CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

目が離せない!菅田将暉くんのこれから公開の映画まとめ その②

菅田まとめその➀に引き続き、若手俳優の中でも、最も売れていると言っても過言ではない!菅田くんの出演作を紹介します!

念のためもう一度、プロフィール
菅田将暉(すだ まさき)
1993年2月21日生まれ、大阪府出身。
2009年、「仮面ライダーW」でデビュー。仮面ライダーシリーズ最年少ライダーとして話題になりました。

『セトウツミ』【7月2日公開】

■ストーリー
関西の男子高校生2人。放課後に「喋る」だけ。
まったりゆったりしゃべるだけ。クスっと笑えて、何だか、しんみり胸を打つ。
関西の男子高校生、瀬戸と内海のクールでシニカルな放課後トーク。
関西の、とある河原。男子高校性 2 人が放課後にまったりと喋るだけ。ウィットに富んだ台詞、絶妙なユーモアと“間”のセンス。シニカルな「会話」の面白さだけの映画。
st_01
特報1「けん玉」約2分間のショートムービー仕様

特報2「タイミング」約3分間のショートムービー仕様

■菅田くんはどんな役?
「セトウツミ」とは、主人公の男子高校生・瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。
菅田くん演じる瀬戸は、天然な元サッカー部員、池松壮亮くん演じる内海は、クールな塾通い。
ほぼ全編が瀬戸と内海の関西弁による掛け合いという究極の会話劇です。
st_02

『何者』【10月15日公開】

■ストーリー
就活の情報交換のために一つの部屋に集まった、5人の22歳。
かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人。天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直は性格の瑞月。人一倍「意識高い系」でありながら、結果が出ずに不安を募らせていく理香。社会の決められたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良。
海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈…。
様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。
企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」なりたいのか―。
■菅田くんはどんな役?
菅田くんが演じるのは光太郎。
今回の役について菅田くんは、「神谷光太郎の『まっすぐさ』を武器に、今、凄くワクワクしています。」とコメント。
その他、拓人役に佐藤健くん、瑞月役に有村架純ちゃん、理香役に二階堂ふみちゃん、隆良役に岡田将生くんが出演します。

『デスノート 2016』【10月29日公開】

■ストーリー
デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。
夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田他5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。
ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。
その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた…。
6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!
■菅田くんはどんな役?
菅田くんが演じるのは、サイバーテロリスト紫苑優輝(しえんゆうき)。
その他、デスノート対策本部特別チーム捜査官・三島創(みしまつくる)役に東出昌大くん、Lの正統後継者・竜崎(りゅうざき)役に池松壮亮くん、元デスノート所有者/女優・弥海砂(あまねみさ)役に戸田恵梨香ちゃん、川栄李奈ちゃん、藤井美菜ちゃんが出演します。

『溺れるナイフ』【2016年秋公開予定】

■ストーリー
あの頃、二人でいれば無敵だと思ってたー。ただ光を発する方へと突き進んでたー。
東京で雑誌モデルをしていた美少女・望月夏芽(もちづきなつめ)は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、その土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取りである長谷川航一朗(はせがわこういちろう:コウ)に出会い、強烈に惹かれていく。意地悪で気まぐれでエキセントリックな彼に反発しつつも、彼の発光するような神々しさに心を奪われ、いつか「コウちゃんはわたしの神さん」だと思うようになる。コウもまた、田舎では類を見ない夏芽の美しさに自分と同種の力を感じていく。徐々に気持ちを通わせていくふたり。「一緒にいれば無敵!」とさえ思っていた矢先、運命を変える出来事が起こる…。
obireru
■菅田くんはどんな役?
容姿端麗だが、どこか近寄りがたい雰囲気をもつ、神主一族の跡取り息子・長谷川航一朗役を演じます。
切れ長の目にまばゆい金髪で熱演します。
その他、美少女・望月夏芽役は小松菜奈ちゃん、夏芽と航一朗のクラスメイトでムードメーカー的存在の大友勝利役には重岡大毅(ジャニーズWEST)、モデルだった夏芽の大ファンでクラスメイトになった松永カナ役には上白石萌音。
まだ何者でもなく、何者にでもなれると感じる「10代の一瞬間(=全能感)」の謳歌、挫折、そして再生を、10代の少年少女たちを通して、激しくも儚く、そして美しく描かれる壮大なラブストーリーです。

いかがでしたか?
どの映画も「早く見たい!」ものばかりですよね。
4月からは月9出演も決まり、大忙しの菅田くん。
CinemaGeneは、これからも注目していきます!

『セトウツミ』
7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
©此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  
©2016映画「セトウツミ」製作委員会

『何者』
2016年10月15日公開
© 2016映画「何者」製作委員会 © 2012 朝井リョウ/新潮社

『デスノート 2016』
©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

『溺れるナイフ』
2016年 秋 全国ロードショー
© ジョージ朝倉/講談社 © 2016「溺れるナイフ」製作委員会

Facebookコメント

Return Top