CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

真剣な練習風景からお茶目なオフショットまで♡映画『春待つ僕ら』特別映像公開!

本日12月14日(金)公開の映画『』より、特別映像が公開されました!

ずっと周囲に溶け込めずにひとりぼっちだった美月は、高校入学を機に男子バスケ部の四天王と出会い、ドタバタでハチャメチャな青春DAYSを送ることに。そんな美月のもとに現れたのは、アメリカ帰りの天才バスケ選手で幼なじみの亜哉。美月を助けてくれる永久と、美月に再会するや猛アプローチを仕掛ける亜哉との三角関係。イケメン四天王 VS 亜哉が所属するライバル校との熱戦など、青春ラブストーリーに男同士の爽やかな友情と“友きゅん&スポきゅん”必至の青春映画が誕生!

この度、バスケの練習風景やコメントを収めた特別映像が解禁に!クランクインの数ヶ月前から、バスケ漬けの日々を送っていたキャスト陣。さんは「バスケの練習をみんなとしていたので、ずっと部活をやってきた風景を撮られてるって感覚の方が強かったですね」と部活動のようだったと明かしています。特に4人はバスケの練習だけでなく、常に一緒にいる仲間の空気を出すために極力4人で集まり、練習後は食事に行ったりなど、時間を共有したそう。本映像でもそのチームワークを垣間見ることができます。

真剣な練習風景からお茶目なオフショットまで♡映画『春待つ僕ら』特別映像公開!

そんなバスケ経験者の4人とは異なり、アメリカ帰りの天才バスケ選手・神山亜哉を演じたさんは、バスケ未経験。「特に1 on 1がすごく大変でした。シュートが入る入らないだけじゃなく、亜哉の余裕まで辿りつかないといけなかったので、楽しくも大変だったかなと思います」とプレーだけでなく、天才バスケ選手としての気持ちの余裕を演技で表現することにも苦労したと振り返る小関さんですが、映像では平川雄一朗監督から「亜哉はお前の中にいればいい」という一言で、亜哉というキャラクターを掴んだ瞬間も捉えられています。

真剣な練習風景からお茶目なオフショットまで♡映画『春待つ僕ら』特別映像公開!

そして「芝居の話をすごいした気がする、この現場で。現場じゃないところでも」と同世代の俳優たちと役づくりに真剣に向き合ったことを明かす北村さん。さんもまた「撮影以外での会話がとても大事だったなと思います」と同意。“春僕”チームの青春を、ぜひスクリーンで堪能してみては?

本気のバスケと、友情、そして恋。様々なキャラクターが交差し紡ぎ出す青春の物語は、この冬、誰もが胸を熱くする。映画『春待つ僕ら』は本日12月14日(金)公開です。

『春待つ僕ら』公式サイト
土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
12月14日(金)全国ロードショー
©あなしん/講談社 ©2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会
Return Top