大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!

イベントレポート

大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』。本作の大ヒット御礼舞台挨拶が2月5日(日)、新宿バルト9にて開催され、木村拓哉さん、伊藤英明さん、中谷美紀さん、大友啓史監督が登壇しました!

大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!

東映70周年記念作品として、日本映画史上最高峰のキャスト・スタッフが集結して製作された本作。

総製作費20億円の壮大なスケールで、誰もが知る日本史上の“レジェンド”織田信長と、謎に包まれたその正室・濃姫(別名“帰蝶”)の知られざる物語を描いている本作。公開3日間で37万人を動員し、累計興行収入 4.9 億円、週末興行ランキングで堂々の 1 位を獲得する大ヒットを記録!

公開後から次々に感動の声が溢れ、既にリピート鑑賞者も続出中。そんな本作は公開から9日が過ぎた、昨日4日(土)時点の概算で、動員80万人、累計興行収入10億円を突破し、日本中に“レジェバタ旋風”が巻き起こる大ヒット!

東京都の感染拡大防止の取り組みの改定により、マスクをした状態であれば発声が可能となった今回の舞台挨拶では、木村さん、伊藤さん、中谷さんらがなんと客席側の通路から登場!3人が姿を現すと、歓声が溢れ、イベント限定で配布された『レジェンド&バタフライ』特製クラッパーによる歓迎も相まって会場は熱烈なお祝いムードに。

大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!
大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!
大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!

先月行われた初日舞台挨拶の場で木村さんが話した「何度でも何度でもこの作品を抱きしめてください」というメッセージはしっかりと日本中に伝播したようで、客席の中にも既に複数回鑑賞したという方が沢山いることに木村さんは「こうして久しぶりに皆さんの声を直接聞けて嬉しく思っております。いまドラマの撮影をしているんですけど、昨日も現場でキャストの方が『映画拝見しました!』と仰ってくださったりしましたね。本当に有難いです」と感謝を伝え、安堵の表情を見せました。

続けて伊藤さんも「音が出せるのと、ないのでは全然違いますね。息子の友だちも映画を観に行ってくれたようで、信長のファンになったそうです。これから歴史を学んで、興味を持っていくだろう子どもたちが映画を観て歴史を好きになったという声は嬉しいですね」と届いた反響に笑顔を滲ませます。

これまで新型コロナウィルス感染防止の観点からお客さんの発声を控えた舞台挨拶が続いてきたということもあり、本日の発声OKの舞台挨拶は登壇者にとって格別なようで、大友監督も「やっぱり声が聞けると心強いですね。安心します。こうして温度を感じられることは最高ですね」と喜びを表しました。

大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!

また昨年の「ぎふ信長まつり」に始まり、先日の全国キャンペーンなどの宣伝活動を通して木村さんは「(のぶなが祭りでも訪れた)岐阜のアーケードには映画の公開に合わせて、自分たちの写真がプリントされた横断幕を掲げてくださったり、“天下布武キャンペーン”(注:公式SNS上で行っている都道府県ごとの期待・感想投稿キャンペーン。投稿数が増えていくと、都道府県がどんどん赤く染まっていく)の日本地図がどのくらい染まっているのかを眺めるのが日課になっていますね。赤く染まった地区を拝見すると皆さんがそれぞれ観に来てくれているんだなと実感して嬉しくなります」と作品が日本中に届いていることを実感していると振り返ります。

大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!

そんな木村さんと25年前に放送されたTVドラマ「織田信長 天下を取ったバカ」(98)でそれぞれ信長役、濃姫役として共演している中谷さんは、当時の事と25年経って信長役を演じる木村さんを目の当たりにして「信長公は大義のために多くの人命を犠牲にしなければいけない。その孤独と、木村さんが命を賭して“木村拓哉”という大スターを演じている、という孤独が重なって見えていたのですが、25年経ってそのことがより感じられますね」と信長と木村さんの容姿だけではない、心情の面においても重なる所があると、木村さんの凄味を語ります。

大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!

すると、伊藤さんが「代弁してくれてありがとう。僕もそうやって木村さんに言いたかった(笑)」とカットインすると、すかさず中谷さんは「あなたのためには言ってない!」とツッコミを入れ、和気あいあいとしたやり取りを見せて客席の笑いを誘いました。

イベント中盤には実際に映画を観た方々からの生の声が紹介され、その声を聞いて中谷さんは「濃姫の父・齋藤道三が討ち死にしたことを伝えるシーンが素晴らしかったですよね!殿の優しさと包容力。(濃姫に)好きと言ってしまえば良いのにと、もどかしかったです。殿どうでした?」とお気に入りのシーンについて話し、木村さんに話を振ると、木村さんは「そう思いますよ。大切な方と観てくださるというのは、この作品にとっては一番有難いですね。言える時にしっかり伝えることの豊かさは僕も拝見して思いました」とこの作品が持つ魅力を改めて伝えました。

大ヒット上映中の映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉が“大ヒット”の勝鬨をあげる!大ヒット御礼舞台挨拶開催!

また「エンドロールは劇場でないと体感できないほど感動した」という声に大友監督は「信長の最期の後に音楽は入れられないですよ。観た方が信長と濃姫に何か手向けていただけるような時間を用意しなくてはいけないと思ったんです。まずはフィクションにするような要素を入れずに終わること。それでエンドクレジットで皆さん帰るまでにもう一回、信長と濃姫の生きた姿が皆さんの記憶と脳裏に立ち上がって欲しいと思いました」と最後のエンドクレジットまで拘りぬかれた演出を明かしました。

イベントも終盤となり、木村さんは「僕ら出演者だけでなく、最後のエンドクレジットに名前があげられる方たちが現場に実在した人たちなんですけど、こうして観てくださっている皆さんにはスクリーンに対峙していただき、皆さんもこの作品に存在して欲しいなと思うので、よろしくお願いいたします」と願いを込めて挨拶。

そして最後に映画の大ヒットを記念して木村さんが「勝鬨をあげよ!エイエイオー!」と“大ヒット”の勝鬨をあげると、客席も一体となり大きな盛り上がりを見せて大ヒット御礼舞台挨拶は終了しました。

『レジェンド&バタフライ』公式サイト
<ストーリー>
尾張の織田信長は、格好ばかりで「大うつけ」と呼ばれていた。この男の元に嫁いできたのは、「マムシの娘」と呼ばれる男勝りの美濃の濃姫だった。権威を振りかざし尊大な態度で濃姫を迎える信長と、臆さぬ物言いで信長に対抗する濃姫。敵対する隣国同士の政略結婚という最悪の出会いを果たした二人は、性格も真逆で、お互いを出し抜いて寝首をかこうと一触即発状態、まるで水と油のような関係だった。
そんなある時、強敵・今川義元の大軍が攻めて来る。圧倒的戦力差を前に絶望しかけた信長であったが、彼を奮い立たせたのは、濃姫の言葉であった。二人はともに戦術を練り、激論の末に奇跡的勝利を収める。真っ向から対立していた二人はこの日から次第に強い絆で結ばれ、やがて誰も成し遂げたことのない天下統一へと向かっていくのであった──。

<作品概要>
タイトル:『レジェンド&バタフライ』
公開:2023年1月27日(金)全国公開
脚本:古沢良太
監督:大友啓史
出演:木村拓哉、綾瀬はるか
宮沢氷魚、市川染五郎、音尾琢真、斎藤 工、北大路欣也、伊藤英明、中谷美紀
配給:東映
コピーライト:©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
公式Twitter:@lb_toei70th