三者三様の“嬉しい”で感謝を伝える!映画『うちの執事が言うことには』大阪舞台挨拶レポート

三者三様の“嬉しい”で感謝を伝える!映画『うちの執事が言うことには』大阪舞台挨拶レポート イベントレポート

5月19日(日)大阪・梅田ブルク7にて、映画『うちの執事が言うことには』の舞台挨拶が行われ、永瀬廉(King & Prince)さん、清原翔さん、神宮寺勇太(King & Prince)さん、久万真路監督が登壇しました!

三者三様の“嬉しい”で感謝を伝える!映画『うちの執事が言うことには』大阪舞台挨拶レポート

キャスト陣、公開を迎え改めて感謝を!それぞれが感じた“嬉しい”とは?

本編上映終了後の場内に3人が姿を現すと、待ちわびた観客からは一斉に割れんばかりの拍手と悲鳴のような歓声が!MCから「できれば関西弁で…」と挨拶を促されると、永瀬さんは「おはようございまーす!今日はしんどいこと忘れて、バリ良い思い出作っていきましょう!」と元気よく挨拶。一方、清原さんが「使い方が分からなかったから」と標準語で挨拶すると、「なに?機嫌悪いん?(笑)」と永瀬さんが清原さんをいじる場面も。早速2人の仲の良さが垣間見えました。

物語の鍵を握る赤目役を演じた神宮寺さんは、上映後の観客に向かって「もう見てくれたんですよね?ご覧になった後だと僕を見る目が少し変わっている方もいらっしゃると思いますが、そういうふうに思ってもらえることが嬉しいです。せやかて(笑)」と、撮影現場で流行っていたという関西弁“せやかて”を無理やり(?)語尾に付けてみせ、お茶目な一面を見せました。

そんな神宮寺さんの正しくない“せやかて”を聞いた永瀬さんは、「ジン(神宮寺)がさっき言っていた“せやかて”の正しい使い方を。」と、関西弁を使わずに挨拶した清原さんにレクチャー。それを受けた清原さんが改めて、「今日は朝早いですけど、“せやかて”、みんな楽しんでいきましょう!」と挨拶し、関西らしいユーモア溢れる雰囲気で舞台挨拶がスタートしました。

地元・大阪に初主演作を引っ提げての凱旋となった永瀬さんは「地元の友人達も観てくれているみたいで、照れくささもありますけど、大阪でやることにすごい喜びを感じています!」と感無量な様子。

清原さんは、「朝早くからこんなにたくさんの方に観て頂いて、(東京での舞台挨拶を)全国で中継もしていただいて、僕が想像しきれない範囲で色々な方に観て頂けているな、とすごく嬉しいです。」と、前日の東京での舞台挨拶を振り返りつつコメントしました。

客席を見渡しながら、会場に詰めかけた大阪の観客について触れたのは神宮寺さん。「(ファンの)うちわがちょっと派手なのかな(笑)大阪って派手な人が多いイメージがあるんですよ。だって (観客が持っている)ポスターにすごいラメとか入っているもん(笑)。でもこういうのを作ってくれる…時間を費やしてくれていることが嬉しいですよね。」と、大阪ならではのファンの雰囲気について述べました。

そして話題は、撮影時に苦労したシーンや印象に残っているシーンに。永瀬さんは、自身のクランクインのシーンでもあったという、多くのエキストラが参加したパーティー会場のシーンを挙げ、「僕は人見知りで、エキストラも多くて緊張して、汗も垂れてきて、汗のシーンでNGになったりもして。苦労しましたね。」と撮影当時を振り返りました。

物語上でも重要な花穎と衣更月が仲違いするシーンを挙げた清原さんは、「(そのシーンの撮影時、永瀬と監督と3人で)綿密にお話しをさせて頂いたので。監督があのシーンを撮った夜、(達成感で)1人で飲みに行ったと聞いて、嬉しかったですね。」と、監督のプライベートも暴露。

神宮寺さんは、大学生でありながら企業家という役柄だったことから、普段使わない言い回しが多かったそうで、「分からない言葉はネットで検索してました(笑)」と、役作りの強い味方がインターネットであったことを明かしました。

一方、本作のメガホンを取った久万監督は、映画初主演を務めた永瀬さんについて、「永瀬くんは、(撮影に)入る前に、プライベートでも涙が出ないんですよ、と不安がっていたんですが、ラストシーンを撮った時にボロ泣きしていたので、芝居じゃなく本当に花穎になりきったんだと思った。」と話し、それを聞いた永瀬さんは「すごい褒められた…」と、少し照れながらも喜んだ様子を見せました。

you're currently offline