CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

愛する人に寄り添い、信じ続ける心に光をあててくれる―映画『ビューティフル・ボーイ』日本版オリジナル予告&ポスタービジュアル解禁

4月12日(金)公開の映画『』より、日本版オリジナル予告とポスタービジュアルが解禁となりました。

愛する人に寄り添い、信じ続ける心に光をあててくれる―映画『ビューティフル・ボーイ』日本版オリジナル予告&ポスタービジュアル解禁

本作は8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語を、実話をベースに描いています。

ドラッグ依存の克服と聞くと共感しづらい題材と感じるかもしれませんが、家族や恋人といった身近で大切な人が苦しんでいるところに直面したことがある人は少なくないと思います。苦しんでいるのが自分自身であれば、何かしら解決する道を考えてみたり対策を行ったりすることもできますが、いくら身近な人のこととはいえその人の苦しみが取り除けるように思った通りの行動をさせるということはできません。そのために、自分には何もしてあげられないとか、どうしたらいいかわからないと深く悩んでしまったという経験もあるでしょう。本作が、そんな人の心に染み入る物語であるということが、今回解禁された予告映像からも感じられます。

『ビューティフル・ボーイ』日本版オリジナル予告

もがき、闘う息子と、彼を愛し信じ続ける父。ドラッグ依存となる息子役のティモシー・シャラメと父を演じるスティーヴ・カレルの真に迫る感情の表現に胸を締め付けられる映像は、「I love you more than EVERYTHING」(すべてをこえて愛してる)という、本編で最も印象的な言葉と2人の抱擁で締めくくられています。

映画『ビューティフル・ボーイ』は2019年4月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開です。

『ビューティフル・ボーイ』公式サイト
監督: (『オーバー・ザ・ブルースカイ』アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)
脚本:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン/(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
出演:
配給:ファントム・フィルム
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
4月12日(金)より TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開
Return Top