CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

猫好きにはたまならいシュールさ。映画『猫侍 南の島へ行く』の猫がカワイイ


猫を携えた侍、北村一輝が南の島で様々な事件に遭遇します。とりあえず、登場する猫が可愛くてしかたないんです。

猫侍って?

猫侍-1
主人公は、北村一輝さん演じる、元加賀藩剣術指南役で、無双一刀流免許持ちの斑目久太郎。
かつては「まだら鬼」と恐れられた凄腕の剣客だったものの、リストラされて浪人生活を送っていました。そんなある日、一匹の白猫・玉之丞と出会います。ひょんなことから玉之丞と生活を共にすることになった久太郎。
それが猫侍なのです。

強面の侍とかわいい猫のギャップがたまらない

猫侍-2
猫侍の魅力は、何と言っても強面の侍と、かわいい猫のギャップ。北村一輝さん演じる斑目久太郎は、常に強面、まるで鬼の形相です。しかし、その懐を開くと、そこから白い猫が顔をのぞかせる。これには猫好きもそうでない人も、誰もが思わずほほ笑んでしまいます。

今回は猫侍が南の島へ行きます

猫侍-3
ある日久太郎のもとへ、土佐藩から剣術指南役の誘いがあり、久太郎は愛猫・玉之丞と共に一路土佐へ向かうことに。しかし謎の忍者に襲われ、土佐行きの船に乗り遅れてしまいます。そこで小舟を借りて海へと漕ぎ出す久太郎と玉之丞。今作では、南の島に漂着した久太郎と玉之丞の物語が描かれます。

玉之丞のロマンス!?

猫侍-4
今作では黒猫のヤムヤムが登場し、玉之丞とのロマンスを演じます。南の島に漂着した猫侍と玉之丞、無事に土佐へとたどり着くことができるのでしょうか?玉之丞とヤムヤムの恋の行方も気になるところです。

『猫侍 南の島へ行く』
9月5日(土)全国ロードショー
(C)2015「続・猫侍」製作委員会

Facebookコメント

Return Top