CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

舞台は2019年から2049年へ―。全ての真実を「知る覚悟はあるか──。」映画『ブレードランナー2049』

革命的SF映画の続編が人間/人造人間(レプリカント)の境界線を崩す!

ストーリー

新たな“ブレードランナー”が追うのは30年前に姿を消した“ブレードランナー”
二人が出会うとき、予想を裏切る展開が待ち受ける


2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けのつかない人造人間“レプリカント”は労働力として生産され、人間社会と危うい共存関係にあった。ロサンゼルス市警のブレードランナー“K”(ライアン・ゴズリング)は、人類への反乱を目論み、社会に紛れ込んでいる違法な旧レプリカントの“処分”任務にあたっていた。そんな最中、Kはレプリカント開発に力を注ぐ科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の<巨大な陰謀>を知る。そして、人類存亡に関わるその陰謀を暴く鍵となる一人の男の存在にたどり着く。その男こそ、30年前、恋人である女性レプリカントと共に姿を消したかつてのブレードランナー“デッカード”(ハリソン・フォード)だった。
彼が命をかけて守り続けた<秘密>とはいったい何なのか?30年のときを経て、封印された<衝撃の真実>が明らかになる。

革命的SF映画たる由縁!“人間とレプリカントをめぐる謎”が語られる


SF映画史上最高傑作として語り継がれ、今なお色あせることなく映画界と世界中のカルチャーを魅了し続けている『ブレードランナー』(82)。その続編となるのが『ブレードランナー 2049』(数字読み方:ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)である。前作では、人類への反乱を目論み、社会に紛れ込んだ違法なレプリカント(人造人間)を処分する捜査官“ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが演じ、斬新でありながら現実的な世界観でSF の金字塔となった。そんな“ブレードランナー”で、公開から30 年以上経った今なおファンの間で議論されているのが、<恋人である女性レプリカントと共に姿を消したデッカードの行方>、<デッカードの正体はレプリカントなのか?>などの謎と、人間と見分けのつかない“レプリカントの是非をめぐる”論争だ。長年決着がつかなかった様々な“謎”があるだけに、本作で重大な“真実”が明かされることに期待は高まるばかり。そして映画史に残るラストに、本当の“人間らしさ”が問われることになる。

キャスト&スタッフ

出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、
カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

映画『ブレードランナー2049』公式サイト
10月27日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【関連記事】:
◆あなたは、最後を見届ける最初の人類になる。映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

Facebookコメント

Return Top