CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『オケ老人!』で映画初主演!双子のママでもある杏のおすすめ出演映画作品

映画『オケ老人!』より

映画『オケ老人!』より

モデルとして海外でも活躍していた、女優の杏さん。2007年に女優としてデビューし、その後はバラエティ、CM、映画など様々なジャンルで活躍しています。
完璧なスタイルと気取らないキャラクターで、男性だけではなく女性からも支持されており、また夫である東出昌大さんとの間に双子の赤ちゃんが生まれるなど、公私ともに充実している杏さんの出演作品を紹介しましょう。

NHKの人気TVシリーズが待望の映画化!『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』

タイムスクープ社の時空ジャーナリスト・沢嶋雄一(要潤)は、”本能寺の変”直後の京都にいました。今回の取材対象者は、幻の茶器を持つ商人を博多まで護衛する命を受けた名もなき侍・矢島権之助(時任三郎)。彼らに密着取材を試みる沢嶋ですが、事態は思わぬ展開に。”未来の武器”を持つ謎の山伏に襲われ、茶器が滝壺へ流されてしまったのでした。このままでは歴史が変わってしまう!ただちに歴史修復作業に取り掛かる沢嶋と、新人ジャーナリスト・細野ヒカリ(夏帆)。消えた茶器の捜索の末、彼らが最後に辿り着いた先は、信長の居城、安土城。奇しくもその日は、安土城が焼け落ちた”最後の1日”だったのです――。

杏さんが演じる古橋ミナミは、タイムスクープ社で要潤さん演じる沢嶋雄一のタイムワープを管理・補佐する役割です。

浮世絵師たちが暮らす活気ある江戸の風景『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』

江戸時代。お栄は父・葛飾北斎の才能を受け継ぎ絵師として暮らしています。しかし恋には疎く、そのせいで男女の絵は色気がないと言われていました。それでも描きつづけるお栄は、目の見えない妹・お猶との時間を大切にしながらも、妹に会おうとしない父にいらだちを感じていました。ある時、お栄の描いた地獄絵図から物の怪が出てくるとの知らせを受けますが、北斎の加筆で事態は収まります。

2015年5月に公開されたアニメ映画です。日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞をはじめ数々の賞に輝き、全米でも公開されました。監督は『クレヨンしんちゃん』シリーズ、『カラフル』などの原恵一さん。北斎の有名な龍図も登場します。
杏さんが声を担当したお栄は、男勝りの女浮世絵師。父親の葛飾北斎を松重豊さん、他には濱田岳さん、高良健吾さん、麻生久美子さんなどが声優として参加しました。

思い出の場所が母の最期の場所だった『星ガ丘ワンダーランド』

幼い頃、家を出て行った母とはそれっきり会っていない温人。家族で行った思い出の場所である遊園地“星ガ丘ワンダーランド”、その近くの星ガ丘駅落し物預り所で大人になった温人は働いています。
ある時、その遊園地で母が飛び降り自殺したと知らされます。そして、義理の姉弟の存在、母が持っていた大金などの事実を確かめるために、温人は疎遠だった兄の元を訪ねるのでした。

2016年3月公開作品。杏さんが演じたのは、温人の母の自殺を不審に感じて捜査をする刑事・大林津奈子です。中村倫也さん、木村佳乃さん、市原隼人さん、菅田将暉さんなどが共演しています。

音楽に歳は関係ない!お年寄り楽団が感動をくれる『オケ老人!』

学生の時からバイオリンを弾いていた高校教師の千鶴(杏)は、アマチュアオーケストラの演奏を聞き感動し、早速入団を希望します。ところが入ったところは憧れの”梅ヶ丘フィルハーモニー”ではなく、よく似た名前の”梅ヶ丘交響楽団”。お年寄りばかりのやる気のないオーケストラだったのです。それでも千鶴は指揮者として彼らを指導し、音楽の楽しさを改めて感じ、演奏会に向けてがんばるのです。

11月11日(金)公開予定の主演最新作。杏さんにとって、映画では初主演となる記念すべき作品です。オーケストラのメンバーには、笹野高史さん、小松政夫さん、藤田弓子さんなどベテラン俳優が揃いました。黒島結菜さん、坂口健太郎さんなどフレッシュな顔も登場しています。

_DSC8120

仕事もプライベートも幸せオーラが輝いている彼女。産後初で姿を見せてくれたのは『オケ老人!』の完成披露試写会でした。母という立場にもなった杏さんは、今後の作品でまた違う一面を見せてくれるかもしれません。期待大ですね。

『劇場版 タイムスクープハンター -安土城 最後の1日-』
©2013 TSH Film Partners

『百日紅(さるすべり)〜Miss HOKUSAI〜』
©2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

『星ガ丘ワンダーランド』
©2015「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会

『オケ老人!』
11月11日(金)、全国ロードショー!
©2016荒木源・小学館/「オケ老人!」製作委員会

Facebookコメント

Return Top