切なくも儚い雰囲気でエモさ全開!映画『さよならくちびる』ハルレオのライブシーン解禁

切なくも儚い雰囲気でエモさ全開!映画『さよならくちびる』ハルレオのライブシーン解禁 ニュース

5月31日(金)公開の映画『さよならくちびる』より、ハルレオのライブシーンが解禁となりました!

小松菜奈さんと門脇麦さんをW主演に迎え、さらに共演には成田凌さんと、映画界最旬キャストで贈る青春音楽映画。主題歌のプロデュースを秦 基博さんが、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんさんが担当しており、劇中でのライブシーンなど、実際の歌唱シーンにも注目の本作。

この度、“ハルレオ”が主題歌「さよならくちびる」を熱唱する、圧巻のライブシーンが解禁に!今月22日にEP「さよならくちびる」をリリースし、ますます注目度が高まるハルレオ。

本作の主題歌「さよならくちびる」を手掛けたのは、人生の美しい瞬間を切り取る歌詞で高い人気を誇る、シンガーソングライター・秦基博さん。メガホンを取った塩田明彦監督から「『さよならくちびる』というタイトルだけれど、単に悲しく泣けるバラードではなく、爽やかで前向きな感じにしたい。新しい自分に生まれ変わろうともがく歌にも、愛する人へ別れを告げる歌にも聴こえるようにしたい」とのオファーを受けた秦さんは、作詞・作曲、そしてプロデュースを担当。「最初に頂いた脚本に書かれていた『さよならくちびる』という言葉。その言葉を、ハルとレオならどんな風に歌うのだろうかとイメージしながら詞と曲を書きました。」との言葉の通り、ハルレオが醸し出す切なくも儚い雰囲気と見事にマッチした名曲を誕生させました。

切なくも儚い雰囲気でエモさ全開!映画『さよならくちびる』ハルレオのライブシーン解禁

そんな楽曲を、劇中では“ハルレオ”として、小松さんと門脇さんがギターを弾き、自らの声で披露。少しギターに触れていたという門脇さんですが、本作がキャリア初の歌唱演技となる小松さんをはじめ、成田さんを含む3人はほぼ“ギター初心者”。それぞれいくつもの仕事を抱える多忙の中、3曲フルのギターと歌を短期間で覚えなければならない、という過酷な状況にも関わらず、数ヶ月のトレーニングを経て、息の合ったコーラスから、ギター演奏までも完璧にこなせるまでに上達したそう。今回解禁となった映像からも、エモーショナルなライブシーンの完成を実感することができます。

早くもSNSでは「曲が切ない…」「素敵な曲すぎて泣ける!」「良い声…思わず口ずさみたくなった」などの期待の声が挙がり、話題を集めている本作の歌唱シーン。“鳥肌級”の歌声を、ぜひ劇場で堪能してみては?

未来への希望を奏でる青春音楽ロードムービー、映画『さよならくちびる』は5月31日(金)公開です。

『さよならくちびる』公式サイト
小松菜奈 門脇麦 成田凌
篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日髙麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ
監督・脚本・原案:塩田明彦
主題歌 Produced by秦基博 うたby ハルレオ 
挿入歌 作詞作曲 あいみょん うたby ハルレオ 
製作幹事・配給:ギャガ 制作プロダクション:マッチポイント
5/31(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
©2019「さよならくちびる」製作委員会

you're currently offline