CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

キャスト&監督、作品に込めた“熱”を存分に語る!映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台挨拶レポート

12月15日(土)東京・新宿ピカデリーにて、映画『』の公開“Anniversary”舞台挨拶が行われ、さん、さん、さん、さん、さん、さん、監督が登壇しました!

キャスト&監督、作品に込めた“熱”を存分に語る!映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台挨拶レポート

――まずは一言ずつご挨拶をお願いします。

土屋「みなさん、おはようございます。春野美月を演じました、土屋太鳳です。今日はみなさんにお会いできて本当に嬉しいです。今映画を観ていただいたばかりということで緊張しておりますが、いかがでしたか?」

(拍手)

土屋「ありがとうございます!この回の上映時間が朝の8時台ということで、ものすごく早く出発してくださった方もいると思います。本当にありがとうございます。たくさんの方々の愛情のおかげで、無事に『春待つ僕ら』誕生日を迎えることができました。今日はみなさんとそのお祝いの時間を全力で楽しめたらなと思います。」

北村「朝倉永久役を演じました、北村匠海です。今日は本当にありがとうございます。たくさんの方に映画を観てもらって、すごく嬉しいです。ここに今立っているキャストと監督だけではない、いろんな人が汗水を垂らしながら作った、たくさんの要素が詰まっている映画です。ここからこの映画がどんどんいろんな人に観てもらえたらいいなと思うのですが、まずは今日みなさんに観てもらって嬉しいです。今日は最後まで楽しんでください。」

小関「神山亜哉役を演じました、小関祐太です。本日は本当にありがとうございます。ようやく公開日を迎えたということなんですけど、いろんな映画に携わらせていただく中で、公開初日を“0時00分になった!14日になった”とすごく緊張しながら待っていた経験があまりなかったので、今回は本当に緊張しました。それからすごく楽しみにしていました。“お!0時00分!まだ上映していないけど初日だ~!”って、一人で祝ってて(笑)家でバランスボール乗りながらやってました(笑)この神山亜哉という役を作品を感じながら、楽しみつつ悩みつつ全力で演じました。たくさんの人の心に届くことを願って初日を迎えたので、多くの人に観てもらいたいと思う今でございます。少しの時間ですが楽しんでいってください。」

磯村「若宮恭介役を演じました、磯村勇斗です。昨日公開して、本日舞台挨拶ということで、たくさんの方に来ていただきまして、この作品もすでに観てくださったということなので、観た後の気持ちの勢いを僕たちも一緒に感じながら、今日は盛り上げていきたいと思います。ぜひ楽しんでいってください。」

杉野「多田竜二役を演じました、杉野遙亮です。今日公開ということで…」

磯村「違う違う!昨日!(笑)」

稲葉「散々裕太が0時のくだりやった後だから!(笑)」

杉野「すいません!昨日公開ということですが(笑)、Twitterとかでいつも宣伝をするときに写真を見返して、今日はこの写真を投稿しようかなとやっている時間が愛おしくて。あのときの熱量だったり、結構思い更けることも多くて、公開は嬉しいことだけど、それと同時に寂しいなと思う気持ちもあります。どんどん盛り上がっていけば、今後とも僕もできることがたくさんあると思うので、これからもみなさまの力をお借りしたいと思います。たくさん盛り上がっていってください。」

稲葉「宮本瑠衣役を演じました、稲葉友です。本日は足元が抜群に良い中、そして数ある作品の中からこの作品を選んで足を運んでくださってありがとうございます。この時間を共有できるのは、この瞬間しかないので、映画同様楽しく素敵な時間にできたらと思います。みなさんお付き合いください。」

キャスト&監督、作品に込めた“熱”を存分に語る!映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台挨拶レポート

平川監督「監督の平川です。今日は本当に朝早くから寒い中、映画を観ていただいて本当にありがとうございました。心は温まりましたか?」

(拍手)

平川監督「そうでしょ?(笑)おもしろかったと思ってくれた方はまた観てほしいし、世代を問わず楽しめるように自分なりに作ったつもりなので、このあと家に帰ったあと、お父さんお母さん、お兄ちゃんお姉ちゃん、弟や妹におすすめしていただけたらと思います。」

キャスト陣も「映画館に観に行きたい」
この作品に込めた“熱”を語る!

――昨日無事に初日を迎えましたが、今のお気持ちはいかがですか?

土屋「卒業式に参加するような気分です…!朝ドラの前と後とでは演じる役柄のタイプが全然違っていて、朝ドラ後はキラキラした青春映画が比較的に多くて、そのスタートを切ったのが2015年なんです。そこから約3年経って、高校生も3年で卒業するじゃないですか。私も女優として3年間制服を着続けさせていただいて、集大成なのかなと思いながら撮影していたので、その作品がこうやって無事にお届けできるのは本当に嬉しいなと思います。」

キャスト&監督、作品に込めた“熱”を存分に語る!映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台挨拶レポート

北村「長いこと取材だったりとか、東京以外の場所に行ったりとかしていて、やっと公開かという感じが強いですね。0時を待ったり、バランスボール乗ったりもしていなかったんですけど(笑)、昨日普通に劇場で『春待つ僕ら』観てる人もいるんだって思ったら、すごく不思議な気持ちでした。ありがたい気持ちでいっぱいですよね、磯村くん?」

稲葉「あんまりこのタイミングで振ることないけどね(笑)」

磯村「ビックリしちゃった!」

北村「今目線の先に入っちゃったから(笑)」

――小関さんいかがでしょう?

小関「本当は初日に映画館に自分で足を運んで、映画を観に行こうと思って映画館を調べていたんですけど、合う時間がなくて行けなかったです…」

稲葉「行けなかったって話なんだ(笑)」

小関「今日か明日… あ、今日は無理だから明日行こうと思います!(笑)」

磯村「今日は舞台挨拶だからね。」

稲葉「今日は一緒に仕事しよう!(笑)」

Return Top