CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

可愛いキャラクターが登場する超絶鬱マンガ「おやすみプンプン」

20151210171839
出典:http://b-rulership.hatenadiary.jp/entry/2015/12/10/174307

この漫画の主人公は、鳥のような形をした可愛いキャラクター。なのにその内容ときたら、人間の醜い部分をエグり出すような内容の連続で、「読んだら鬱になる!」という感想が続出。それでもなかなか読むのを止められない不思議な漫画「おやすみプンプン」の世界をほんの少しご紹介します。

「おやすみプンプン」ってどんな漫画?

block1_プンプン
出典:http://buzz-manga.blog.jp/Oyasumi-PUNPUN-vol1-13-All-Volumes.html

これが主人公のプン山プンプン。この絵を見れば、誰もが「ほのぼのとした内容の漫画かな?」と思いがちですが、実際は全く真逆。人間が経験するであろう、ネガティブで人には言えないような出来事がほぼ全て網羅されていて、読めば鬱になる事間違いなしです。それでいて何故か人気があり、読み始めたら止められないという摩訶不思議なこの漫画。実はプンプンはどこにでもいる普通の少年で、読者にだけこんな鳥みたいな形に見えているのです。そんな”普通の少年”プンプンが少年から大人へ成長していく過程を、人間の陰の部分を全面に押し出して、あくまでリアルに描いていきます。

プンプンが想い続ける女性、田中愛子。

block2_愛子
出典:https://twitter.com/aikochan_bot
プンプンの初恋の人、田中愛子。

block2-2_愛子とプンプン
出典:http://isuta19xxx.blog24.fc2.com/blog-entry-26.html?sp
愛子とプンプンのキス。

自分のいる小学校に転校してきた、田中愛子という少女に一目惚れしてしまうプンプン。この2人の関係が終始この物語の根幹となります。愛子ちゃんの母親は新興宗教にハマっていて、その家から逃れたかった彼女は、プンプンと鹿児島の親戚の家に行こうと約束します。ところがその約束の日、愛子ちゃん母親が自殺未遂を図り、この出来事が2人を疎遠にする決定的なきっかけとなります。それでもプンプンは愛子ちゃんの事をずっと想い続けていくのですが…。

プンプンのよき理解者、雄一おじさん。

block3_雄一
出典:http://ameblo.jp/deal925/theme80-10008731596.html

block3-2_雄一と翠
出典:https://cakes.mu/posts/5608
雄一おじさんと翠

プンプンの叔父、小野寺雄一。プンプンのよき理解者でしたが、自身も闇を抱えています。過去に起こした事件に対する罪の意識にすがりながら生き、女性に興味を持つ自分を軽蔑し、人生そのものに絶望しています。偶然入った喫茶店で出会った元看護士の翠と紆余曲折の末結婚しますが、2年後に不倫をしてしまった自分を許せず失踪、自殺未遂を図ります…。

プンプンの心の声、「神様」。

block4_神様
出典:http://curet.jp/article/2173

たまに登場する不思議なキャラクター「神様」。プンプンに対して、時に過激に、時に優しく、心に響く言葉をかけます。「どんな人生でも人は必ずいつか死ぬ。これだけは平等だ。そんな人生で人が選べる選択肢はたった2つしかないって知ってた?やるかやらないか。それだけだっつーの!!」…まさにその通り。そして人はそれが簡単に決断できず、悩み、苦しみます。実はこの「神様」はプンプンの”自意識”なのです。

プンプンの生活を一変させた、南条幸との出会い。

block5_南条幸.jpg
出典:http://looseboys.blog40.fc2.com/blog-entry-116.html
プンプンをようやく幸せに導いた、南条幸

block5-2_三角
出典:http://ameblo.jp/shun-thefuzzbox/entry-10825186562.html
自己嫌悪の末、三角錐に変化してしまったプンプン。

プンプンと愛子は別々の高校になり、さらに遠い存在となりますが、プンプンの彼女に対する想いは募るばかり。高校を卒業して20歳のフリーターになっても想いは変わらず、気づけばずっと愛子を探し続けていました。この頃プンプンは自分の不器用さに、ますます自己嫌悪が深まり、なんと三角錐の形に変わってしまいます。そんな時、漫画家志望の南条幸という女性と出会います。彼女自身、整形・離婚など暗い過去を持ち、よく似た境遇のプンプンを放っておけません。そして2人は共同作業で漫画を作っていく事になり、関係を深めていきます。雄一と並ぶ最大の理解者を得て、ようやくプンプンは人並みの幸せを感じて生活できるようになるのですが…。

愛子との再会、そしてプンプンの決断は?

block6-1_愛子
出典:http://there2.jugem.jp/?eid=632

block6-2_プンプンと愛子
出典:http://blog.livedoor.jp/konno0234/archives/52134421.html
愛子との再会を果たし、容姿も変貌したプンプン

幸と出会い、ようやく人並みの生活を送れるようになったプンプンの前に、探し続けていた愛子が突然現れます。するとプンプンは幸のことなどすっかり忘れ、愛子に夢中になり、幸や仲間との連絡を一切断ってしまうのです。ここから物語は急展開を見せ、衝撃のラストへ突き進んでいきます。

そして、衝撃の結末へ…

block9_約束.jpg
出典:http://saredosannbyou.hatenadiary.jp/
忘れられない愛子の言葉。

block9_短冊
出典:http://www.online-instagram.com/tag/
愛子が短冊に込めたメッセージ。

運命的な再会を経て、2人はある重大な事件を起こしてしまいます。そして逃避行の末、10年前の約束の地、鹿児島へ向かう2人。ある時ふと、彼女がつぶやきます。「もしあたし達が離れ離れになったとしても…七夕の日は、お互いの事を思い出そうね…」と。「あなたがずっと私を忘れませんように」と書かれた短冊の意味するものは?そして翌朝、2人が迎えた衝撃の結末とは…??

漫画界の歴史に残る作品「おやすみプンプン」

block10_浅野いにお
出典:http://www.cinemacafe.net/
「おやすみプンプン」の作者、浅野いにお。

こんな暗い漫画をなんで好んで読むんだろう?それはこの漫画が、誰もが一度は必ず経験する不安・孤独・自己嫌悪など、ネガティブな部分を隠すことなく、リアル過ぎるぐらいの表現で描かれている、漫画史上まれにみる作品だからでしょう。そして、そのドロドロとした部分が、主人公が可愛いいキャラクターに描かれている事で緩和され、読み手が感情移入しやすくなっている事も人気の大きな要因となっています。漫画だからと言って、ファンタジーな要素を求めるだけではなく、人間が生きていくには苦難の連続、そんな当たり前の事を赤裸々に描き、漫画の常識を根底から覆すこの作品、一見の価値ありです。

Facebookコメント

Return Top