CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

山﨑賢人×広瀬アリス W主演!謎解き始めます!映画『氷菓』予告編&ポスタービジュアル解禁

累計220万部突破、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズ初実写映画化『氷菓』が山﨑賢人さん、広瀬アリスさんW主演で11月3日(金・祝)より全国公開されます。
本日、待望の予告編とポスタービジュアルが解禁されました。

本日解禁されたポスタービジュアル

謎と青春に満ちた予告映像が解禁!


ただの青春映画とは違う!?、ミステリアスな空気感が漂う予告編が解禁されました。
映像は、気になりだしたら誰にもとめられない、好奇心MAXお嬢様・える(広瀬アリス)の「私、気になります!」の一言から始まります。
前半では省エネで無表情、しかしその天才的な閃きで難問を次々と解決する奉太郎(山﨑賢人)と、天使級に明るい笑顔と性格で、奉太郎の潜在的推理力を呼び覚ます、えるの姿が対象的に描かれます。やがて“10年前に失踪した叔父”、“33年前に学園から消された事件”、“封印された文集「氷菓」に秘められたメッセージ”など、過去と未来の映像が交錯し、いくつもの謎が時間を超えて複雑に絡まりあい…。
奉太郎率いる古典部チームの奮闘や、やらなくてもいいことならやらない、省エネ主義の奉太郎が、えるの為に謎解きをする心境の変化にも注目!
タイトル「氷菓」に込められたメッセージを知った時、これまでにないミステリーを味わえる青春劇となっています。

予告編の解禁と一緒に、ポスタービジュアルも解禁!青春の眩しさと、その裏に隠された過去からのメッセージを予感させる、本作の魅力がたっぷり詰まったビジュアルに仕上がっています!

映画『氷菓』ストーリー


「わたし、気になります!」奉太郎の安穏な高校生活が彼女の一言で一変した。
「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし、気になります!」となると誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。中学からの旧友、伊原摩耶花(小島藤子)と福部里志(岡山天音)も入部し、新生古典部が発足した。えるの好奇心に巻き込まれるうちに、学園で起こる不思議な謎を次々と解き明かしていく奉太郎。そんな奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼にある依頼をする。「10年前に失踪した伯父がえるに残した言葉を思い出させてほしい」― それは33年前に学園で起きたある事件へとつながっていたのだった。彼らは、33年前に発行された古典部文集「氷菓」と歴史ある学園祭に秘められた真実を解き明かすべく、歴史の中に埋没し、伏せられてきた謎に挑んでいく。

甘いだけが青春じゃない、冷たく切ない“謎解き青春学園エンタテインメント”映画『氷菓』は、11月3日(金・祝)全国公開です。

山﨑賢人 広瀬アリス
小島藤子 岡山天音
天野菜月 眞島秀和 貫地谷しほり(特別出演)
本郷奏多/斉藤由貴
監督・脚本:安里麻里
原作:米澤穂信「氷菓」(角川文庫刊)
主題歌:イトヲカシ「アイオライト」 エイベックス・トラックス
製作:「氷菓」製作委員会
制作プロダクション:角川大映スタジオ
配給:KADOKAWA
©2017「氷菓」製作委員会

【関連記事】
◆祝・23歳!ドラマに映画に大活躍の山﨑賢人くんお誕生日特集!
◆生誕から30年。大人気コミックの実写映画化『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

Facebookコメント

Return Top