CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

​ 『チャーリーとチョコレート工場』が好きなら気に入るかも!おすすめファンタジー映画

100350_001
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

『チャーリーとチョコレート工場』はへんてこな工場主とへんてこな見学者、へんてこな歌が満載のファンタジー。そんな奇妙で不思議な世界がお好みの人ならきっと気に入る映画を紹介します。

『イースターラビットのキャンディー工場』は実写とCGでかわいいウサギたちが大奮闘

100350_002
出典:http://eiga.com/movie/56106/gallery/2/

イースター島にあるキャンディ工場を継ぐことになった、ウサギのイービー。実はドラマーになるのが夢で、島を飛び出しハリウッドへ向かい青年フレッドと出会います。しかしそのすきに、工場乗っ取りを狙うヒヨコたちが…。

オープニングからウサギの可愛さにキュンキュンしちゃう映画です。悪役ヒヨコもとってもかわいくてふわふわ感がたまりません。本当に存在するかのようなCG技術が素晴らしいです。イービーの大好きなドラムに対する情熱や、やりがいを見つけたフレッドの成長などストーリーももちろん楽しめるファミリームービーです。

個性的すぎるキャラクターと幻想的な映像はまさにティム・バートンの世界『アリス・イン・ワンダーランド』

100350_003
出典:http://eiga.com/movie/53230/gallery/3/

親の決めた道を歩むことに疑問を抱いている19歳のアリス。過去にワンダーランドに行ったことを忘れている彼女の前に、再び白うさぎが現れて…。
赤の女王、白の女王、芋虫、ハンプティ・ダンプティなどオリジナルのキャラクターも新たなイメージで登場しています。
ストーリー後半では鎧に身を包み剣を手に戦うアリス。ジョニー・デップ演じるマッド・ハッターとともに、ワンダーランドを救うことができるのでしょうか。

『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督作品。アン・ハサウェイ演じる、キュートな白の女王もお見逃しなく。

『オズ はじまりの戦い』はオズの国のカラフルな美しさと3人の魔女の美しさが素晴らしい

100350_004
出典:http://eiga.com/movie/57264/gallery/

ある日、気球に乗り込んだオズは竜巻にあいオズの国へと飛ばされます。そこで彼は伝説の魔法使いと勘違いされて、魔女たちの争いに力を貸すことになってしまいます。

『オズの魔法使い』に登場するオズがどのようにしてオズになったかという物語を、冒険ファンタジーとして描かれた作品です。モノクロの映像で始まり、オズの国へと気球が入ったところから画面はカラフルに…。1954年のオリジナル映画と同じ展開にもワクワクします。
監督は『スパイダーマン』のサム・ライミ、主演は同じく、『スパイダーマン』でハリー・オズボーンを演じたジェームズ・フランコです。

今ではディズニーの人気キャラクター・ジャックが活躍する『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』

100350_005
出典:http://eiga.com/movie/34271/gallery/2/

暗くて不気味なハロウィンの王、ジャックはある日クリスマスの世界へ迷い込み、華やかでみんなが笑顔のクリスマスに憧れます。そこで、ジャックはサンタの代わりにプレゼントを配ることにするのですが、子供たちを怖がらす結果になってしまいます。

原案・制作ティム・バートンの、ひとコマひとコマ人形を動かしながら撮影していくストップモーションアニメです。印象的な音楽と、骸骨のジャックをはじめつぎはぎ人形のサリーや犬の幽霊ゼロなどの個性的なキャラクターがいっぱい。1994年の公開から人気が絶えず、熱狂的ファンの多い作品です。

アニメだと侮るなかれ。奇妙な世界でちょっと怖くてドキドキする『コララインとボタンの魔女』

100350_006
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

仕事仕事と忙しい両親に不満なコララインはある日、見たことのない小さなドアをくぐり抜けます。その先には、もう一人のパパとママが現実とは違う明るく仲の良い家族としてコララインを迎えてくれます。しかし、そこの住人は目がボタンだったのです。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督のストップモーションアニメ。オープニングからホラーテイスト漂うダークな雰囲気で、大人向けのアニメといった印象です。
「向こうの世界のパパとママ」の笑顔の裏の恐ろしさに震えてください。

Facebookコメント

Return Top