CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

女の子の永遠の憧れ!オシャレな街 パリを舞台にした映画

アイキャッチ
出典:http://sgourmet.blog94.fc2.com/

1度は、フランス・パリに訪れてみたいという憧れを持っている女性も多いですよね。ファッション、料理、街並み、住んでいる人の生き方、文化や芸術…どれもオシャレに感じます。今回は、そんなパリを舞台にした映画をご紹介いたします。

少し幸せをお裾わけしてもらえる『アメリ』

amelie
出典:http://www.myfrenchfilmfestival.com/

小さい頃から空想の世界で遊ぶのが好きだったアメリ。22歳になった今でも、古いアパートで一人暮らしをしながら、モンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては空想し、他人を少しだけ幸せにするイタズラを仕掛けることを楽しみにしていました。そんなある日、遊園地のお化け屋敷とセックスショップで働く、不思議な青年ニノに出会ったアメリは恋をしますが、内気なためどうしていいかわからず…。

自分の気持ちを認め、向き合い、表現することって難しいですよね。でも、少しだけ勇気を出してみてもいいかな、そんな気持ちになれる作品です。インテリアや色彩がオシャレで、フランス映画らしいセンスの良い作品です。アメリが働いているカフェは、パリに実在しているお店なんですよ!

パリの街並みと大人の恋を堪能できる『ビフォア・サンセット』

a0212807_22413721
出典:http://yansue.exblog.jp/

9年前、ユーロトレインの車内で出会い、ウィーンの街で一夜を共にしたアメリカ人のジェシーと、フランス人のセリーヌ。半年後の再会を約束して別れましたが、そのまま9年の月日が流れてしまいます。作家となったジェシーは、新刊のプロモーションでパリを訪れます。書店でのイベントで、セリーヌと運命の再会を果たしますが…。

1995年に公開された『恋人までの距離』から実際に9年後に発表された続編作品です。会話で成り立っている作品ですが、パリの風景が複雑な感情を抱えた男女の気持ちにぴったりで、ひとつひとつのシーンが印象的な作品です。

パリを舞台にした映画の決定版『パリ、ジュテーム』

parisjetaime
出典:https://screenandscript.wordpress.com/

パリの街そのものをテーマに、パリの各地区を舞台に、様々な場所で撮られた人間ドラマを描いた、1話およそ5分、全18話の構成からなるオムニバス・ムービーです。それぞれの短編は、世界中の名だたる映画監督たちが集結し、それぞれの視点からパリの一面を切り取っています。ナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッドなど、出演陣も豪華です。多くの人が思い描く“憧れのパリ”として、住む人々の日常である“等身大のパリ”として描かれています。パリの新たな魅力が見つかるかもしれませんよ。

フランスで50年以上愛されている絵本を映画化『プチ・ニコラ』

tirard
出典:http://www.outsideintokyo.jp/

1960年代のパリ。優しい両親に大切に育てられ、大好きな友達に囲まれ楽しい毎日を送るニコラ。ところがある日、両親の会話を耳にした彼は、弟が生まれると思い込んでしまいます。弟が生まれたら、自分は森に捨てられてしまうかもしれないと不安になったニコラは、仲間たちに相談します。出産を阻止するため、両親の機嫌を取ろうとするニコラでしたが…。

フランスの国民的絵本を映画化した作品です。パリを舞台に、ニコラと仲間たちがあっちへこっちへ奔走する姿が愛らしくもおかしくもあります。とにかく、悪ガキも落ちこぼれも優等生も皆可愛いです。フランスらしく、ほのぼのとしているだけでなく、ブラックユーモアもあり上品さもあり、大人でも楽しめる作品です。

ウディ・アレン監督流のパリ『ミッドナイト・イン・パリ』

ハリウッドで成功している売れっ子脚本家のギルは、婚約者イネスと共に、彼女の両親の出張に便乗してパリに遊びに来ていました。パリに魅了されているギルは、満足感を得られない脚本家から本格的な小説化に転身したがっていましたが、イネスは無関心で2人はすれ違っていきます。ひとり真夜中のパリを歩くギルが辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。そこで彼は、憧れの作家ヘミングウェイやフィッツジェラルド夫妻に出会い…。

昔の時代に憧れる気持ちは誰しも持っているものですよね。それが実現したら、どうなるのか。考えるだけでも胸が躍ります。実際に夢が叶ったギルの姿に、自分を重ねながら、彼がどんな決断をしていくか、自分だったらどうなのかと想像しながら楽しめる作品です。ラストシーンの余韻が心にじんわり響きます。

81aILE9F90L._SL1500_
出典:http://www.amazon.co.jp/

パリを舞台にした作品は、コメディでもどこか品を残していて、優雅です。映画を観て、パリの風や香り、空気を感じ、新しい一面を発見してみてはいかがでしょうか。また、改めて、パリの魅力を感じてみるのも楽しいのではないでしょうか。

『ミッドナイト・イン・パリ』
© 2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

Facebookコメント

Return Top