CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

今すぐ誰かにおすすめしたい!都内に存在するレトロでかわいい映画館!

original-ccce8a64c2d1639d80ef07bc088d454b0d5a4826
出典:http://play-life.jp/

いつもよく行っているのは、街にある大型の映画館や、デザインも斬新で最新式の映画館などではありませんか?たまには、まるでタイムスリップしたかのようなノスタルジックな風景や建物に、上映が始まる前から雰囲気に浸ってみるのはいかがでしょうか。まるで映画のワンシーンのような気持ちが味わえる、レトロさが残る映画館をご紹介します。

昭和ノスタルジーを感じる「吉祥寺プラザ」

18ada289-s
出典:http://blog.livedoor.jp/

吉祥寺駅北口から7分、街中に溶け込むように佇んでいるのが「吉祥寺プラザ」です。昭和31年開館の歴史ある風情や、赤レンガ風の壁面と電飾が付いた入口前の看板にアットホームな味わいがあり、昭和レトロな雰囲気を感じさせます。吉祥寺プラザは、今では珍しくなってしまった単館ロードショー劇場ですが、上映作品は最新のものであり、内装のテコ入れを行い3D映画作品も楽しめるようになりました。
懐かしさを感じるロビーや自動販売機、チケット売り場も昔ながらの窓口購入と、古き良き時代を思い出させてくれる映画館です。

新宿の街を見守り続けた「新宿武蔵野館」

9352df64f3c9263c080670a54dca936f
出典:http://blog.goo.ne.jp/

新宿駅東口駅前ロータリーすぐ近くにある「新宿武蔵野館」。開館したのは1920年で、関東大震災や戦時中の空襲などの被害を受けながらもその度に再開し、新宿の街を見つめ続けてきた映画館なのです。現在は旧作やB級映画なジャンルに捉われない作品を取りそろえており、主に洋画をメインとしたラインナップを上映しています。水曜日はレディースデーのイメージが強い方も多いかもしれませんが、新宿武蔵野館は、男女問わず1000円で観ることができます。2016年1月から今月9月末まで改装のため、一時休館となっていますが、再開の日が待ち遠しいですよね。

アートな雰囲気を楽しめる「渋谷アップリンク」

4461920050_5be5aebda7
出典:http://www.webdice.jp/

「渋谷アップリンク」の施設内には、映画館だけでなく、カフェやギャラリー、マーケットが併設されており、おしゃれで可愛く、少し不思議な空間が広がっています。また、映像・映画に関するワークショップを開催しており、映画好きなら興味を持つ方も多いのではないでしょうか?上映作品は、ドキュメンタリーなども揃えており、作品一つ一つの上映時間が減ることになっても、限られた枠内のなかで“お客様が新しい作品と出会う機会”を増やすことを意識してプログラムしているそうです。話題性も知名度もないけれど、素晴らしい作品だから1回でいいから上映する、というようなミニシアターの強みを生かした挑戦をしているところにも、こだわりを感じます。

映画ファンに愛されている「早稲田松竹」

c3ae1d96bd5c0459c244f6476151c8bb
出典:https://metimes.jp/

高田馬場駅から早稲田通りを5分ほど歩くと見えてくる「早稲田松竹」。1951年に開館し、1975年から旧作2本立ての名画座になりました。2002年に休館した際には、早稲田大学の学生を中心とした「早稲田松竹復活プロジェクト」により翌年に再開、今でも学生や近所の方から愛されている劇場になっています。プログラムは、過去の名作や時勢にとらわれない監督や俳優を特集しており、デジタル上映だけでなく、35mmフィルム映写機でフィルム上映も行われていたり、オールナイト上映も開催したりと名画座としてのこだわりが見えます。
また、途中退場できるシステムがあるのが特徴で、その日限りで途中退出・途中入場ができる「外出証」というカードがあり、2本立てプログラムを自由に楽しむことが出来ます。

従業員のこだわりが素敵「目黒シネマ」

body_1
出典:https://travel.mynavi.jp/

JR目黒駅から歩いて3分の駅前にひっそりと建っている名画座「目黒シネマ」。邦画や洋画、ヒットしたメジャー作品からマイナーな作品まで様々なジャンルの映画を2本立てで上映しています。入口の「心に残るシネマ名言」のプレートや、ロビーの内装やポップなどは、映画を愛する従業員や支配人の手作りで行われています。ロビーにある映画関連書籍は借りることも可能で、映画好きへのサービスが魅力的です。他の映画館に比べ「番組表割引」「ラスト1本割引き」など、様々なお得な割引プランも豊富になっています。

UplinkBarber_01
出典:http://www.fashion-press.net/

昔ながらのレトロな映画館では、作品を楽しんでもらうためのこだわりが隠れています。作品を楽しむために映画館に行くのはもちろんですが、たまには映画館の雰囲気から世界観に浸って、映画を見るということを満喫してみてはいかがでしょうか?是非、気になった映画館があったら足を運んでみて下さいね。

「吉祥寺プラザ」
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19
TEL 0422-22-5336
公式サイト:http://www.toukoueiga.com/

「新宿武蔵野館」
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F
TEL 03-3354-5670
公式サイト:http://shinjuku.musashino-k.jp/

「渋谷アップリンク」
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
TEL 03-6825-5503
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/

「早稲田松竹」
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1−5−16
TEL 03-3200-8968
公式サイト:http://www.wasedashochiku.co.jp/

「目黒シネマ」
〒141-0021 東京都品川区上大崎2丁目24-15
TEL 03-3491-2557
公式サイト:http://www.okura-movie.co.jp/

Facebookコメント

Return Top