CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

働くオフィス女子におすすめな映画4選(ネタバレあり)

働いてお疲れの女子にぴったりな映画を4点選んでみました。恋愛からコメディまで、映画を見てリラックスしよう。一部ネタバレを含みます。

恋する?恋しない?ただいま脳内会議中!『脳内ポイズンベリー』

携帯小説家の櫻井いちこは、飲み会で同席して以降興味を惹(ひ)かれる年下の早乙女と偶然再会。声を掛けるか否か、彼女の脳内ではいろいろな役割を持つメンバーが会議を繰り広げ、議長の吉田が取りまとめた結果、早乙女を食事に誘うという結論に。その後交際に至るも、双方の誤解や彼の元恋人の登場などで疲れ果てたいちこは、編集者の越智(成河)からもアプローチされ……。

■みんなのレビュー
アラサー女子が、ある男性に対するアプローチで悩む様子を、脳内会議として描くという設定が興味を引きます。コミカルなシーンを中心に、時にはシリアスな場面を交えつつ同世代の女性に向けた応援メッセージを込めているような感じもします。主演にはいま脂の乗っている女優真木よう子、共演にMOZUで共演した西島秀俊や神木隆之介ら豪華俳優陣を迎え、それぞれが個性を発揮しどんなドラマを繰り広げ、どんな結末を迎えるのか楽しみです。/ブルーマン

 

世界的に有名な“普通の独身OL”ブリジット・ジョーンズが映画になった!『ブリジットジョーンズの日記』

235071view011
出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/ブリジット・ジョーンズの日記/235071/photo/?page=11

日本を含む世界各国でベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説を映画化した爽やかコメディ。ブリジット・ジョーンズは出版社勤務のOLで32歳、独身。彼女は新年にあたってひとつの決意をします。「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つける!」そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」――はたして彼女の誓いは無事達成されるのでしょうか?

■みんなのレビュー
ロンドンの出版社に勤める32歳の独身女性のブリジットが主人公のこの映画。恋愛に夢中のブリジットが酒の飲みっぷりや性格を直すために日記をつけます。そんなブリジットが様々な恋愛を通じて本当の恋を見つけるストーリー。観てると自分も恋をしたい気持ちになります。恋のソワソワやウキウキ、女の子なら誰でも共感できるはず!可愛くて面白いブリジットの姿も見所です!/せしる

 

「百万円貯まったら、この家を出て行きます!」『百万円と苦虫女』

20080710002ec0000view
出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/百万円と苦虫女/329811/story/

就職浪人中の鈴子は、アルバイトをしながら実家で暮らしていました。彼女は仲間とルームシェアを始めますが、それが思いも寄らぬ事件に発展し、警察の世話になります。中学受験を控えた弟(齋藤隆成)にも責められ家に居づらくなった彼女は家を出て、1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという根無し草のような生活を始めることに…。

■みんなのレビュー
日々の生活に嫌気がさした蒼井優さん演じる主人公鈴子が100万円貯めては各地を転々と移動し生活していく映画です。そこで出会う人達との青春を描いた作品。何と言っても蒼井優さんの可愛さがたまらないですね!観ているうちに、蒼井優さん演じる鈴子の気持ち良いくらいの潔さが好きになり、自分の100万円の旅がしたいと思うようになります。誰が観ても楽しめる映画です。/せしる

 

明日も上を向いて歩こう!そう思わせる極上の恋愛賛歌-『コクリコ坂から』

main
出典:https://retrip.jp/articles/1177/

東京オリンピックの開催を目前に控える日本。横浜のある高校では、明治時代に建てられた由緒ある建物を取り壊すべきか、保存すべきかで論争が起きていました。高校生の海と俊は、そんな事件の中で出会い、心を通わせるようになり…。

■みんなのレビュー
全体的にあっさりとしたタッチで描かれています。作画はさすがのジブリで、細かいところまで丹念に描かれており、絵を見ているだけでも満足できます。最後はハラハラしましたが、最終的にはハッピーエンド?だと思いました。/miyuki

 

『脳内ポイズンベリー』
(C)水城せとな/集英社 (C)2015フジテレビジョン 集英社 東宝
『ブリジットジョーンズの日記』
(C)2001 Universal Studios, StudioCanal and Miramax Film Corp. All Rights Reserved.
『百万円と苦虫女』
(C)2008「百万円と苦虫女」製作委員会
『コクリコ坂から』
(C)2011 高橋千鶴・佐山哲郎・GNDHDDT

Facebookコメント

Return Top