CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

みやぞんが奇蹟を起こす!会場が感動の渦に!?映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ナみやぞん試写会レポート

「東野圭吾市場、最も泣ける感動作」と高い支持を受ける小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の実写映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が9月23日(土)より公開されます。
9月7日(木)、公開に先駆け秋葉原UDXシアターにて、ANZEN漫才(あらぽん/みやぞん)のお2人をゲストに迎え、一夜限りのナみやぞん試写会が行われました。

“奇蹟”か、“偶然”か!?
みやぞんの回答に会場内が感動…!

MCの呼び込みに、「こんばんわ~」と元気よく登場するあらぽんさんとみやぞんさん。

まず、映画の感想を聞かれたあらぽんさんは「手紙が繋ぐ意外な展開に驚きの連続でした。」、みやぞんさんは「本当に感動しました!皆さんもそうでしょう?…あまり多くは話せないですけどね。」と回答。
みやぞんさんの微妙すぎる回答に、会場からクスクスと微妙な笑いが起こっていました。

続いて、時を超えて手紙が届く本作の設定に因み、“もし時を超えて手紙を出すなら誰に出したい?”という質問に、あらぽんさんは「伊能忠敬さんに日本地図を作るとき大変だったことを聞きたい!」と答え、みやぞんは「ぼくは織田信長!いくらお殿様でもクーラーないと夏は大変じゃない?って聞いてみたいですー」とみやぞんらしい珍回答を披露し、あら ぽんさんの「誰も共感してないよ!」と突っ込みが。

更には“今一番のお悩みは?”という質問にみやぞんさんは 「海外で喋れないことが悩みですねー。」と語り、一瞬真面目なお悩みかと思った矢先、「この前サブウェイで頼み方がわからずに、『オール』でと頼んだら凄いサイズで(笑)」と微妙なお悩みを披露し、会場の爆笑を誘っていました。

どんな質問にも答えてくれるナミヤ雑貨店に因み、雑貨店に寄せられた質問に対してANZEN漫才の2人ならどうこたえるか?という“ナミヤ雑貨店お悩み回答チャレンジ”。
『いつも100点を取るにはどうすればいいですか?』という劇中でも登場した質問が出ると、「そもそもどうして100点を取りたいんでしょう?だってその場で100点を取っても、もっと別のところでも100点取らないといけないんだから。それよりも、100点をとろうと頑張った自分を評価して欲しいですー。」とコメントすると、会場の空気はそれまでのお笑いムードから一転、みやぞんの奇蹟の回答に感嘆の声が上がりました。

イベントの最後は、ナミヤ雑貨店のテーマソング「お悩み雑貨店」を披露。みやぞんとあらぽんの歌に合わせ、説明のないままみやぞんさんに促され会場とコール&レスポンスも。

MCよりこの歌の意味は?と問われると、みやぞんは「映画を観た後にすぐ作りました。この映画が手紙が人と人とを繋いだように、この歌でお客さんと繋がりたいなと思って作ったんですー!」とまたまた奇蹟の回答。
大きな拍手と笑い声の中、イベントが締めくくられました。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ストーリー


一夜を明かすため、敦也が幼馴染みと一緒に忍び込んだ古い家。そこはかつて店主・浪矢雄治が悩み相談を請け負っていたナミヤ雑貨店だった。廃業したはずの店内に、突然32年前からの悩み相談の手紙が舞い込んでくる。時を越え、手紙のやり取りをはじめる敦也たち。次第に雑貨店の秘密と相談者たちと自分たちの共通点が明らかになり・・・。
時間と空間を越えて、繋がりの謎が明らかとなる時、思いもよらない感動と驚きのラストが待ち受ける――。

主演のHey! Say! JUMP 山田涼介さん、雑貨店主の西田敏行さん出演の感動作『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、9月23日(土)より公開です。

原作:東野圭吾 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫 刊)
出演:山田涼介、村上虹郎、寛 一郎、成海璃子、門脇麦、林遣都、萩原聖人/尾野真千子/西田敏行
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
配給:KADOKAWA/松竹 (共同配給)
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』公式サイト
©2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

【関連記事】:
◆山田涼介が咆哮!映画『鋼の錬金術師』メインキャラクター揃い踏みの新ビジュアル&初出し映像満載<予告Ⅲ>一挙解禁!
◆西田敏行、山田涼介を大絶賛も突っ込まれてタジタジ!?映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』豪華キャスト大集結の完成披露舞台挨拶イベント!

Facebookコメント

Return Top