CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

濃密すぎる人間ドラマで、どっぷりハマれるおすすめ映画4選(ネタバレあり)

濃密な駆け引きが繰り広げられて、いつの間にか映画に入りこんでいるおすすめの映画4選です。一部ネタバレを含みます。

日本映画界を背負う実力派俳優たちが織り成す、忘れられない家族の物語-『そして父になる』

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできましたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が、病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明します。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。

■みんなのレビュー
育ててきた息子が実の息子じゃなかったと病院から連絡があり、交換をいつするか?という話しになります。血の繋がりを取るのか、今までの時間をとるのか…。とても難しく簡単には決められない話しなんですが家族の気持ちが決まらないままに交換してしまいます。ですが、急に生活が変わって上手くいく訳もなく困難の連続で子供も嫌になってしまい、自力で今まで住んでいた家に帰ってしまったりします。最後は自分が今まで育ててきた息子に会いに行くシーンで終わり、結果的にどうなったのか分からないままだったんですが正解はないって事なんだな…と感じる映画でした。/りんごちゃん

 

ベストセラー小説を映画化した異色のシンデレラストーリー『嫌われ松子の一生』

20060525002ec0000view
出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/嫌われ松子の一生/323681/story/

昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていました。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまいます。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになり……。

■みんなのレビュー
中谷美紀さんの演技が見事です。教師、ソープ嬢、殺人犯と,あらゆる役を見事に演じております。CGが駆使されたファンタスティックなミュージカルシーンもあり、飽きの来ない展開です。全体的にコミカルに進行しますので、重いテーマですが楽しく見られます。/Zzzz

 

今度のディカプリオは、美しくミステリアスな大富豪、「ギャツビー」。『華麗なるギャツビー』

ニックが暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビーと言葉を交わす仲になります。どこからやって来たのか、いかにしてばく大な富を得たのか、なぜパーティーを開催し続けるのか、日を追うごとに彼への疑問を大きく膨らませていくニック。やがて、名家の出身ながらも身寄りがないこと、戦争でさまざまな勲章を受けたことなどを明かされるが、ニックはこの話に疑念を持ち…。

■みんなのレビュー
俳優陣をみて何となく観ようと思ったこの映画ですが、その映像の美しさに圧倒されました。さすがムーランルージュの監督!軸となるストーリーは主人公であるレオナルド・ディカプリオとデイジー役のキャリー・マリガンとの恋なんですが、これがまたびっくりするくらいの純愛。ただし女は怖い…というか人間は怖いですね。結局自分が一番大切。キャリーはあんなに愛していたディカプリオのもとを去ってしまいます。破滅していくディカプリを見ていられないと思いつつ、その姿さえ美しく描かれていました。/

 

妻夫木聡と竹内結子主演で描く、大正時代を舞台にした切ないラブストーリー。『春の雪』

20051109000ec0000view
出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/春の雪/322351/story/

侯爵家の子息、松枝清顕と伯爵家の令嬢である綾倉聡子は幼なじみの仲でしたが、聡子はいつしか清顕に想いを寄せるようになっていました。しかし、不器用な清顕は、その愛情表現に対してうまく応えることが出来ませんでした。

■みんなのレビュー
三島由紀夫さん原作の文学作品です。大正初期の華族のラブストーリーです。時代ならではのしきたりや、考え方がとても印象深いです。悲しい結末が、作品を見終わったあとの切なさへとつながります。“純愛”の世界に“どっぷり”浸れます。また、衣装やセットなど、当時の貴族の華やかな様子がとても綺麗に映像化されており、見応えがあります。/Zzzz

 

『そして父になる』
(C)2013『そして父になる』製作委員会
『嫌われ松子の一生』
(C)2006 「嫌われ松子の一生」製作委員会
『華麗なるギャツビー』
(C)2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『春の雪』
(C)2005「春の雪」製作委員会

Facebookコメント

Return Top