映画『とんび』本編映像&場面写真解禁!『とんび』に隠された、〈母と娘〉の物語 薬師丸ひろ子の迫真の演技が引き起こす、感動の涙

映画『とんび』本編映像&場面写真解禁!『とんび』に隠された、〈母と娘〉の物語 薬師丸ひろ子の迫真の演技が引き起こす、感動の涙 ニュース

現在公開中の映画『とんび』より、本作に隠されたもう一つの家族の愛の物語、 薬師丸ひろ子さんが紡ぐ〈母と娘〉の感動のストーリーが解禁されました!

映画『とんび』本編映像&場面写真解禁!『とんび』に隠された、〈母と娘〉の物語 薬師丸ひろ子の迫真の演技が引き起こす、感動の涙 映画『とんび』本編映像&場面写真解禁!『とんび』に隠された、〈母と娘〉の物語 薬師丸ひろ子の迫真の演技が引き起こす、感動の涙 映画『とんび』本編映像&場面写真解禁!『とんび』に隠された、〈母と娘〉の物語 薬師丸ひろ子の迫真の演技が引き起こす、感動の涙

今月8日に公開を迎えた本作ですが、 早速劇場を訪れた方たちからは「今年で一番泣いた」「会場が感動と共感に包まれていた」「不器用なお父さんの姿に涙が止まらなかった」との声が上がり、各レビューサイトでも続々と高評価が寄せられています。 阿部寛さん演じるヤスと、北村匠海さん演じる息子のアキラ。〈父と息子〉の親子愛を描いた本作ですが、実はもう一つ 、〈母と娘〉の物語も描かれています。小料理屋「夕なぎ」の女将・たえ子(薬師丸ひろ子さん)とその娘・泰子(木竜麻生さん)の物語です。小料理屋の女将・たえ子は、農家に嫁いで2年目に生まれた娘・泰子がいました。しかし、生まれた子が男の子でなかったことから、嫁ぎ先の家族から心無い言葉を浴びせられてしまい、たえ子は娘 を置いて逃げてしまいました。そのまま生き別れた二人でしたが、泰子の縁談が決まり、母に会うために夕なぎに訪 れたのです。

ヤスに連れられて、暖簾をくぐった泰子。たえ子は「いらっしゃーい…」と迎え入れるも、途端に娘に気づき、目も くれません。お茶を注文した泰子に対し、たえ子は、「飲み屋にきたらお酒飲みんさい。郷に入れば郷に従え、言うでしょう。」とよそよそしく振る舞います。娘を捨ててしまった自責の念から、愛娘との再会もうまく感情が現わせず、冷たく接してしまうのです。さらに「商売を続けるコツ、一番は忘れること。済んだことをいちいち覚えとったら、やっていけんもんな。うちなんかなーんも覚えとらん。」「一日一日育てていくんが、どげーに大変なことか、いつか娘さんにも言うてあげんさいよ」と、他の客と話すときにも、思ってもないことを次々に口にするたえ子。痺れを切らした照雲(安田顕さん)が、「たえ子さん、そのお嬢さんになんか食べさせてあげんさいよ。『夕なぎ』の料理は全部、お袋さんの味じゃがな」と、たえ子に伝えると、重い腰をあげて料理を作り出します。泰子に振る舞った料理は、婚礼のお祝いに使われるというハマグリのお吸い物でした。不器用ながらも真っ直ぐ、料理で想いを伝えたたえ子が「おいしい?」と聞くと、「おいしいです」と答える泰子。そして顔を見つめ合うと、お互いに我慢していた気持ちが溢れ出し、どちらともなく涙が零れ落ちてしまいます 劇場に足を運んだ方からも、「たえ子さんと娘さんとの再会のシーンは号泣した」「薬師丸ひろ子さんの表情の演技にグッときました」と、 母娘の関係性や薬師丸さんの演技が、多くの人の胸を打ったようです。

どんな関係や環境になっても、母は子のことを愛し続け、子は母を想い続ける。映画『とんび』では、さまざまな関 係の親子像が描かれますが、そのどの家族の中にも変わらない、〈家族愛〉の不変性を示してくれます。今、この時代にこそ届けたい、未来へつながる家族の絆の物語、映画 『とんび』にご期待ください。

映画『とんび』は大ヒット公開中です!

『とんび』公式サイト
【映画『とんび』 STORY】
日本一不器用な男・ヤスは、愛する妻・美佐子の妊娠にも上手く喜びを表せない。幼い頃に両親と離別したヤスにとって、“家族”は何よりの憧れだった。時は昭和 37年、瀬戸内海に面した備後市。アキ と名付けた息子のためにも、運送業者で懸命に働くヤスだったが、ようやく手にした幸せは、妻の事故死によって脆くも打ち砕かれる。悲しみに沈むヤスだったが、人情に厚い町の人々に叱咤激励され、彼らの温かな手を借りてアキラを育ててゆく。時は流れ、高校3年生になったアキラは、東京の大学を目指し合格を勝ち取る。だが、別居の寂しさを素直に伝えられないヤスは、「一人前になるまで帰って来るな!」とアキラを突き放す。そして昭和63年、久々に再会したヤスと大人になったアキラだったが ── 。

阿部寛
北村匠海
杏 安田 顕 大島優子
濱田岳 宇梶剛士 尾美としのり 吉岡睦雄 宇野祥平 木竜麻生 井之脇海 田辺桃子
田中哲司 豊原功補 嶋田久作 村上 淳
麿 赤兒 麻生久美子 / 薬師丸ひろ子
原作:重松 清「とんび」 (角川文庫刊)
監督:瀬々敬久
脚本:港 岳彦 音楽:村松崇継
主題歌:ゆず「風信子」
配給:KADOKAWA イオンエンターテイメント
©2022 『とんび』 製作委員会

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene