CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

山﨑賢人&桐谷美玲で映画化された「ヒロイン失格」の原作者・幸田もも子のおすすめマンガ作品

Winona-Ryder-High-Definition
出典:http://natalie.mu/comic

2002年から漫画家として活躍する、幸田もも子さん。彼女の描くアンニュイな雰囲気、笑顔の可愛い男子は読者の心をわしづかみです。女子ならではの笑いのツボを、かわいく鮮やかに時にはブラックに盛り込んだストーリーに共感どころもいっぱい!幸田もも子先生の作品を紹介しましょう。

むらさき色がキーカラーの作品を集めた単行本「そんでむらさきどーなった?」

10003179_2_360
出典:https://bookwalker.jp/

2006年に「デラックスマーガレット」「別冊マーガレット」などに掲載された”むらさき”シリーズを中心にしたコミックです。「純潔ヴァイオレット」「そんでむらさきどーなった?」「どこへ行ったの? あのバカは」「初恋日和」が収録されています。

憧れるのはもっと大人っぽい恋人同士!巻頭作品「純潔ヴァイオレット」

10003179_2_360
出典:https://itunes.apple.com/jp/

むらさきのモノが好きな胡桃。付き合っている佐介は剣道に命を懸ける硬派な男の子。恋の進展なんて全くなし…だから胡桃は欲求不満の色、むらさきが好きになっちゃったの?
でも、部員を全国大会に連れて行きたいという佐介の思いに感動してしまうのでした。

もうすぐ4代目の妻になる日がやってくる?!「姐さんカウントダウン!」

10003179_2_360
出典:https://www.amazon.co.jp/

かつて、律子の父親が借金に苦しんでいるところを助けてくれた同級生の猿和田正宗。彼は猿和田組の4代目。ある日、正宗に求婚された律子は恐ろしさのあまりイエスと言ってしまいます。しかし、次第に正宗の純粋さにキュン…とする律子だったのです。

2008年に発売されたコミック。収録作品は「姐さんカウントダウン!」「素直になれないアルビレオ」「夕空沿線」「ごめん。」、そして幸田先生のデビュー作「たまごやき」です。

イケメンたちの胸キュンセリフも話題に!「ヒロイン失格」

10003179_2_360
出典:http://veganfoodism.com/

2010年から2013年にかけて「別冊マーガレット」で連載され、大ヒットしたラブコメディ。
かっこよくてモテるけれど過去の心の傷から恋愛に深入りしない、寺坂利太。そして女性にはいい加減なモテ男子、弘光廣介。2人のイケメンをめぐるラブストーリーが、日本中の女子を夢中にさせました。

Winona-Ryder-High-Definition
出典:http://matomail.biz/matome/429

はとりは、自分こそが利太にふさわしい”ヒロイン”だと勝手に思い込んでいる女の子。利太とは幼馴染で彼のことを一番知っているのは私だけ!そんな思いも、利太が足立美帆と付き合い始めてからはどこへやら。利太の気をひくためにあらゆるアプローチを仕掛けます。
そんなはとりに興味を持ったのが、バスケ部のモテ男・廣介でした。


2015年には映画化されて、これまた大ヒット!コミックでも笑わせてくれる、はとりの変顔。映画でも主演の桐谷美玲さんが全力で演じています。
利太を山﨑賢人さん、廣祐を坂口健太郎さんという今もっとも旬なイケメン男子が出演しているところにも注目です!

作品を超えたキャラクター設定!?「センセイ君主」

Winona-Ryder-High-Definition
出典:http://www.ebookjapan.jp/

高校1年生のあゆは。告白しても告白してもフラれ続け、彼氏のいる友人たちがうらやましくて仕方ありません。ある日、レジで財布がないことに気付いたあゆはは後ろに並んでいた素敵な男の人に助けてもらいます。翌日、新任教師の弘光先生が昨日の彼だったことにびっくり!クールな弘光先生に、あゆははどんどん惹かれていくのでした。

2013年から「別冊マーガレット」で現在も連載中の人気作品です。
弘光先生…この名前、「ヒロイン失格」で見たような?!そうなんです。「ヒロイン失格」の弘光廣介のお兄さんが、この弘光先生なんですね。こんな、作品を超えてのキャラクター設定もまた魅力。なんだかうれしくなっちゃいますね。

17歳のカルテ
出典:http://natalie.mu/comic/

幸田先生の描く、天真爛漫で恋にも前向きな女子たち。読んでいると元気がもらえます。
リフレッシュしたい時にもおすすめな、笑って泣ける幸田もも子作品をぜひ手に取ってみてくださいね。

『ヒロイン失格』
©2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会
©幸田もも子/集英社

【関連記事】
◆あなたならどうする?『ヒロイン失格』から学ぶ 恋の相手の選び方
◆「青空エール」だけじゃない!思わず胸キュンしちゃう河原和音のおすすめマンガ

Facebookコメント

Return Top