CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

野村「柳の女優魂をすごく感じた」映画『純平、考え直せ』野村周平×柳ゆり菜インタビュー

古めかしい任侠の世界と現代の闇を映し出すSNSの世界を舞台に、新宿・歌舞伎町のチンピラである坂本純平と、偶然出会ったOLの加奈が限られた3日間を刹那に駆け抜け、現代を生きる若者たちの葛藤を激しくも瑞々しく描いた映画『』。本作で主人公の坂本純平を演じたさん、純平と3日間を共にするヒロイン・山本加奈を演じたさんにインタビューしてきました!

野村「柳の女優魂をすごく感じた」映画『純平、考え直せ』野村周平×柳ゆり菜インタビュー

――台本を読んだ感想と、役に対する印象を教えてください。

:純平と出会ったことで、ただなんとなく毎日を過ごしていた加奈の人生が動き出していく様子が素敵でした。女優として冥利に尽きる役でしたし、加奈は一人の女として幸せだなと思いました。

野村:台本を読んでみて、メッセージ性のある作品だと感じましたし、そういった作品に僕を選んでくださったことがとても嬉しかったです。純平は今の時代にはなかなかいないまっすぐな男で、かっこいいなと思いました。

――役を演じるうえでのこだわりは?

:これまでは演じる役を魅力的に見せたいと思うことが多かったのですが、加奈は等身大の女の子として表現したいと思いました。夢や目標を持っていない20代くらいの女の子が観たときに、自分を投影できるような存在にしたかったんです。そんな女の子が純平と出会ったことで魅力的になっていくので、純平との関係ができてからは野村くんの演技をしっかり受けてお芝居するように意識しました。

野村:僕は役を作るというよりも、約10年やってきた芝居への思いを素直にぶつけました。生半可な気持ちでやってきたわけじゃないというのが、目や表情を通して感じ取ってもらえたら嬉しいです。

――純平と加奈、お互いの思わず惚れてしまうポイントは?

:純平は刹那的なところ!次の日にはいなくなってしまいそうな雰囲気があって、だからこそ一緒にいる時間をすごく大切にしたいし、この人と同じリズムで歩きたいと思いました。野村くんも話していましたが、男らしくて、まっすぐで、今を一生懸命生きる姿に、男性としての魅力をとても感じましたね。あれは惚れちゃう!

野村:加奈は純平に興味津々で、天真爛漫なところがかわいいですね!最初こそグイグイ来る加奈のことを「何だこいつ」と思っていましたが、そういった部分に惹かれていったんだと思います。

:そういう子ってかわいく見えてきたりするもんね!

野村「柳の女優魂をすごく感じた」映画『純平、考え直せ』野村周平×柳ゆり菜インタビュー

――お互いの印象は?

野村:今回柳さんと一緒にお芝居をして、女優魂をすごく感じました。本気で“女優”として頑張っていこうという熱意と覚悟が伝わってきましたね。

:野村くんはフレンドリーで人懐こいワンちゃんみたいでした!自然体に見えて、実はいろいろと考えているところが素敵だなと思いましたし、今回の純平役が野村くんでよかったです。

――お二人で演技について話したことはありましたか?

:そういう話は特にしていないですね。

野村:何の話をしたか覚えていないくらい、世間話はよくしてたよね?(笑)

:私そんなに話してなかったような気がするんだけど…(笑)

野村:あれ、僕たち仲良くなかった?(笑)

:いや、仲は良かったはず…!(笑)

Return Top