CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

間宮祥太朗初主演作!映画『全員死刑』全世界を震撼させる狂悪エンターテインメント誕生!

2004年9月に福岡県大牟田市で発生した強盗殺人死体遺棄事件―
通称「大牟田一家4人殺害事件」。被告である家族4名に死刑判決が下り、未だ真相が解明されない特異な事件を、異例のヒットを記録した青春群像問題作『孤高の遠吠』(15)で注目を浴びた弱冠26歳、小林勇貴が監督を担当、映像化することが発表されました。

映画『全員死刑』

日本映画史に新たな衝撃を与える狂悪なエンターテインメント作品が誕生!

鬱屈した日々を暮らす兄弟とその家族。
ある日、近所の資産家一家が脱税して溜め込んでいる現金があることを知りその金を強奪する計画が提案される。それはあまりにも無謀な計画。ひとりを殺害したのを機に事態はエスカレート!最狂最悪の殺人家族の暴走が狂いに狂いに狂い咲いて行く!

主演の次男・タカノリ役にはこれが初主演作となり今後も話題作出演が目白押しの人気若手俳優・間宮祥太朗。長男・サトシ役を『ケンとカズ』(16)で2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その家族の父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が小林勇貴の才能に惚れ込み結集。わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語が繰り広げられる―。

映画初主演・間宮祥太朗さん

間宮祥太朗さん&小林勇貴監督コメント

間宮祥太朗さんコメント:
この作品の話を聞いた時は期待も好奇心もありましたが、実在する事件の内容から緊張感と懐疑心も覚えました。小林監督の存在は存じ上げていましたが、『孤高の遠吠』という既視感のない革新的な映画を撮り、この凄まじい事件を映画にしようとしている監督にまず会いたいと思いました。実際にお会いして、何故撮ろうと思ったのか、如何にして撮るのかだけではなく監督が日々感じている怒りや喜びを聞き、その話している姿と眼差しを見てこの作品に主演で立つ決意が固まりました。
毎熊さん、六平さん、入絵さんと一家として過ごした時間はデタラメで滑稽な密度の濃いものでしたし、清水さんとの度重なるファイティングイチャイチャはとても楽しい掛け合いでした。そして凶暴なスケジュールと小林監督の聞いたことのない様な演出をものともしない(ある程度はしてたかもしれない)男気と女気を見せたスタッフの方々は本当に格好良かったです。小林勇貴監督の初商業作品という挑戦に間宮祥太朗映画初主演という挑戦をぶつけてくる日活のプロデューサーさんはきっと未開の地が好きな冒険家か何かなのだろうとこれを書きながら改めて思っています。そんな冒険であり挑発でもあるこの作品を楽しみにしていてください。この映画は風刺ではなく狂悪エンターテインメントです。

小林勇貴監督コメント:
人生でいつか商業映画を撮ってみたい!いつかこの原作で撮りたい!その両方が1作目で1度に叶いました。あまりの過激さにyahooニュースのコメント欄が荒れるだけでは済まないと思います。世界中で炎上騒ぎが起きることでしょう!いいことです!15歳未満から死に損ないの老人まで楽しめる最高のエンターテイメントになっています!ていうかよぉ、題名聞けばわかんだろ?全員死刑にしてやるよ!!

小林勇貴監督

大牟田4人殺人事件とは?

2004年9月に福岡県大牟田市で発生した強盗殺人死体遺棄事件。裁判では被告である家族4名全員に死刑判決が下った特異な事件である。金銭トラブルが原因で連鎖的な殺人、死体遺棄に至ったと推測されているが、未だ真相は解明されていない。その事件を「ヤクザと原発:福島第一潜入記」の著者・鈴木智彦が獄中の「死刑囚」である次男の手記を基に「我が一家全員死刑」を執筆。「自分はヤクザとして筋は通している。もちろん死刑になっても構わない」と反省の色をみせない次男の淡々とした文章で、当時の犯行が生々しく綴られている。

この獄中手記と事件を基に小林勇貴監督は果たして、映画としてどのように昇華させるのか?
『全員死刑』は、今秋 狂気と感動のロードショー。

プロデューサー:
千葉善紀(『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』プロデューサー)
西村喜廣(『東京残酷警察』『蠱毒 ミートボールマシン』監督)
監督・脚本:小林勇貴
脚本:継田淳
原作:「我が一家全員死刑』(コアブックス刊)
出演:間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子 清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき
配給:日活・東京テアトル
R15+
『全員死刑』公式サイト
©2017「全員死刑」製作委員会

【関連記事】:
◆藤原竜也と伊藤英明W主演&初共演!衝撃の問題作『22年目の告白―私が殺人犯です―』公開決定

Facebookコメント

Return Top