CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

まさに美しいティモシー・シャラメを形容するにふさわしい!最新作の邦題がド直球の『ビューティフル・ボーイ』に決定!

まさに美しいティモシー・シャラメを形容するにふさわしい!最新作の邦題がド直球の『ビューティフル・ボーイ』に決定!
『君の名前で僕を呼んで』の出演の最新作、『』の邦題が『』に決定しました!

本作は8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語。息子と父親それぞれの視点から描いた2冊の回顧録を原作に、家族の愛と再生を描く本作で、シャラメは息子ニック役を、が父親デヴィッド役を熱演しています。

発表された邦題は、原題そのまま(Beautiful Boy)の『ビューティフル・ボーイ』となりました。「ビューティフル・ボーイ」と聞くと、1980年に発表されたジョン・レノンによる同名楽曲を連想する人も多いのではないでしょうか。ジョン・レノンが当時5歳だった息子・ショーンのために書き、数々のアーティストによってカバーされ世界中で愛されている曲です。劇中でも、父・デヴィッドが、息子・ニックの子守唄として口ずさむ場面に使用されており、観客の感情を大きく揺さぶるシーンとなっています。“人生は長い道のり。毎日、あらゆることが少しずつ良くなっていくんだよ”と優しく語りかけるこの曲と父・デヴィッドが、息子・ニックを“愛し、見守り続ける”物語の世界観がシンクロします。

また、このタイトルは、父・デヴィットから見た息子・ニックを表現しているのですが、ニックを演じるティモシー・シャラメは、まさに“ビューティフル・ボーイ”そのもの!この言葉を用いて形容することを誰しもが納得する“唯一無二の存在”として、劇中でもドラッグへ堕ちていく姿さえも美しく、観客の心を魅了します。

映画『ビューティフル・ボーイ』は2019年4月、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開。

監督: (『オーバー・ザ・ブルースカイ』アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)
脚本:(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
出演:スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ
配給:ファントム・フィルム
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
2019年4月、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開
Return Top