CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

芸能界入りのきっかけは下駄箱掃除!?女優・尾野真千子のおすすめ出演映画作品

アイキャッチ
出典:http://matome.naver.jp/

多くの役柄を精力的にこなし、国内外を問わず数々の賞を受賞してきた女優・尾野真千子さん。出演する映画作品も多岐に渡ります。そんな幅広い役柄をもつ尾野真千子さんのおすすめ作品をご紹介します。

スクリーンデビューは監督のスカウト!『萌の朱雀』

萌の朱雀
出典:http://laughy.jp/

過疎化が進む村の実情を、小さな恋を絡めながら描いた作品です。尾野さん演じるみちるは、いとこの栄介に思いを寄せる高校生です。しかし、栄介はみちるの母親に思いを寄せていました。そんなとき、村の活性化の希望であった鉄道工事が中止になってしまいます。これをきっかけにみちるの周囲は大きく変化することになっていくのです。

尾野さんが初めてスクリーンデビューを飾ったのは中学生の時。『萌の朱雀』という作品でした。監督の河瀨直美さんがロケハンで訪れた街で、下駄箱を掃除する尾野さんを目撃したことがきっかけとなり、出演を果たしました。

カンヌ国際映画祭グランプリを受賞『殯(もがり)の森』

殯の森
出典:http://blog.goo.ne.jp/

河瀨直美監督と再びタッグを組んだこの作品で尾野さんが演じたのは、家族を失った過去を持つ介護士でした。奈良県のの山間部にあるグループホームでは、老人たちが静かに暮らしていました。そのなかのひとりしげきと、新しく赴任してきた介護士・真知子が出会います。始めはぎくしゃくしていた2人でしたが、次第に打ち解けるようになっていきます。

謎のヒロイン役を熱演『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』

大泉洋さん、松田龍平さんと共演した本作で、尾野さんはヒロインである河島弓子を演じました。美人ヴァイオリニストである弓子は、オカマのマサコちゃんの死の真相究明を探偵たちに依頼します。はちゃめちゃな言動で探偵たちを振り回す弓子でしたが、殺されたマサコちゃんとの間には切ない関係がありました。

2人の息子を巡り、複雑な思いを抱える母親役に『そして父になる』

福山雅治さんが父親役を演じ、是枝祐和さんが監督を務めた本作。尾野さんは福山さん演じる野々宮良多の妻みどりを演じました。幸せな日々を過ごす野々宮家に、ある時事件が起こります。6歳になる息子が実は生まれたときに取り違えられており、実の親子ではなかったのです。相手家族と交流を始めますが、様々な困難が2つの家族を襲います。

大人になった主人公を演じ、深みのある演技を魅せる『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』

多感な中学生たちが起こした学校裁判の様子を描いたミステリー作品で、尾野さんが演じるのは、主人公中原涼子の大人になった姿です。映画は涼子の回想という形で進んでいきます。ナレーションが多く出演時間は短いものの、過去の自分たちを振り返る優しい演技は、大人になった涼子の深みを感じさせてくれました。

367906_solo1_B2

これからも出演作の公開予定が目白押しの尾野真千子さん。その深い魅力に触れてみてください。

『萌の朱雀』
©1996 WOWOW/バンダイビジュアル

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
©2013 「探偵はBARにいる2」製作委員会

『そして父になる』
©2013『そして父になる』製作委員会

『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
©2015 「ソロモンの偽証」製作委員会

【関連記事】
◆長瀬智也「胸を張って大好きと言える」映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』ファングリーティング&大階段セレモニー&完成披露試写会舞台挨拶
◆もはや国民的人気!今年も引っ張りだこな俳優・大泉洋の映画出演作品

Facebookコメント

Return Top