CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

これで安眠!寝る前に見たい、穏やかな癒し系映画

original (4)
出典:http://ameblo.jp/

日頃仕事のストレスや疲れが溜まっていませんか?今回は仕事の疲れを癒してくれるような、そんな映画をまとめてみました。寝る間にみて、ゆっくり休んで疲れを取ってくださいね!

北欧の地で奏でられる人間模様にほっこり『かもめ食堂』

kamome (1)
出典:http://www.amazon.co.jp/

ムーミンとオーロラとサンタクロースの国、フィンランド。その首都ヘルシンキで食堂を営む日本人女性を主人公に人間模様を描いた作品です。フィンランドブームの火付け役ともなりモデルとなった店は、現地ではいつも満席。日本人のみならず、地元の人にも愛される食堂です。おにぎりからシナモンロールまで、美味しそうな食卓にゴクリ。

かもめ食堂のメインはおにぎり

kamome2
出典:http://olior.jugem.jp/?eid=114

マイペースな主人公と、周りの人間模様。そしてそれを取り持つかもめ食堂の美味しいご馳走。みているだで幸せになれる映画です。お客さんも日本人のみならず現地人もやってきて大賑わい。オールフィンランドロケですから美しい街並みも垣間見ることができます。それにしても、おにぎりって、やっぱり珍しいんですね。ちなみにフィンランドは魚介類がとても美味しく、とくにサーモンは絶品です。

魔女のおばあちゃんの言葉に思わず癒される『西の魔女が死んだ』

witch
出典:http://www.amazon.co.jp/

「魔女が死んだわ」
そんな衝撃的な一言から始まる、梨木香歩の人気小説を映画化した作品です。「魔女」とは主人公のおばあちゃん。なぜ「魔女」なのか。そして亡くなった「魔女」が主人公に残したものは?数々の「魔女」の言葉に癒される作品です。死別がテーマですが暗い要素はあまりなく、み終わった後にはスッキリできること間違いなしです。

学校や仕事が嫌になったら「魔女」の家へ

witch2
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

「魔女」の家も周りの大自然も、とても幻想的。それでいて「魔女」の修行はとても現実的な家事というのがおもしろいところ。もちろん現代社会の話ですから、「魔女」というのは一種の比喩のようなものですがそれでも学校が嫌で嫌でたまらない主人公にとって、外国人のおばあちゃんはまさしく異界の人=「魔女」だったでしょう。美しい映像もたっぷり堪能して、ほっこり癒されてくださいね。

仕事に疲れた時にみたい一作『イエスマン “YES”は人生のパスワード』

yesman
出典:http://www.amazon.co.jp/

仕事で上司におべっか使うのが疲れましたか?気難しいクライアント相手の調整は骨が折れますか?この映画をみて、そんな憂鬱を吹き飛ばしましょう。全てNoが基本の主人公は、強引に連れて行かれたセミナーで「どんな質問にもYesと答える」という約束をしてしまいます。そのことがきっかけで人生が劇的に変化していく主人公。時には災難にも遭いますが、めげずにYesを貫き通す主人公に、最期には応援したくなっているはず。こんな世の中「どうせ無理」というNoが横行していますが、たまにはYesを選択してもいいんじゃない?そんな風に思わせてくれる映画です。

猫好き必見!そうじゃない人も必見!『レンタネコ』

rentacat
出典:http://www.amazon.co.jp/

忙しい現代社会。ふと我に帰ると、ごちゃごちゃの部屋で疲れた自分の顔が窓ガラスに映っていてドキっとする。そんな経験ありませんか。そんなときに、そっと寄り添ってくれる暖かさが救いになることだってあります。猫から好かれる主人公は、寂しい人に猫を貸し出す「レンタネコ」サービスをやっています。とはいえ、誰でも借りれるわけではなく、きっちりとした審査があり、適合した人にのみ猫は貸し出されます。猫を通じて人々の向き合う自らの人生とは、そしてその答えはどんなものでしょう。ぜひ猫に癒されながら見てみてください!

極寒の地の美味しいご飯『南極料理人』

southpole
出典:http://www.amazon.co.jp/

「半沢直樹」から「真田丸」。CMにも引っ張りだこ。そんな堺雅人の抑えめの演技が観れる作品です。南極観測隊に同行した料理人を主人公にほのぼのとした日常が描かれています。南極だからといって、大冒険や大事件が起こるわけではありません。当たり前の日常を支える料理人の心意気にほっこり癒されてください。そして最後には、家族の絆の大切さを実感するでしょう。

いかがでしたか?寝る前に見たい癒され系映画5選でした。なんだか美味しいものが映る映画が多いような気がします。お気に入りのドリンクと一緒に、ぜひ見てみてくださいね!

Facebookコメント

Return Top