CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

今どうしてる?成長したハリポタ俳優たちの出演作品

アイキャッチ
出典:http://trueviralnews.com/

スピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開や、シリーズ8作目となる最新作「ハリー・ポッターと呪いの子」の舞台上演を控え、再び活気づいているハリーポッターシリーズ。あのころスクリーンの中で魔法を使い私たちに夢と勇気を与えてくれた俳優たちは、今どんな成長を遂げているのでしょうか?

コメディ映画で大活躍!ロン・ウィーズリーことルパート・グリント(『ムーン・ウォーカーズ』より)

アポロ11号は月面着陸していなかった。そんな都市伝説をおもいっきりまじめに映像化した作品です。
時は冷戦、アメリカとソ連による宇宙開発競争真っ只中。失敗続きのNASAは、次のアポロ11号で月面着陸を成功させなければ、ソ連に先を越されてしまうと焦っていました。しかし、宇宙開発に絶対などありません。そこでCIA諜報員のキッドマン(ロン・パールマン)にある指令が下ります。それはロンドンへ行って有名な映画監督スタンリー・キューブリックに、失敗したときの保険として月面着陸の映像を作らせるというもの。しかも秘密保持のために、映像が完成した後はすべての関係者を抹殺することまで言い渡されてしまいます。
ロンドンへ飛んだキッドマンは、キューブリック監督のエージェントであるジョニー(スパート・グリント)に依頼し、大金を渡します。しかしこのジョニーは、実はエージェントでもなんでもなく、ただの借金まみれの売れないバンドのマネージャーだったのです!

ロン・ウィーズリーを演じたルパート・グリントの出演作品です。ルパート・グリントは、イギリスのコメディ映画を中心に活躍しています。

今ではハリウッドを代表する女優の1人に!ハーマイオニーことエマ・ワトソン(『ウォールフラワー』より)

友人を作らずにいつもひとりで過ごしているチャーリー(ローガン・マーラン)は、ある日の授業で、明るく新入生たちを笑わせている上級生のパトリック(エズラ・ミラー)と出会います。アメフトの試合観戦に訪れたパトリックを見かけたチャーリーは、勇気を振り絞って話しかけてみることに。すると気さくなパトリックは、義理の兄弟であるサム(エマ・ワトソン)を紹介し、食事に誘ってくれました。いつもひとりだったチャーリーに、友人ができたのです。
パーティの夜、サムとパトリックに誘われチャーリーはついに壁の花を卒業します。そんなチャーリーを待っていたのは、はみ出し者の島で暮らす少し不思議な仲間たち。誰もが悩みをかかえ、もがき、懸命に生きていました。仲間たちと過ごすうちに、チャーリーはサムへの恋心を育ててゆきます。

ハーマイオニー・グレンジャーを演じたエマ・ワトソンの出演作品です。ハーマイオニーのトレードマークでもあった癖の強いロングヘアをバッサリと切り、キュートなショートカット姿を披露しています。デヴィッド・ボウイの曲に合わせて優雅に舞うシーンは、まさに女神といった風情。不安定な年ごろを見事に表現しています。

愛する人を救うために闘う女性を演じたエマ・ワトソンの主演最新作『コロニア』

ドイツ人キャビンアテンダントのレナ(エマ・ワトソン)は、フライトで南米チリを訪れます。現地で待っていたのは、チリの政情視察に訪れていた恋人のダニエル(ダニエル・ブリュール)。ふたりは旅先でのつかの間の逢瀬を楽しんでいました。しかし突如チリ軍によるクーデターが発生し、ダニエルは反体制派として捉えられてしまいます。混乱の中レナは、ダニエルが「コロニア・ディグニダ」と呼ばれる施設にいることを突き止めます。しかしそこはナチス残党が支配する、脱出不可能とされている要塞。誰からの助けも望めないと悟ったレナは、無謀にも単独潜入を試みます。

エマ・ワトソンの主演最新作です。大人の女性へ成長したエマ・ワトソンの、妖艶な魅力と芯の強さを見ることができる作品となっています。

ハリーのイメージを払拭!ダニエル・ラドクリフが見せる怪演『キル・ユア・ダーリン』

第二次世界大戦中のアメリカ。やっとの思いで入学した大学なのに、アレン・ギンズバーグ(ダニエル・ラドクリフ)は、旧態依然とした授業に失望していました。彼は、そんな折に出会った奔放な学生ルシアン・カー(デイン・デハーン)に、強く惹かれるようになります。ルシアンの仲間たちとも交流を持つようになったアレンは、彼らの生き方やしそうに共感を覚えるようになっていくのでした。
次第にアレンはルシアンに友情以上の感情を抱くようになっていきます。しかし、ルシアンの影にはあるひとりの男がいたのでした。

ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフの主演作品です。あの勇敢なハリー・ポッターからは考えられないほど繊細で、スキャンダラスな人物を演じ切っています。

マジックなんて存在しない!ダニエル・ラドクリフの新境地『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』

大胆な金庫破りやFBIの追跡をかわす逃走劇を演じてみせたマジシャン集団フォー・ホースメン。立証不可能な犯罪の数々でヒーローとなった彼らが挑むのは、巨大IT企業が行っている犯罪の暴露。しかし、科学を信奉する天才エンジニアのウォルター・メイブリー(ダニエル・ラドクリフ)によって阻止されてしまいます。
科学により次々とトリックは見破られ、ホースメンたちはたちまち窮地に立たされます。ホースメンたちは最終決戦の地ロンドンでのスーパー・イリュージョンにすべてをかけて挑むのでした。

マジック(魔法)を使うことで大ブレイクしたダニエル・ラドクリフに、マジック(手品)を否定させるという役柄で話題の作品です。マジックを真っ向から否定する科学者を演じるダニエル・ラドクリフをぜひ劇場で!

成長した三人
出典:http://polki.pl/zycie-gwiazd/

ハリポタ俳優たちの今をお届けしました。いかがでしたか?今後も続々と出演作品が公開予定のハリポタ俳優たちに注目です。

『ムーン・ウォーカーズ』
© Partizan Films- Nexus Factory – Potemkino 2015

『ウォールフラワー』
©2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『コロニア』
©2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH/IRIS PRODUCTIONS S.A./RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH/REZO PRODUCTIONS S.A.R.L./FRED FILMS COLONIA LTD.

『キル・ユア・ダーリン』
©2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』
©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

【関連記事】
◆ハリー・ポッターの魔法学校が、日本の小笠原諸島にもあるってホント!?
◆『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』N.Y.ワールドプレミア レポート

Facebookコメント

Return Top