映画『BAD LANDS バッド・ランズ』主演・安藤サクラ×山田涼介 黒川博行の『勁草』を原田眞人監督が待望の映画化!9月29日(金)公開決定!ティザービジュアル・特報映像 初解禁!

映画ニュース

この度、映画『BAD LANDS バッド・ランズ』が9月29日(金)に全国公開されることが決定しました!

第151回直木賞を受賞した「破門」や、「後妻業」などで人間を突き動かす欲望を描いてきた作家・黒川博行先生による重厚な傑作小説『勁草』(けいそう)。

そんな本作を『検察側の罪人』や『関ケ原』など数々の話題作を手掛けてきた名匠・原田眞人監督が待望の映画化!

映画『BAD LANDS バッド・ランズ』主演・安藤サクラ×山田涼介 黒川博行の『勁草』を原田眞人監督が待望の映画化!9月29日(金)公開決定!ティザービジュアル・特報映像 初解禁!

主演は、『ある男』で第46回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した安藤サクラさん。原田監督作品は本作で初参加!壮大なファンタジーと日常感が話題となったテレビドラマ「ブラッシュアップライフ」で主演を務めた安藤さんが、本作では特殊詐欺を生業とする橋岡煉梨(ネリ)を怪演します。

そして、安藤さん演じる主人公ネリの弟・矢代穣(ジョー)役には、『燃えよ剣』以来、2度目の原田監督作品の参加となる山田涼介さん(Hey! Say! JUMP)が抜擢!

本作で安藤さんと山田さんは初共演となりますが、安藤さんは山田さんに対して「本読みの時から矢代にぴったりだと思って、私と山田君でどんな化学反応が起きるのか楽しみです。」とコメント。

一方で山田さんは「安藤さんがお姉ちゃん役と聞いた時に安藤さんだったら委ねられるな。安心してやらせていただこうと思いました!」とコメントし、ふたりが見せる化学反応は見逃せません!

本作の監督・脚本・プロデュースを務めた原田さんは「安藤サクラは世界の主演女優賞を全て差し上げたい名演です。また、切なく危険な若者を演じきった涼介の天才に私は魂を食いちぎられました。」とコメントし、原作の黒川先生は「安藤さんと山田さんとのコンビネーションもあいまって、期待以上のみごとな出来ばえになった。原作者として、ほんとうにうれしい。」と絶賛を博しています。

日本映画界を牽引するキャストとスタッフが贈る予測不可能なクライムサスペンスエンタテインメントから目が離せません!

疾走感溢れる、鮮烈なティザービジュアル・特報映像が解禁!

◤特報◢ 9/29公開 映画『BAD LANDS バッド・ランズ』

本作の主人公であるネリ、そして弟・ジョーがある目的に向かって駆ける瞬間が映し出されています。

「そこは 天国か 地獄か。希望なんて、とうに捨てた。」というコピーからは、幾分かの悲哀や自分の置かれている状況への諦めが垣間見えます。

ですが、観客の脳を撃ち抜いてしまうくらい強烈なインパクトを放つ姉弟の姿からは、僅かな希望に向かい行動を起こす二人の意志や強い覚悟を感じざるを得ません。

果たして、二人は何に向かって突き進むのか?この先、一体何が二人に起こるのか?6/2(金)から全国の劇場・映画館で解禁となるフライヤーにも注目です。

ビジュアルとともに解禁となった特報映像は、ネリとジョー二人の会話から始まり、勢いを増しながら展開していきます。

『ホンマもんの詐欺師にはなりとうない。』と告げるネリ。社会の底辺で生きている<持たざる者>は、悪に染まるしか生きる術を知りません。

そこからネリとジョーの様々な感情が駆け巡るように、“葛藤とともに天を仰ぎ”“誰かに怒り吠え”“企み顔”“歓喜する”カットが立て続けに映し出されます。

徐々に上がっていく音楽のテンポに呼応するように、【ここは】【悪い奴らの】【天国で、地獄。】というテロップとともに、覆面の男たちや警察、社会の裏側に潜む人間が交錯します。

さらに、高まる緊張感の最高地点で<拳銃を構えるジョー>と<ショットグラス入ったアルコールを放るネリ>のカットも見逃せません。

二人の視線の先には、なにが待ち構えているのか?ラストカットで駆ける、ネリは何を思い何処へ向かうのか?様々な展開を想起させる、スピード全開の特報映像となっています。

映画『BAD LANDS バッド・ランズ』は9月29日(金)全国公開です!

コメント全文

安藤サクラさん 【橋岡煉梨(ネリ)役】

自分の知らない世界だったので登場人物たちのキャラクターの魅力にとてもワクワクしました。山田さんは本読みの時から「あ、矢代だ!ぴったりだな!」と思っていました。私と山田君でどんな化学反応が起きるのか楽しみです。

原田監督とは自分が思ったことを色々相談するようにしています。集中すべき時に集中して、 “自分らしくいる”という過ごし方ができるとてもメリハリのある現場で毎日楽しく過ごしています。

色んなキャラクターの俳優さんたちが交わって、どのシーンも楽しく魅力的で観たことのない化学反応を起こしていきますので、是非ご期待ください。

山田涼介さん 【矢代穣(ジョー)役】

安藤さんは、実はたまたま一度、プライベートでお会いしたことがありました。すごく気さくな方で、お姉ちゃん役と聞いた時は安心感がありました。安藤さんだったら委ねられるな。安心してやらせていただこうと思いました。

原田監督とは、一度映画でご一緒しましたが、毎日本当に緊張感があり、命を削っているような現場でした。どんなシーンでも緊張感がある現場というのは、なかなかなく、貴重な経験だと思って一生懸命やっていたので、またお声掛けいただいてとても嬉しかったですね。

是非、ハラハラドキドキしたスピード感溢れる本作を楽しみに待っていて欲しいと思います。

原田眞人監督

黒川博行さんの原作は2015年の発売直後に読みました。

俗にいう「オレオレ詐欺」犯罪グループの内実がリアルに描かれていて、その世界観に惹き込まれ、監督目線で登場人物をあれこれ動かしたことを憶えています。実に刺激的な読書体験でした。

その最大のポイントは、犯罪グループの元締めを補佐する立場の主人公橋岡を女性にしたらどうだろうということでした。例えば、ドストエフスキーの「虐げられた人びと」に登場するネリーを黒澤監督が「赤ひげ」に「包摂」したように。

ただ、私が手を挙げるのが遅かったために、映画化権は某社に渡っていました。辛抱強く6年待って、実現に漕ぎ着けたのは「ヘルドッグス」製作チームのおかげです。橋岡の性転換を心よく承知してくださった黒川さんにも感謝です。

理想のキャストも組めました。

安藤サクラは「生きにくい」を「生き抜く」ネリーの魂の綱渡りを、橋岡ネリとして、美しく哀しく愛おしく舞ってくれました。世界の主演女優賞を全て差し上げたい名演です。

原作の橋岡の疫病神的パートナーとなるサイコパス矢代穣は、沖田総司が現代に甦ったらこうなるのではないか、というコンセプトのもと山田涼介に参加してもらいました。沖田以上に切なく危険な若者を演じきった涼介の天才に私は魂を食いちぎられました。

彼らを彩る関西演劇陣の濃厚なアンサンブルにも圧倒されます。一人一人紹介するのは公開間近まで待たねばならないのがとても残念。

沼津生まれのロスアンジェリーノ東京人の私が憧れ続けた「大阪弁フィルム・ノアール」はこの秋、世界に打って出ます!

黒川博行先生

監督の名を聞いて、一も二もなく映画化に同意した。

名匠・原田眞人――。多くの作品をわたしは見ていた。「クライマーズ・ハイ」や「わが母の記」をはじめ、近作の「関ヶ原」や「検察側の罪人」、「燃えよ剣」は重厚にしてスケールの大きい傑作だった。

あの原田監督がわたしの『勁草』をどんなふうに映像化してくれるのか、楽しみでしかたなかった。そこへ演じるのが安藤サクラと山田涼介、これも申し分ない。

安藤さんのさわやかな個性と自然な演技は原作の犯罪性をきれいに掬いとってくれるだろうとわたしは期待し、山田さんとのコンビネーションもあいまって、期待以上のみごとな出来ばえになった。

原作者として、ほんとうにうれしい。

キャスト・スタッフ プロフィール

【安藤サクラさんプロフィール】
1986年2月18日生まれ、東京都出身。
2007年に奥田瑛二監督作『風の外側』で俳優デビュー。
映画『百円の恋』(14)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞ほか数々の賞を受賞し、『万引き家族』(18)で自身二度目となる日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。さらに、映画『ある男』(22)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に輝くなど映画、ドラマなど映像作品を中心に第一線で活躍。
主な出演作は、NHK連続テレビ小説「まんぷく」(18-19)、ドラマ「ブラッシュアップライフ」(23/NTV)、映画『0.5ミリ』(14)、『白河夜船』(15)、『追憶』(17)などがある。公開待機作に映画『怪物』(23年6月)が控える。

【山田涼介さんプロフィール】
1993年5月9日生まれ、東京都出身。
Hey! Say! JUMPのメンバーとして2007年にメジャーデビュー以降、アーティストのみならず俳優としても活躍。
映画初出演を果たした『映画 暗殺教室』(15)で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。さらに映画『グラスホッパー』(16)で日本映画批評家大賞新人男優賞、2017年には『ナミヤ雑貨店の奇蹟』と『鋼の錬金術師』でキネマ旬報ベスト・テン新人俳優賞を受賞する。
本作のメガホンを取る原田眞人監督作品への出演は、『燃えよ剣』(19)以来となる。

【原田眞人監督プロフィール】
1949年7月3日生まれ、静岡県出身。
黒澤明、ハワード・ホークスといった巨匠を師と仰ぐ。
1979年に、映画『さらば映画の友よ インディアンサマー』で監督デビュー。『KAMIKAZE TAXI』(95)は、フランス・ヴァレンシエンヌ冒険映画祭で准グランプリ及び監督賞を受賞。さらに映画『関ヶ原』(17)では第41回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀作品賞などを受賞。
近年の主な作品は、映画『駆込み女と駆出し男』(15)、『日本のいちばん長い日』(15)、『検察側の罪人』(18)、『燃えよ剣』(21)、『ヘルドッグス』(22)などがあり、これまでに数多くの作品を手掛けている。

【黒川博行先生プロフィール】
1949年3月4日生まれ、愛媛県出身。
京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業後、第1回サントリーミステリー大賞佳作を受賞した小説『二度のお別れ』(83)で小説家デビュー。
さらに小説『キャッツアイころがった』(86)で第4回サントリーミステリー大賞、「カウント・プラン」(96)で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。第151回直木賞を受賞した小説『破門』(14)がドラマ化、映画化するなど、これまでに『文福茶釜』(99)、『後妻業』(14)など映画原作も多く執筆している。

『BAD LANDS バッド・ランズ』公式サイト
【ストーリー】
<持たざる者>が<持つ者>から生きる糧を掠め取り生き延びてきたこの地で、特殊詐欺に加担するネリと弟・ジョー。
二人はある夜、思いがけず“億を超える大金”を手にしてしまう。
金を引き出す…ただそれだけだったはずの2人に迫る様々な巨悪。
果たして、ネリとジョーはこの<危険な地>から逃れられるのか。

【作品情報】
タイトル:『BAD LANDS バッド・ランズ』
出演:安藤サクラ 山田涼介
監督・脚本・プロデュース:原田眞人
原作:黒川博行『勁草』(徳間文庫刊) 
音楽:土屋玲子
配給:東映/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
クレジット:©2023「BAD LANDS」製作委員会
映画公式Twitter:@bad_lands_movie