CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

藤原竜也×有村架純出演!超話題のミステリー 『僕だけがいない街』ってどんな話?

三部けい原作の超話題のミステリーマンガの実写映画化『僕だけがいない街』が3月19日(土)から公開されます。
本作は、 “このマンガがすごい!”3年連続ランクイン、“マンガ大賞” 3年連続ノミネートされ、映像化のオファーが50社以上殺到し、権利争奪戦となった大注目作です。
boku_main
マンガ原作の実写映画化には、「そのキャストじゃないんだけどなぁ」とか、「世界観が壊れる」などなど、賛否両論ありますが、『僕だけがいない街』のキャスティングについては、ファンからも「2人の演技力なら安心」という声も。

【ストーリー】
売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。
周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても〈リバイバル〉――巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月と母親を殺した犯人が同一人物だと確信。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことが出来るのか?
boku_sub1

今回売れない漫画家役の藤原竜也さん
wk_1501124bokudake02
編集部で怒られたりもします。
そして、珍しいメガネ姿も披露。メガネフェチのみなさん、必見ですよ!
boku_sub4

Twitter上では、試写会参加後、「公開したらまた観たい!」、「2時間の中にぎゅっと凝縮されていて、とても見応えのあるものでした!」、「僕だけがいない街完成披露試写会めちゃくちゃ最高だった!!」などと映画を絶賛する声が早くも上がっています。

3月29日(火)には、マンガ大賞 2016]授賞式も開催されますね。
映画のヒットも、マンガ大賞 2016の大賞は「僕だけがいない街」で決まりかな!?

3月19日(土)全国ロードショー
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

Facebookコメント

Return Top