CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

許されない、けれどすべてを捧げた恋ー。主演・松本潤、ヒロイン・有村架純 映画『ナラタージュ』

主演・松本潤、ヒロイン・有村架純。
壊れるくらい、あなたが好きでした。
許されない、けれどすべてを捧げた恋ー。あなたは一番好きだった人を思い出す。

ストーリー


大学2年生の春。泉(有村)のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山(松本)から、 後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。 葉山は、高校時代、孤独な泉を心配し、演劇部に勧誘してくれた教師だった。 自分に居場所を与え、救ってくれた葉山に惹かれていく泉だったが、当時の葉山の気持ちがつかめず、卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまい、泉は高校を卒業する。

卒業公演のための練習で、葉山と泉は再会。 泉と同級生であり演劇部 OB の黒川や志緒、そして黒川の大学の同級生で演劇経験のある小野と現役の演劇部の生徒たちとの日々を過ごしながら、葉山と泉は再び惹かれあい、想いを募らせていく。

二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。 かつて、高校時代に「妻とは別れた」と聞いていた泉はショックを受ける。 葉山を忘れようと決意した泉は、自分を想ってくれる大学生の小野(坂口)との幸せを選ぼうとするが、一方で小野は、葉山を忘れられない泉に対し、愛情と嫉妬が織り交ぜられ た複雑な感情をぶつけ始める。

そんな中、悲しい事件が起き、傷つく葉山を見た泉は―。

キャスト

葉山貴司(はやま たかし)役: 松本潤(まつもと じゅん)
「 僕が君を必要としていたのは本当で――君が僕を救ってくれたんだ 」
社会科の高校教師で演劇部の顧問。学校になじめない泉を演劇部に誘う。生徒思いだが、ある過去の出来事によって、逃れられない影を背負っている。

工藤泉(くどう いずみ)役: 有村架純(ありむら かすみ)
「先生、私には、あなたでした。居場所のなかった私を、救ってくれたのは、あなただっ
た ん で す 。」
孤独に苛まれていた高校生活を、葉山によって救われる。大学進学後、葉山からの誘いにより、後輩の卒業公演に参加。再会によって、葉山への想いが抑えられなくなる。

小野怜二(おのれいじ)役: 坂口健太郎(さかぐちけんたろう)
「 俺、工藤さんのことが好きだ …」
演劇部の OB である黒川と同じ大学に通う靴職人を目指す大学生。黒川に誘われ、泉たちと共に、演劇部の卒業公演に参加する。泉を好きになるが、泉の葉山への想いに気づき嫉妬に苛まれていく。

宮沢慶太(みやざわけいた)役: 瀬戸康史(せとこうじ)
泉が就職した映画会社の後輩。泉を慕う

葉山美雪(はやまみゆき)役: 市川実日子(いちかわみかこ)
葉山の妻。ある事件を起こし、心のバランスを崩し、葉山とは離れて実家で暮らす。

山田志緒(やまだしお)役: 大西礼芳(おおにしあやか)
泉と同級生だった演劇部 OB。泉の親友。黒川と付き合っている。

新藤慶(しんどうけい)役: 古舘佑太郎(ふるたちゆうたろう)
演劇部のまとめやく。柚子と親しい。

塚本柚子(つかもとゆずこ)役: 神岡実希(かみおかみき)
演劇部のヒロイン。ある事件に巻き込まれる

金田伊織(かねだいおり)役: 駒木根隆介(こまきねりゅうすけ)
先生と間違われがちな、演劇部のムードメーカー。

黒川博文(くろかわひろふみ)役: 金子大地(かねこだいち)
泉と同級生だった演劇部 OB。同じ大学の小野を卒業公演に誘う。

スタッフ

監督:行定勲 
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊) 
脚本:堀泉杏
音楽:めいなCo.

製作:「ナラタージュ」製作委員会
制作プロダクション:東映東京撮影所
制作協力:ザフール
企画協力:KADOKAWA
配給:東宝=アスミック・エース
©2017「ナラタージュ」製作委員会
10月7日(土) 全国ロードショー
映画『ナラタージュ』公式サイト

【関連記事】:
◆松本潤×有村架純、壊れるくらいの愛が溢れる…映画『ナラタージュ』野田洋次郎が手掛ける主題歌入り予告編解禁!
◆坂口健太郎が有村架純を抱きしめる♡禁断の“純愛物語”『ナラタージュ』場面写真一挙5点解禁!

Facebookコメント

Return Top