CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

多部未華子にキャスト全員総ツッコミ!映画『あやしい彼女』完成披露試写会

2月22日(月)、驚異の年齢詐称エンタテインメント、映画『あやしい彼女』の完成披露試写会が行われ、主演の多部未華子をはじめ、倍賞美津子、要潤、北村匠海、志賀廣太郎、小林聡美が舞台挨拶に登壇しました。
ayakano_0222_1
見た目は20歳の女の子、中身は73歳のおばあちゃんという、誰もが一度は夢見る、壮大な“人生リセット劇”のヒロインを演じた多部が話出すと、倍賞と要から「声が小さい(笑)」とツッコミがはいり、会場から笑いが。
多部は、「(倍賞さんとは)同一人物なので同じシーンはなかったのですが、同じ日に撮影はあって、倍賞さんがたくさん話かけてくださったのですが、申し訳ないぐらい私が人見知りで。とにかく同じ気持ちや動きを共有できたらいいよねという話はしていました。」撮影中のエピソードを語りました。

ある日突然若返った主人公が、その天性の歌声で周りの人々を魅了していく本作では、劇中で多部自身が歌声を披露。
その歌声については、要潤からは「天性の歌声ってあるんだなって。思わず膝から崩れ落ちそうになったんですが(笑)」、志賀からは「役を忘れてなんていいんだろ~って」、北村からは「ここまでストレートにくる歌を久々に聞いたなと思って感動しました」と、絶賛されると多部は「ほんとやめてください」と照れ笑い。
ayakano_tabe
舞台挨拶中、司会者からの「主人公の節子は、20歳に若返り、人生をもう一度やり直し、自分の夢をかなえていきます。もしみなさんが、若返ることができるとしたら」との質問に、
A:ぜひ若返ってやり直したい過去がある、B:今のまま、決して若返りたくない

<要以外B>
多部:特に後悔はないので。
倍賞:十分です。ここまで生きてきて。
要:後悔はないのですが、この現場の撮影がすごく楽しかったので、クランクイン!に戻りたいなと。

会場は爆笑、大盛況の舞台挨拶となりました。

『あやしい彼女』作品詳細


可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな“超絶あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった!戦中生まれの下町育ち、早くに夫を無くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。そんな彼女の天声の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!?長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子___そんな彼女が最後に気づく大切なものとは?

4月1日(金)より全国ロードショー
©2014 CJ E&M CORPORATION

Facebookコメント

Return Top