CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己、初共演!人気舞台『散歩する侵略者』を映画化!

国内外で常に注目を集める黒沢清監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。長澤まさみさんと松田龍平さんが初の夫婦役、長谷川博己を含む3人の初共演が発表されました。

豪華初顔合わせが実現

豪華初顔合わせが実現

劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」とは?

2005年初演、その後も再演を重ねる、劇作家・前川知大による劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」。
数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるー。
人類侵略のサスペンスに、ドラマ、アクション、そしてラブストーリー。黒沢清監督が既成概念を覆す、新しいエンターテイメントに挑戦します。

黒沢清監督とは念願の初顔合わせ!

主人公・加瀬鳴海を演じるのは、NHK大河ドラマ「真田丸」や映画『アイアムアヒーロー』、『君の名は。』への声の出演など、ますます活躍を続ける長澤まさみさん
突然、別人のようになって帰ってきた夫に「地球を侵略しに来た」と告白され翻弄される妻という難役と格闘しながら、女性が憧れる強い女性像を熱演してます。
鳴海の夫・加瀬真治役には松田龍平さん。「侵略者に体を乗っ取られた男」という前代未聞の役柄に「彼以外には考えられなかった」という黒沢監督や製作陣からの熱烈なオファーに応えました。
長澤まさみさんと松田龍平さんは、今回が初共演、初の夫婦役。想像を超えた事態に直面し、立ち向かう夫婦の喜怒哀楽を、息のあったコンビネーションで演じています。

そして、町で発生する一家惨殺事件を追ううちに「侵略者」と行動をともにすることになるジャーナリスト・桜井役に、大ヒット作『シン・ゴジラ』での名演も記憶に新しい長谷川博己さん。正義感溢れる内閣官房副長官から一転、クールさと熱さを併せ持つ人間臭いアウトローなジャーナリストという真逆の役どころで、新たな魅力を体現しています。

本作の魅力について、
長澤まさみさん「普遍的な日常の中で、気づかないうちに静かに何かが動き出している…というような、現実味のあるフィクションが好きなので、脚本はのめり込んで一気に読みました。」
松田龍平さん「「侵略者」がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います。」
長谷川博己さん「ラブストーリーでもあれば、男同士の友情を描くノワール映画的な要素もあります。ジャンルを飛び越えた、すごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています。」
と、コメント。

まだ未発表ですが、このほか主役級の豪華俳優陣の出演が予定されています。

行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」…。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?
同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

『散歩する侵略者』
監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢 清  
出演:長澤まさみ 松田龍平 長谷川博己  
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活
©2017『散歩する侵略者』製作委員会
公式Twitter:@sanpo_movie
2017年9月16日(土)全国ロードショー

Facebookコメント

Return Top