CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

世界3大映画祭すべてで監督賞を受賞!ポール・トーマス・アンダーソンの描き出す映像世界

tumblr_mai7c9OxcH1qzpdnho1_1280
出典:http://www.wired.com/

ポール・トーマス・アンダーソン監督は、1970年生まれの現在45歳の監督です。まだまだ監督としては若手でありながら、カンヌ、ベルリン、ベネチアの3大映画祭すべてで監督賞を受賞するという快挙を成し遂げました。これまでに手掛けた映画は6作品と少ないながらも、リアルな人間を描き出す映像世界が高い評価を受けています。今回はポール・トーマス・アンダーソン監督のおすすめ作品をご紹介します。

ポール・トーマス・アンダーソンの生い立ち

the-master-paul-thomas-anderson
出典:http://www.indiewire.com/

ポール・トーマス・アンダーソンはロサンゼルス出身で、俳優の父親のもとに生まれました。父親と仲が良く、12歳の頃からビデオカメラを買ってもらうなど、映画監督への夢を後押しされてきました。大学に入るもすぐに中退し、短編映画を製作するようになります。撮った短編映画が映画祭で注目を受けたことで、本格的にハリウッドでの監督業を開始することになりました。

トム・クルーズらを起用した『マグノリア』

cruise
出典:https://niels85.wordpress.com/

2000年に日本公開された『マグノリア』は、男女9人の24時間を描いたトム・クルーズ主演の群像劇です。興行収入こそ振るいませんでしたが、批評家からは高い評価を受けています。アカデミー賞では3部門にノミネートされ、ベルリン国際映画祭では金熊賞を受賞しました。

アダム・サンドラ―の新たな面を引き出した『パンチドランク・ラブ』

コメディ俳優として活躍していたアダム・サンドラ―を主演に迎えた本作は、ロマンティック・コメディ作品です。アダム・サンドラ―演じるバリーは女性不信で情緒不安定な寂しげな男性。そんな彼が恋をし、変わっていく様子を描いています。本作でアダム・サンドラーの新たな一面を引き出したポール・トーマス・アンダーソンはカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞しました。

アカデミー賞最多ノミネート『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

twbb-post
出典:http://eletuntcapa.blog.hu/

第80回アカデミー賞最多8部門ノミネート、うち2部門受賞、ベルリン国際映画祭監督賞受賞など、数多くの賞を受賞した『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』。20世紀初頭のアメリカを舞台にした、石油をめぐる人間関係の物語です。主人公ダニエルは残酷な面を持つ山師で、石油を掘り当て大儲けします。石油という莫大な資産を持ったダニエルの人間性や残酷さをリアルに描き出しています。

新興宗教の闇を描き出した『ザ・マスター』

第二次世界大戦後のアメリカで起こった新興宗教のリーダーと、彼に傾倒するようになった青年の物語です。実在の新興宗教団体をモデルにしており、新興宗教問題を鋭く風刺する作品として高い評価を受けました。この作品でポール・トーマス・アンダーソンはヴェネツィア国際映画祭の監督賞にあたる銀獅子賞を受賞し、世界3大映画祭の監督賞を制覇しました。

ポール・トーマス・アンダーソン
出典:http://www.redbrick.me/

いかがでしたでしょうか?まだまだ監督作品は少ないものの、その描き出す映像世界で高い評価を受けているポール・トーマス・アンダーソン。今後の活躍にも注目です。

『パンチドランク・ラブ』
© 2002 Revolution Studios Distribution Company, LLC. All Rights

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
©Buena Vista Home Entertainment、 Inc. and Paramount Vantage、 A Division of Paramount pictures.

『ザ・マスター』
R-15
©MIRAMAX FILM CORP. AND PARAMOUNT VANTAGE, A DIVISION OF PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

Facebookコメント

Return Top