CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

人気写真家・川島小鳥が写真を担当!映画『南瓜とマヨネーズ』ティザービジュアル&特報映像解禁!

女性漫画家・魚喃キリコによる原作漫画を臼田あさ美・太賀・オダギリジョーら、豪華キャストで実写化が実現した映画『南瓜とマヨネーズ』より、ティザービジュアルと特報映像が初公開されました!

◆恋に苦悩する主人公・ツチダを臼田あさ美が完全再現!映画『南瓜とマヨネーズ』場面写真3点初公開!

ティザービジュアルは川島小鳥が担当!特報映像も初解禁!


この度解禁されたティザービジュアルは、主人公ツチダ(臼田あさ美)が同棲中の恋人・せいいち(太賀)と仲睦まじく、幸せそうな表情を浮かべる写真が多くを占める中、かつての恋人・ハギオ(オダギリジョー)とも親しげに接する意味深な写真が差し込まれています。ツチダの日常と心情を切り取ったようなビジュアルに添えられた「女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ。」というコピーも相まって、ツチダの中に眠る“忘れられない恋”の存在が示唆されています。

さらに写真は人気写真家・川島小鳥が担当。川島さんにとって撮影現場における全ての写真を撮り下ろしたのは初の試みとなります。
また、公開劇場にて6月3日(土)より配布予定のチラシには、今回解禁されたビジュアルのパターンに加え、異なるコピーと写真で構成された全部で6つのパターンが展開されるとのこと。別パターンには、ミュージシャン志望のせいいちのギターや歌詞ノートなど、物語のキーとなるモチーフや劇中の写真が多数散りばめられており、ファン必見の内容となっています。

◆初解禁となる『南瓜とマヨネーズ』特報映像はコチラ!

映像初解禁となる特報は、ドラムとギターなど音楽を匂わせるカットに続き、ツチダのモノローグと水着のようなものを踏みつけシャワーを浴びるシーンから始まります。居心地は良いが「先の見えない“現在の恋人”」=せいいちは夢のために生活を支えてもらっている身でありながら楽天的な表情を浮かべ、「忘れられない“過去の恋人”」=ハギオは偶然の再会に心踊るツチダの気持ちを知りながらも、はっきりとしない態度ではぐらかし、ツチダの心をかき乱しまていきます。2つの恋の狭間で揺れ、「自分が何をしているのかわからない」と葛藤し、目から大粒の涙をこぼすツチダ。ラストカットで誰かに別れを告げたかのように立ち去っていくツチダの視線の先には、せいいちとハギオのどちらがいたのだろうか、物語の行方に期待が高まります。

痛くて、愛おしい“わたしたち”のラブストーリー、映画『南瓜とマヨネーズ』は11月11日(土)全国ロードショーです。

映画『南瓜とマヨネーズ』ストーリー


ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるために、内緒でキャバクラで働き生活を支えていた。一方、無職で曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。
しかし、ツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。
そんな矢先、ツチダにとって今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョ-)と偶然、再会を果たした。
過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。

キャスト

臼田あさ美 太賀 浅香航大 若葉竜也 大友律 清水くるみ 岡田サリオ
光石研 / オダギリジョー

スタッフ

監督・脚本:冨永昌敬
原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』(祥伝社フィールコミックス)
音楽監修・劇中歌制作:やくしまるえつこ
製作:『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
制作プロダクション:スタイルジャム

『南瓜とマヨネーズ』公式サイト
配給:S・D・P
11月11日(土)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

【関連記事】
◆岡崎京子の最高傑作が20年以上の時を経てよみがえる!「リバーズ・エッジ」二階堂ふみ×吉沢亮×行定勲監督で映画化決定!
◆オダギリジョーが魅せる大人の色気。ワケアリ男女の孤独な恋愛模様を描く映画『オーバー・フェンス』

Facebookコメント

Return Top