CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

ティモシー・シャラメ

Tagged
『Beautiful Boy』からティモシー・シャラメが助演男優賞ノミネート!注目の第76回ゴールデングローブ賞ノミネート発表

『Beautiful Boy』からティモシー・シャラメが助演男優賞ノミネート!注目の第76回ゴールデングローブ賞ノミ...

映画『Beautiful Boy』(原題)からティモシー・シャラメが第76回ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされました! アカデミー賞最優秀脚色賞受賞、主要4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了し、2018年...
映画コラム:胸の奥に眠るセピア色の思春期がビビッドに蘇る一作!『レディ・バード』母娘の物語を彩る“服”にまつわる話

映画コラム:胸の奥に眠るセピア色の思春期がビビッドに蘇る一作!『レディ・バード』母娘の物語を彩る“服”にまつわる話

2着のドレスと1枚のパーカーが描き出す、素直になれない母娘たち カリフォルニア州サクラメントのカトリック学校に通うクリスティン、17歳。髪はピンク、自分にレディ・バードと名前をつけ、家族にも友人にもそう呼ばせている個性的な女の子だ。小さな町での生活に息苦し...
助演男優賞受賞のティモシー、壇上で見せたアーミー・ハマーとのハグに会場熱狂『Beautiful Boy 』ハリウッド映画賞でW受賞

助演男優賞受賞のティモシー、壇上で見せたアーミー・ハマーとのハグに会場熱狂『Beautiful Boy 』ハリウッド...

『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメが出演する新作『Beautiful Boy』(原題)がハリウッド映画賞で助演男優賞とブレイクスルー監督賞のW受賞を果たしました! 10月12日に大ヒットスタートでアメリカ公開を迎え...
CMBYNでティモシー・シャラメの虜になった人へ朗報!!『Beautiful Boy (原題)』が日本公開決定♡

CMBYNでティモシー・シャラメの虜になった人へ朗報!!『Beautiful Boy (原題)』が日本公開決定♡

今映画界で最もホットな俳優ティモシー・シャラメの美しすぎる最新作『Beautiful Boy (原題)』の日本公開が決定しました! アカデミー賞脚本賞受賞、主要4部門にノミネートした『君の名前で僕を呼んで』で演じた繊細で知的な美しい少年像や、ゴールデングロ...
ブルーレイ+DVDセットが11月21日に発売決定!映画『レディ・バード』見どころはココ!!

ブルーレイ+DVDセットが11月21日に発売決定!映画『レディ・バード』見どころはココ!!

2018年度ゴールデン・グローブ賞で作品賞&主演女優賞を受賞、そしてアカデミー賞®でも5部門にノミネートされた映画『レディ・バード』のブルーレイ+DVDセットが11月21日に発売決定!そこで、本作の見どころをおさらいしておきましょう! ゴリゴリの思春期エピ...
まだまだこの恋に浸りたい…!映画『君の名前で僕を呼んで』ティモシー・シャラメ、至高の魅力

まだまだこの恋に浸りたい…!映画『君の名前で僕を呼んで』ティモシー・シャラメ、至高の魅力

これから鑑賞したいという方、まだ間に合います! 第90回アカデミー賞で4部門にノミネートされ、見事脚色賞を授賞した映画『君の名前で僕を呼んで』。80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描...
日本での大ヒットを受け、ジェームズ・アイヴォリーから喜びの声!映画『君の名前で僕を呼んで』貴重なコメント到着

日本での大ヒットを受け、ジェームズ・アイヴォリーから喜びの声!映画『君の名前で僕を呼んで』貴重なコメント到着

4月27日(金)より全国公開となり、当初から満席が続出していた映画『君の名前で僕を呼んで』。本作はティモシー・シャラメとアーミー・ハマーが演じる青年2人の、“はじめての、そして生涯忘れられない恋”の行方に10代~20代の若い女性が夢中になり、こぞって劇場に...
母娘がわだかまりを抱えたまま離れる名場面の撮影風景ー映画『レディ・バード』メイキング映像公開

母娘がわだかまりを抱えたまま離れる名場面の撮影風景ー映画『レディ・バード』メイキング映像公開

元“レディ・バード”達から共感の声相次ぐ!映画『レディ・バード』大ヒット上映中 『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンがピンクの髪とガーリーなファッションで、痛々しくも愛すべきティーンエイジャーを熱演し、『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグが念願の単独監...
映画『レディ・バード』-痛々しいけれど、それでも輝いていた思い出と対面する一作

映画『レディ・バード』-痛々しいけれど、それでも輝いていた思い出と対面する一作

映画『レディ・バード』6月1日(金)に公開 他の人とは違うファッションや髪色にしたいとか、恋に恋したり、身近な大人に反抗したり、「嫌いだけど大切」なものをたくさん抱え、自分が特別な人間だと願うこと――そんな思春期の頃の自意識。今思い返してみれば痛々しくもあ...
Return Top