CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

『シン・ゴジラ』で高橋一生が演じた巨災対の安田はカワイイ

突如現れた未知の巨大な怪獣を相手に、人々が立場を越えて協力し合い、人類の知を結集して戦略を立て、戦いに挑むのが激アツな映画『』(2016)。ゴジラを相手に戦う登場人物たちは一癖も二癖もあるキャラクターたちばかりで、男子も女子もみんなかっこいい!今回はそんな登場人物の中から、さん演じる巨災対の「オタク」こと安田龍彦の魅力をピックアップ!

『シン・ゴジラ』あらすじ

突如東京湾羽田沖に現れた謎の巨大生物。やがてそれは多摩川河口から川をさかのぼり、蒲田に上陸して這いまわりながら街を破壊する。前代未聞の事態に対応が遅れる日本政府。その後巨大生物は再度東京湾へと姿を消したが、甚大な被害が出てしまった。その生物の正体については米国より情報がもたらされ、太古の深海海洋生物の生き残りが海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した「ゴジラ」と呼ばれる生物であることが判明する。政府ではゴジラの再上陸に備え、矢口蘭堂内閣官房副長官(長谷川博己)を事務局長に据え、「巨大不明生物特設災害対策本部」(巨災対)が設置される。こうしてゴジラを凍結させるための対抗策「矢口プラン」の検討が始まった。

数日後、驚くべき進化を遂げて巨大化したゴジラが鎌倉に再上陸すると、自衛隊による迎撃作戦が実行されるが、ゴジラはこれを突破し東京都へ侵攻。米軍の協力も得てゴジラへの攻撃が行われるが、都心部はゴジラによる火炎放射やビーム発射により壊滅状態に。この時、大勢の被害者を出し、内閣総理大臣を含めた多くの政府関係者も亡くなってしまう。ゴジラは一時動きを停止し、再び活動を開始するのは2週間後であると予測された。多くの犠牲に直面しながらも、ゴジラ対策の特命担当大臣に任命された矢口と巨災対の面々は再びゴジラが動き出すまでの間にその生態を分析し、有効な凍結プランの準備を進めていく。

しかしそんな折、米軍がゴジラに向けて熱核攻撃を行うことが決定。東京に核攻撃をさせるわけにはいかない、と巨災対及び政府関係者が熱核攻撃の前になんとか凍結プランを確実なものにするため、各々のフィールドで戦う。そしてその努力が実を結び、自衛隊・米軍共同で矢口プラン改め「ヤシオリ作戦」の決死の実行をもって、日本は多くの被害を出しながらもゴジラを凍結させることに成功する。壊滅した都市の復興、ゴジラの活動再開の可能性とそれに伴う米軍による核攻撃の計画など、問題は山積されてはいるが希望のある結末を迎えた。

Return Top