CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

真似したいのはその透明感♡土屋太鳳ちゃんのこの先出演作まとめ

映画にドラマに、大注目の土屋太鳳ちゃんの魅力をまとめてみました。

太鳳ちゃんPROFILE

運動神経抜群の太鳳ちゃん

運動神経抜群の太鳳ちゃん


1995年2月3日生まれ、東京都出身。0型。
2005年スーパー・ヒロイン・オーディション MISS PHOENIX 審査員特別賞を受賞し、芸能界入りしました。

太鳳ちゃんといえばこの作品!過去の出演作

太鳳ちゃんの過去の出演作と言えば、真っ先に思い浮かぶのがNHK連続テレビ小説「まれ」ですよね。
パティシエを目指して頑張る女の子・津村希(つむらまれ)の成長を描いた物語で、ヒロイン津村希役を熱演しました。このヒロイン役は、オーディションで選ばれたそう。
太鳳ちゃん自身、初のドラマ主演作となりました。
本作で希の同級生&恋の相手として共演したのが山﨑賢人くん。この共演から2人のことをTwitterでつぶやく際は「#けんたお」というハッシュタグが使われるように。

その他の過去の出演作としては、テレビドラマ「鈴木先生」(2011年)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)。映画は、『るろうに剣心』シリーズで巻町操役、『図書館戦争−THE LAST MISSION−』(2015年)などにも出演。2015年に公開された映画『orange -オレンジ-』では、「#けんたお」再共演となりました。

今後はどんな作品に出るの?

『青空エール』8月20日(土)公開

『青空エール』©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社

『青空エール』©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社


別冊マーガレットで連載された大人気コミックの映画化。
トランペット初心者ながらも名門の吹奏楽部に入部し、夢をひたむきに追い続けるヒロイン・小野つばさ(太鳳ちゃん)と、甲子園を目指す野球部員で、つばさと共に応援し合いながら夢に向かって進む山田大介(竹内涼真くん)の青春ラブストーリー。
一生懸命がんばる姿に、思わず応援したくなる!

一生懸命がんばる姿に、思わず応援したくなる!


爽やかな高校生の太鳳ちゃんと竹内涼真くんが、“両片想い”で支え合う姿は、見ている人にも「頑張ろう!」と勇気を与える&「こんな恋がしたい!」と憧れちゃうこと間違いなし!
竹内涼真くん演じる大介じゃなくても、一生懸命な女の子に惹かれちゃいます。
爽やかすぎる2人

爽やかすぎる2人

『金メダル男』10月22日(土)公開

『金メダル男』内村光良

『金メダル男』内村光良


内村光良による初の原作・脚本・監督・主演の映画『金メダル男』。
世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指し続ける懲りない主人公・秋田泉一を知念侑李(Hey! Say! JUMP)と内村光良がW主演する話題作で、太鳳ちゃんは泉一の高校時代の部活後輩で、淡い恋心をいだく相手・横井みどり役を演じます。

『PとJK』2017年春公開予定

別冊フレンドで連載中

別冊フレンドで連載中


めちゃくちゃイケメンな「P(=POLICE・警察官)」と恋愛初心者の「JK(女子高生)」との秘密の結婚を
描く、ドキドキが止まらない年の差カップルのピュアなラブストーリー。
主演の警察官・功太役の恋愛映画初主演の亀梨和也くんと共演します。

『トリガール!』2017年公開予定

自転車練習時の太鳳ちゃん

自転車練習時の太鳳ちゃん


一目ぼれした先輩に誘われるまま「鳥人間コンテスト」を目指す青春ラブコメディ。
太鳳ちゃん、毒舌ツッコミキャラに初挑戦!

太鳳ちゃん、毒舌ツッコミキャラに初挑戦!


今までの優等生イメージとは違う、新しい太鳳ちゃんが観れるはず。

太鳳ちゃんに惹かれるわけ

太鳳ちゃんで有名なのは長文のブログ。真剣な思いがしっかりと書きこまれています。
仕事が忙しいときも、努力をする太鳳ちゃんを知ることができ、応援したくなりますよ。
一生懸命だからこそ、みんなから好かれ、いろんな作品への出演が決まっていくんですね。

これからも太鳳ちゃんの活躍を注目していきたいと思います。


『青空エール』
©2016 映画「青空エール」製作委員会
©河原和音/集英社
『金メダル男』
©「金メダル男」製作委員会
『PとJK』
©「PとJK」製作委員会
『トリガール!』
配給:ショーゲート

Facebookコメント

Return Top