CinemaGene(シネマジーン)

たった一日で終わってしまった結婚、新婚の若いふたりに何が起きたのか―?映画『追想』ポスタービジュアル&予告編完成

映画『追想』――儚く、美しい、唯一無二のラブストーリー

「アムステルダム」でブッカー賞を受賞し、数多くの話題作を生み出しているベストセラー作家イアン・マキューアンの小説「初夜」を、シアーシャ・ローナン主演で映画化した『追想』が8月10日(金)よりTOHO シネマズシャンテ他にて公開となります。

主人公となるのは、結婚式を終えたばかりの20 代前半の夫婦。初夜に起きたある出来事が原因で運命が狂ってしまう男女の心情が、繊細かつ緊迫感を持って描かれています。美貌と才能に恵まれながらも、心に闇を抱えるバイオリニストのフローレンスをシアーシャ・ローナン。そして、夫となる歴史学者を目指す純朴な青年のエドワードにはビリー・ハウルが扮します。愛するがゆえに生まれてしまうすれ違い。胸を締め付けられるような切なさと共に、最後には静かな波のような感動が押し寄せてくる、新たなラブストーリーがここに誕生しました。

運命だったはずのふたりの初夜に何が?ポスタービジュアルと予告編が完成!

たった一日で終わってしまった結婚、新婚の若いふたりに何が起きたのか―?映画『追想』ポスタービジュアル&予告編完成
この度、本作のポスタービジュアルと予告編が完成しました!ポスタービジュアルでは、物語の舞台となるチェジル・ビーチが描かれており、“一生忘れられない恋だった”というキャッチコピーと、決して埋めることのできない距離を感じる2 人の姿が映し出されています。

また予告編では、恋人だった2 人が将来の夢を語るシーンから始まり、運命の出会い、初デート、対照的に異なる家庭環境を乗り越えるシーンなどの2 人の軌跡を追想。そしてついに結ばれ初夜を迎えた時、運命の歯車が狂いだしてしまうのです。たった一日で終わってしまった2 人の結婚の裏には何があったのか―?

イギリス若者文化の“黄金時代”とも呼ばれた60 年代「スウィンギング・ロンドン」直前の、保守的な社会の中での上品で文学的な雰囲気や、フローレンスのクラシカルなファッションも物語を彩る重要な要素となっています。

映画『追想』は8月10日(金)より TOHO シネマズ シャンテ ほか全国ロードショー。

『追想』ストーリー

1962 年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な空気が社会を包んでいた。そんななか、若きバイオリニストのフローレンスは歴史学者を目指すエドワードと恋に落ち、人生をともに歩むことを決意する。結婚式を無事に終えた2 人が新婚旅行として向かったのは、美しい自然に囲まれたドーセット州のチェジル・ビーチ。しかし、ホテルで2 人きりになると、初夜を迎える緊張と興奮から、雰囲気は気まずくなるばかり。ついに口論となり、フローレンスはホテルを飛び出してしまうのだった。家庭環境や生い立ちがまるで違う2 人であっても深く愛し合っていたが、愛しているからこそ生じてしまった“ボタンの掛け違い”。それは、今後の2 人の人生を大きく左右する分かれ道となってしまう。フローレンスとエドワードにとって、生涯忘れることのできない初夜。その一部始終が明かされる……。

映画『追想』
8月10日(金)より TOHO シネマズ シャンテ ほか全国ロードショー
監督:ドミニク・クック(BBC「嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~」)
原作・脚本:イアン・マキューアン【「初夜」新潮クレスト・ブックス刊、村松 潔(訳)】
出演:シアーシャ・ローナン、ビリー・ハウル、エミリー・ワトソン、アンヌ=マリー・ダフ、サミュエル・ウェスト他
配給:東北新社
© British Broadcasting Corporation/ Number 9 Films (Chesil) Limited 2017

【関連記事】
◆“大人になる瞬間”の儚さと美しさを描く、シアーシャ・ローナン主演映画『追想』日本公開決定
◆【シネマジーンの映画ノート】『レディ・バード』レビュー

Return Top