CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene編集部が選ぶ2015年のマイベスト映画!

今年も残すところ本日と明日を残すのみ・・・
テレビでもスペシャル番組がたくさん放送されていますが、CinemaGeneも年末年始特別企画!CinemaGene編集部が選ぶ2015年のマイベスト映画!を紹介したいと思います。
みなさんの2015年マイベスト映画はどんな作品でしたか?

編集部唯一の男子T♪のマイベスト映画

『セッション』2015年4月17日公開
第87回アカデミー賞で助演男優賞ほか計3部門を受賞した本作。
Tのオススメポイントは、
●先が読めない展開で、まったく飽きが来ない。
●主人公の心が痛いくらい伝ってくる、そんな巧みな心理描写、表現
●教官のスパルタ指導方など思わず目を背けたくなるシーンが何度もあるけど、ラストの爽快感はすごい!

【ストーリー】
名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。
ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。
だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの
常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。
浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。
恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

筋金入りのジャニヲタ!KinKi担!Cのマイベスト映画

『HERO』2015年7月18日公開
人気ドラマ「HERO」の8年ぶりとなる劇場版第2作目。
Cのオススメポイントは、
●ドラマシリーズと変わらず、個性的なキャラが登場!
●テンポのいい掛け合いと、観ているこっちまで突っ込みたくなっちゃうような面白い展開
●そして・・・北川景子様、美しかったです♡

【ストーリー】
ネウストリア公国大使館の裏通りで、パーティーコンパニオンの女性が車にはねられ死んだ。東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)は、事務官の麻木千佳(北川景子)と共に事故を起こした運転手を取り調べる。すると、ふたりの前に、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れた。現在、大阪地検難波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が、久利生が担当する事故の被害者女性だったのだ。

筋肉好きのプロレスファン!Nのマイベスト映画

『ジュラシック・ワールド』2015年8月5日公開
『ジュラシック・パークIII』以来14年ぶりの新作!4DX©で見るのに最適でした!
Nのオススメポイントは、
●恐竜の迫力がとにかくすごい!
●クリス・プラットがかっこよすぎる!

【ストーリー】
『ジュラシック・パーク』から22年…予期せぬトラブルにより『ジュラシック・パーク』では
実現に至らなかった、地球史上最大のテーマパークが遂にオープン!

若手イケメン発掘が大好き!Kのマイベスト映画

『シンデレラ』2015年4月25日公開
5週連続ランキング1位を獲得!短編アニメ「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」と同時上映でした。
Kのオススメポイントは、
●よく知ってるはずの物語である「シンデレラ」がこんなにも新鮮に感じるなんて!
●王子様の強い意志とまっすぐな心。見ているこちらも恋に落ちました。

【ストーリー】
貿易商の父と優しく美しい母の愛情を一身にうけ、幸せな子ども時代を過ごしていたエラ。しかし、母が病に倒れこの世を去り、仕事で長旅が多い父は、エラをひとりで家に残すことを忍びなく思い、新たな妻を迎え入れるが、旅先で父までもが帰らぬ人となってしまう。すると、まま母と姉たちはエラに辛くあたるようになり、山のような仕事を言いつけ、屋根裏に住まわせ、召使のような扱いをするように…。

編集部のマイベスト映画いかがでしたか?
公開間もないので、あえて選ばなかったのですが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は納得の作品でした。
ここに入ってない作品の中では、『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』や、邦画では『新宿スワン』や『ビリギャル』なども話題になりましたね。
2016年も、皆さまと一緒に映画を楽しめたらと思います!
よろしくお願いいたします!!

Facebookコメント

Return Top