CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

コーエン兄弟がハリウッドの裏側を描く!『ヘイル、シーザー』を解説!

「ハリウッド」と聞くと、スターってどんな生活しているのかな…、すごいセットで撮影しているのかな…など、華やかでゴージャスなイメージを抱いたことありませんか?
5月13日(金)より1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代を描いた映画『ヘイル、シーザー!』が公開されます。

『ファーゴ』や『ノーカントリー』などアカデミー賞4度受賞のコーエン兄弟×超豪華オールスターが集結したサスペンス・コメディの本作。ハリウッドの裏側!?と、オモシロすぎるストーリーを解説します。

裏側ではこんなことが!?ハリウッドのヒミツ

0860_03
1950年代前半、映画産業の栄光に目に見えて亀裂が入り始めていました。理由は、映画館への来場者が減り始めたこと。新たなライバルであるテレビの急速な台頭に各メジャースタジオは悩まされていました。さらに、メジャースタジオは赤狩りや冷戦といった第二次世界大戦以降の政治的・社会的情勢の変化にも直面していました。
そんな中、ハリウッドスターたちは、スタジオの上層部に公私両面を厳しく取り仕切られ、管理されていました。出演する作品、服の着こなし方、デートの相手まで指示されており、スターが反抗すると…
スタジオがトラブルを解決するフィクサー(何でも屋)を雇い、スターの軽率な行動が表にでないように画策していました。
具体的に言うと…コーエン兄弟曰くフィクサーの仕事は、
「サンディエゴで飲んだくれるスターを見つけ出し、彼を救って道中で彼が怒らせた相手の口止めをしたり、実はゲイの人物を誰かと結婚させたりすることなんだ」
ハリウッドって裏側ではいろんなことがありそう…ですね。

『ヘイル、シーザー!』ストーリー


1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いているスタジオのフィクサー“何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

演じるのは現代最高のスターたち

0860_02
個性的なキャラクターを見事に演じきるのはコーエン兄弟常連のジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンをはじめ、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、チャニング・テイタムなど、ハリウッド超大作の主役級スターから、アカデミー賞常連の名優まで、コーエン兄弟にしか実現できなかった豪華スターが総出演!

その年のアカデミー賞に直結する話題作が選出されることでも有名な第66回ベルリン国際映画祭で称賛を受けた本作。
最高にゴージャスな大捜査、始まります!

5月13日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
©Universal Pictures

Facebookコメント

Return Top