(22)でも話題となり、華やかな人気と、多彩な役どころを変幻自在に演じ分ける実力を併せ持つ俳優・生田斗真さん。

水道料金を滞納する家庭の水を日々停めて回る業務に就く水道局員の主人公・岩切俊作が、心の渇きにもがきながらも“生の希望”を取り戻していくという難しい役どころを体現。

『土竜の唄 FINAL』では金髪とド派手な装いの潜入捜査官、絶賛公開中の『湯道』では自由気ままに生きる銭湯の店主を演じ、巧みな演技で人々を魅了してきた生田の新境地と呼ぶに相応しい、新たな姿をスクリーンに焼きつけます。

水道局員と幼い姉妹、一件の【停水執行】の先には……

映画『渇水』特報【6月2日(金)公開】

本編映像初公開となる特報映像では、水不足の深刻化を伝えるニュースの音声と共に照りつける太陽を見上げる主人公・岩切俊作(生田斗真さん)と同僚の木田拓次(磯村勇斗さん)が水道料金を滞納する家庭を訪れ、水道を停めて回る【停水執行】の様子が映し出されています。そんな日々の中、岩切が出会ったのはたった二人で家に残された幼い姉妹でした。

県内全域で給水制限が発令される中、最後のライフラインである水道を停めてしまってもいいのか。「停めるんですか、水道」と問う姉妹の真っすぐな瞳に葛藤を覚えながらも、岩切は規則に従い停水を執行しますが――。

「疑問を持たずに波風を立てずに日々を過ごすことが上手な生き方かもしれませんが、ふと立ち止まり、自分を見つめ直す事も悪くない。そう思わせてくれる作品です。」という生田さんのコメントに示唆されるような、映像のラストには「このままじゃダメなんだよ」と叫ぶ岩切の姿が収められている。

また、物憂げに俯く主人公・岩切俊作の表情が印象的なティザービジュアルも同時解禁となりました。“渇いているのは、心でした――。”というコピーとともに、物語の行方に期待が高まる特報映像とティザービジュアルに仕上がっています。

新キャストとして豪華実力派俳優陣が解禁!音楽を手掛けるのは向井秀徳さん!

主演:生田斗真 映画『渇水』先の見えない現代に“生の希望”を描いた珠玉のヒューマンドラマが遂に完成!特報&ティザービジュアル&新キャスト解禁

そして今回、新たに7名のキャスト情報も解禁されました。姉妹の母親・小出有希を演じるのは門脇麦さん。主人公・岩切俊作の同僚で岩切とともに停水に回る木田拓次役に磯村勇斗さん。岩切の妻で、息子を連れ実家に帰ったきり戻ってこない岩切和美を尾野真千子さんが演じます。

そして、二人きりで家に残された姉妹を演じるのは、しっかり者の姉・小出恵子役の山﨑七海さん、天真爛漫な妹・小出久美子役の柚穂さん。オーディションで選ばれた二名がたった二人で懸命に生きる姉妹を体現しました。

その他、水道料金滞納者の一人、伏見役に宮藤官九郎さん、水道局料金課の佐々木課長役を池田成志さんが演じます。また、劇中の音楽を、NUMBER GIRLやZAZEN BOYSなどカリスマ的人気を誇る向井秀徳さんが手掛けていることが明らかになりました。

豪華実力派俳優陣の競演と向井秀徳さんの印象的な音楽が織り成すハーモニーに期待が高まります。

新たに解禁となったキャスト陣からコメントも到着!

◆門脇麦さん(小出有希役)コメント
母親の役というだけでまだ想像がつかない部分も多く、その役を遠く感じるものですが、さらにさらに遠い、私には理解が困難な役を皆様に支えていただきながら自分なりに手繰り寄せて演じました。
きっと今もどこかに存在する姉妹のお話です。 聞き飽きた綺麗事かもしれませんが、優しい世の中になってほしいと、演じながら改めて強く願う作品でした。
◆磯村勇斗さん(木田拓次役)コメント
脚本をいただいて読んだときに、この作品に参加したいと強く思いました。
水道局員を軸に、僕たちのライフラインである「水道水」を通して社会問題に切り込み、そこで出会う人々の葛藤に、僕は惹かれました。
人の心も渇いていく世の中で、何か生きる希望を届けられたらと思います。
◆尾野真千子さん(岩切和美役)コメント
とても気持ちが歯痒くなる映画です。
台本を読んだ時それぞれの気持ちがチクリチクリと刺さってポロポロと泣きました。
観てくださった人の心にも刺さりますように。
◆山﨑七海さん(小出恵子役)コメント
オーディションが決まった時は本当にびっくりしました。何度もオーディションを重ねて小出恵子を知っていくうちに、どんどんこの役が好きになっていって。
なので参加出来た事が嬉しさでいっぱいでした。 岩切との出会いで姉妹が変わっていく、普通の姉妹とは違うけどどんな時でも助け合って生きていく姉妹を見てもらいたいです!
◆柚穂さん(小出久美子役)コメント
この作品は初めての長期間の撮影でしたが、現場の人や出演者の人がとても優しく仲良くしてくれたので、自然に「久美子」になることが出来ました。
私にはお姉ちゃんがいないので、本当にお姉ちゃんが出来たみたいで嬉しかったです。 ぜひ「渇水」をたくさんの人に観てもらいたいです。
◆宮藤官九郎さん(伏見役)コメント
「最初に水道を止められる役は宮藤さんしかいないと思ってた」と力説された時には戸惑いましたが、
髙橋監督には数々の現場でずいぶん助けられましたので、俺でよければ水道止めて下さいと快諾しました。
とても切なく過酷な物語ですが、社会の理不尽を描くだけでは終わらない希望の光が見えた気がしました。 公開おめでとうございます。
◆池田成志さん(佐々木課長役)コメント
天候不順な時に天候不順な題材を撮るって、ホント世の中ままならないよなぁとか思いながら撮影に臨みました。
短い期間の撮影でしたが、何か明確なようで、明確ではないものを演じる、難しさみたいなものを感じました。映画経験をもっと積みたいです。
かなり結構前から知ってる斗真君と、初めて仕事したのも嬉しかったです。

人と人の関係が希薄になってしまった現代社会に、真の絆とは何かを問いかけ、観る者を生への希望で照らし出す珠玉のヒューマンドラマ映画『渇水』は2023年6月2日(金)より全国公開です。

『渇水』公式サイト
<ストーリー>
日照り続きの夏、市の水道局に勤める岩切俊作(生田斗真)は、来る日も来る日も水道料金が滞納する家庭を訪ね、水道を停めて回っていた。県内全域で給水制限が発令される中、岩切は二人きりで家に取り残された幼い姉妹と出会う。蒸発した父、帰らなくなった母親。困窮家庭にとって最後のライフラインである“水”を停めるのか否か。葛藤を抱えながらも岩切は規則に従い停水を執り行うが――。

<作品情報>
生田斗真
門脇麦 磯村勇斗
山﨑七海 柚穂/宮藤官九郎 池田成志
尾野真千子

原作:河林満「渇水」(角川文庫刊)
監督:髙橋正弥 脚本:及川章太郎 音楽:向井秀徳
企画プロデュース:白石和彌

製作:堀内大示 藤島ジュリーK. 徳原重之 鈴木仁行 五十嵐淳之  企画:椿宜和
プロデューサー:長谷川晴彦 田坂公章 ラインプロデューサー:原田耕治
撮影:袴田竜太郎 照明:中須岳士 小迫智詩 美術:中澤正英 録音:石貝洋 スタイリスト:清藤美香 ヘア・メイク:酒井啓介(生田斗真) 渡辺順子
キャスティング:田端利江 編集:栗谷川純 カラリスト:髙山春彦 整音:劉逸筠 助監督:山下久義 制作担当:土田守洋 企画協力:佐久田修志
製作:「渇水」製作委員会 製作プロダクション:レスパスビジョン 制作協力:レスパスフィルム 配給:KADOKAWA

©「渇水」製作委員会  2023/日本/カラー/ヨーロピアンビスタ/100分